株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

相場について

EV関連株・電池関連銘柄の一人勝ち|仮想通貨の暴落に閑散相場

投稿日:

今週は予想に反して全体は閑散相場となりました。先週大きく下振れし、北朝鮮関連が落ち着きを見せれば大きなリバウンドもあるのでは?と身構えていました。

しかし待てども待てどもリバウンドは来ず・・・それどころか日に日に出来高が減っていく閑散相場となってしまいました。そんな中でEV関連株・電池関連銘柄は目立っていましたね。

良くも悪くも中国の決定を重視した相場になったようです。

スポンサーリンク

EV関連株・電池関連銘柄

私は本当にテーマ株にはうとくて、なかなか自分で動いて調べようと出来ません。この盛り上がりに気付いたのも少し過ぎてからだったので、全くもって参加出来ませんでした。

EV、電気自動車の関連というわけですが、中国のガソリン車及びディーゼル車の生産・販売を禁止する検討に入ったというニュースが発端だったようです。

民泊関連にしてもそうですが、中国の動向と日本市場はかなり敏感な関係にあります。

7271安永、5218オハラ、5986モリテックあたりはデイトレーダーの参加も非常に多く盛り上がっていました。すでに高値になっていたため私は見ているだけになってしまいました。

このようなテーマ株は、規模が大きければ大きいほど、期間も長く賑わう傾向にあります。そして参加者が多ければ多いほど、急落があっても戻りがきちんとあるものです。

週明けも活況が続くようなら私も少しさわってみようと思います。

全体は閑散相場

全体相場は非常に閑散としていました。北朝鮮のニュースに敏感に反応する状況は変わらず、少し戻りがあってもすぐに売りが出てくる状況が続いていました。

しかし、売られるのも限定的で、少し下がっても買いが入り、結局ヨコヨコという流れでしたね。

金曜日の朝はまた北海道・東北地方でJアラートが鳴ってしまったようです。しかしそれを受けて、「これでまた少しの間は何もないだろう」という買いがバッと入りました。

それにより、金曜の朝だけは久々に活況な売買が行われていました。

来週はこの流れが続くかどうか注視していきたいと思います。

中国の決定で仮想通貨の暴落

中国で仮想通貨の取引を禁止する意向が政府より発表され、3大取引所の全てが10月末までに閉鎖と発表されました。その発表を受けての仮想通貨の暴落はすごかったです。

ついこの前までは45万くらいまでビットコインが下落した時、買いだ買いだ!と思っていました。

それなのに、木曜の夜に39万・・・そして金曜起きたら33万でした。そして9時前後には295000円まで落ち込む場面もありました。

また、何よりすごいのはそこから1日足らずで43万くらいまで戻してしまうところですが。

仮想通貨に関しては日本でも動きがありましたね。税制上の処理がきちんと決まりました。通貨として認められた以上、こうなるだろうという大方の見方通りになったようです。

この税制については改めて記事にしていくつもりですが、軽く触れておきましょう。

値段は完全なる例になります。

  • 30万でビットコインを購入
  • 値上がりし、100万円の価値になる

そしてここからです。

  1. 円転して利益確定
  2. 100万の車をビットコインのまま購入

1番であれば70万円が課税対象になるというのはもはや逃れようのない部分と全員が理解していました。問題は2番です。

2番の使い方であれば、税金はもしかしたらかからないのでは?という期待を持っている人も多かったようです。

しかし、国税庁では、課税のタイミンングを「使用」と位置付けました。

これにより、「円転」であろうが、「法定通貨に変換」であろうが、「そのままお買い物」であろうが、使用ということに変わりありません。

まぁ、中身をきちんと考えれば当然の内容ではありますが、ガッカリ感もあったようで、中国の決断とダブルショックとなり、下落の一端を担ってしまったような感じになりましたね。

ちなみにCOMSAはもう締め切りが近いです。

私はこの税金を勉強して、税務署にも直接出向いてきましたが、結論としては、いくら税金を取られても、それ以上に稼いでやる、というものです。まぁ、安直ではありますけどね。

COMSAにおいても税金は同じような流れだということです。これも別記事を用意するつもりですが、例えば買っただけで14%のボーナスがもらえるCOMSAタイムボーナスがあります。

これは100万円購入すれば、いきなり114万円分のCOMSAがもらえるという夢のような話です。

この場合、14万はもらった瞬間、課税される対象となるのです。本当にこれは細かい話になるので、今後詳しい記事に書きますね。

まだCOMSAについてよくわからない。知らない。初めて聞いた!という方はこちらをお読み下さい。

COMSA(コムサ)とは|仮想通貨ICOクラウドセールの魅力と買い方

COMSA(コムサ)って聞いたことありましたか?私は知りませんでした。仮想通貨を取引していたりすれば知っているのでしょうけど、そうでない人には全く知らないものでしょう。 細かい説明をじっくり読める自信 ...

続きを見る

締め切りまであまり時間がないので、まずは登録だけでもしておきましょう。

仮想通貨関連株

そんな流れを受けて3825リミックスポイントの下落が止まらず、金曜の朝は大きなギャップダウンになってしまいました。しかし、それでいったんの悪材料出尽くしだったのでしょうか。

ほぼ寄り底となり大幅反発となりました。

私はスキャルピングではあるものの、寄りを捉えることに成功したので、少しは利益になりました。スイングで狙ってた人からすると絶好の買い場になったようですね。

私は3853インフォテリアや、3696セレスなどの動きからも、リミックスのリバウンドは少々予想していたのですが、あそこまで大きなリバウンドになるとは全くもって想定外でした。

勇気を出すべき時はきちんと行くべきだと再認識しました。

しかし、逆に引くべき時はきちんと引くべきだというのも8月末~9月初旬の流れできちんと学ばせていただきました。

これだけ長い期間株をやっていても、こうして節目節目で大きな授業料を払うことがあります。

もちろんそういう負け方を極力避けていければ一番良いのですが、それを喰らってしまった場合は、同じ失敗を繰り返さないよう心掛け、無駄な負けにしないことも大事だと思っています。

来週の展望

北朝鮮のミサイル問題ですが、本日ニュースでミサイル開発や核開発の意図を明確に発表していました。このような内容は今後の改善に少しだけ含みを持たせるものになると感じました。

これを受けて全体はやや活況になるのではないか?と希望的観測を込みで思っています。

怖いは怖いのですが、こういうように全体的に冷え込んでしまっている相場は、目覚めた時は全体に一気の買いが入るので、全く買わせてもらえなくなってしまうのも事実です。

きちんとアンテナを張って、全体的な上昇があるのであれば、その初動段階できちんと捉えられるようにしたいと思います。

しかし、金曜日は何度もフェイクがありました。ボックス相場になると、そういうフェイクで飛び付いてしまえば毎回毎回のロスカットとなり、ロスカット貧乏という負け方になってしまいます。

そして諦めてスルーした頃に本物が・・・という恐ろしい流れも想定されます。

全体が戻る時に出遅れるであろう銘柄をチェックしておくのもいいですね。

あとは私のやり方としてはあまり書きたくないですが、大きな売り板で蓋されている銘柄をピックアップしておくと、自分が出遅れた際も安心して買えますのでオススメです。

無料情報サイトで勝てる銘柄探し|デイトレで勝つために

無料の株情報サイトは数多くあります。無料メルマガで銘柄を配信したりしているサイトが多いでしょうか。その多くは、有料情報サイトを運営しているところの無料会員用ですね。 この無料情報、実は使い方によっては ...

続きを見る

まとめ

9月相場は思ってた以上に厳しい状況が続いています。どんな相場でも少しずつ利益を出しつつ早く全体地合いが好転してくれることを祈ろうと思います。

私の個人的なスランプも今回は少々長くなっていますし、早く乗り越えたいものです。

取れる時は自然と取れるものですから、取れない時期は我慢も出来るよう心掛けましょう。前のめりになってミスをすると補填作業が大変になってしまいますからね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-相場について

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.