株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

メンタル面

デイトレードで勝つためのメンタル|負ける勇気と買わない勇気を持つ

更新日:

株のみならず、投資においてメンタル(精神面)は非常に大事になります。「負ける勇気と」「買わない勇気」と聞くと、矛盾と言いますか、相容れない2つに感じるかと思います。

まさにその通りであり、対極の心理になりますが、この2つの共存が出来るようになれば、コツコツ稼ぎつつ、時には大きく勝つという理想的なトレードももしかしたら可能になるかも知れません。

スポンサーリンク

負ける勇気と攻める気持ち

私は逆張り派ゆえに、相場が強くなってくると時に躊躇してしまい、なかなか入れなくなってしまいます。

今買ったら天井かも知れない

この気持ちが一瞬でもよぎると、もう買えなくなってしまうものです。

逆張りと言うと、落ちるナイフを掴むイメージに思われがちですが、私は違うと思います。逆張りというのは、常に最安値で買うことを目指す投資法だと私は考えています。

つまり、この思考にとらわれてしまうことで、少しでも上がった株価=最安値ではないという気持ちが入り、躊躇してしまうということです。

私は極端なタイプだとは思いますが、同様の方も多いと思います。

このような時、「負けてもいい」という気持ちを持つことは大切です。

一度目をつむってダイブしてしまえば、意外とうまくいくものですし、その決断は早ければ早いほど良い結果につながりやすいです。先送りにしていると天井を掴まされてしまいますからね。

負ける勇気を持つには複数の理由が必要

負ける勇気を持とうと決めても、いざその場になると、躊躇しがちです。

「買おう!」・・・

「あ、でも・・・」

以前にも書きましたが、この「あ、でも・・・」が出てくると、手は確実に動かなくなり、結局は上昇していく株価をただ眺めるだけになってしまうことになるでしょう。

眺めて終わりならまだしも、我慢出来ずに最後に買わされてしまうかも知れません。

リスクを避けよう、避けようという気持ちと、天井買いだけはしたくない、したくないという気持ちが強いほど、気付けば天井買いという結果に近付く道を選んでしまうものなのです。

本当に不思議なものですが、思い当たる節もあると思います。

買わない勇気とカウンターパンチ

今度は買わない勇気です。デイトレーダーとして生活をしようとすると、「毎日利益を出さなければならない」という気持ちにとらわれてしまいがちです。

私も同じでして、少しでもいいから日当を出したいと思っています。

ただ、それでもどうしても鉄板チャンスに巡り合えないのであれば、その日は仕方ないからプラスマイナス0になってもいいと思っています。これは買わない勇気につながります。

落ちるナイフの話を少ししましょう。

確かに逆張りでデイトレードをしていると、月に2~3回は「落ちるナイフ」と呼ばれるような急落を目撃したり、巻き込まれたりします。私も以前はかなりの頻度で喰らいました。

しかしそれは雰囲気の察知という練習をすることで、回避率が上がりました。

逆張りトレードで勘違いされるのは、「単純に下がったものを買ってるんでしょ?」という部分です。そうではありません。きちんと経験から最安値になりそうなポイントを読むのです。

ですから、落ちるナイフと呼ばれるような下落であっても、それはピンチであると同時に大きなチャンスにもなり得るのです。

普段の逆張りトレードの中で、全体の雰囲気が危険になれば、ズレ手法を発動し、さらに危険度が増せばズレズレ手法、ズレズレズレ手法にしていくようなイメージです。

ズレ手法について|Rオリジナルのデイトレ株投資手法を伝授

今回はズレ投資法について書いていきます。この「ズレ手法」という手法は、2017年5月18日現在、どこを検索してみても扱っているページがないので、Rオリジナルの投資手法になります。 スポンサーリンク ズ ...

続きを見る

引き付けて引き付けて買えたのであれば・・・

そこまで買わなかったことで、大チャンスと感じロットを上げられたのなら・・・

それだけの下落ゆえ、リバウンドが大きかったとすれば・・・

渾身のカウンターパンチとなり、一撃で大きな利益が取れる可能性も高まります。鉄板を待ち続けることで、無駄なトレードを避け、本当の大チャンスで力を開放するやり方です。

キャッシュポジションが最強と言われる理由はここにあると思います。

勇気を持って決断する

負ける勇気にしても、買わない勇気にしても、どちらにしても大きな勇気が大切です。

難しいですよね。

  • 勝つために負ける勇気を持つ
  • より良い位置で「買う」ために買わない勇気を持つ

簡単なようで本当に難しい2つだと思います。

しかしこの2つの勇気が共存出来る心理状態を自分の中に作ることが出来るようになれば・・・デイトレで勝てるようになる、デイトレーダーで成功するという道は近いかも知れません。

「最終的には勝つためにトレードをする」で構いません。

ただ、現状勝てないのであれば、「負けないトレード」というのを身に付ける練習をすることも大事なので、まずは買わない勇気を身に付けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回の記事とは別に、自分が買ったら買った瞬間に下がる。売ったら売った途端に上がるという感覚を持ったことはありませんか?

私はこれらをスライダーゾーンと名付けました。

スライダーゾーンを理解して逆張りトレードの精度を上げよう

スライダーゾーンって何?と思いますよね。誠に勝手ながら、「ズレ手法」に続き、私が勝手に命名してしまいました。しかし、このスライダーゾーンは本当に大切なゾーンだと思っています。 逆張りをする上では絶対に ...

続きを見る

これらの克服をするのにも、この2つの勇気は役に立つと思います。

是非、勇気を持って相場に臨んで下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-メンタル面

 

関連記事

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2018 AllRights Reserved.