株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

メンタル面

心の拘束|株デイトレードにおいて資金拘束よりも怖い心の拘束とは

更新日:

心の拘束についてご説明します。デイトレをしていて、含み損になり捕まると、資金が拘束されてしまいます。他のチャンス銘柄を買う余力が少なくなりますね。

しかし、資金の拘束なんかより、もっと恐ろしいのが心の拘束です。

スポンサーリンク

心の拘束とは

心の拘束とは、まさに字の通り、自分の心が拘束されてしまうことです。

デイトレードで、含み損になり、苦しんでいると、なかなかロスカットすることも出来ず、資金が拘束されてしまうというのはよくあることだと思います。

特に、デイトレで勝てない人は、このロスカット判断が遅いと言われていますので、しばらくの間、資金が拘束されてしまうことになります。

資金が拘束されると、余力が減ってしまうので、せっかく他のチャンスが転がってきたとしても、買えない、もしくは低ロットでしか買えなくなってしまいます。

しかし、この心の拘束は、資金の拘束よりもはるかに恐ろしいです。

なぜなら、資金の拘束だけなら、他のチャンスは見つけられます。単にそのチャンスを満足に買えないというだけです。

それに対し、心の拘束は、チャンスを見つけることさえ出来ないのです。これは本当に恐ろしいです。

意識が含み損銘柄に集中

いかに気にしないように心がけても、いかに他のチャンスを見つけようと心がけても、次の瞬間あなたの意識はまた含み損銘柄にいっているはずです。

  • A銘柄を見ては含み損銘柄を見る
  • 先物を見ては含み損銘柄を見る
  • B銘柄を見ては含み損銘柄を見る
  • マザーズ指数を見ては含み損銘柄を見る
  • 全体をなんとなく見ては含み損銘柄を見る

このような行動の繰り返しになってしまいます。心当たりはありませんか?私はこれ、すごく多いですし、今でも時々そうなってしまうことがあります。

もし、心当たりがないようでしたら、心理的にとても強い方とお見受けします。このような心理的記事よりも、物理的な記事をおすすめします。こちらをどうぞ。

必見!マルチモニターによる銘柄大量監視最大の利点とは

今回はマルチモニターによる銘柄大量監視最大の利点についてです。この記事は絶対にオススメです。私はこの使い方をするようになってから、明らかにドカンが減りました。 勝つためにも使えますが、何よりドカン回避 ...

続きを見る

話を戻します。チャンスを探しているようでも、どうしても心ここにあらず、常に自分の含み損ホールド銘柄に気持ちがいっている状態です。

これでは本当のチャンスなど見つけることは出来ません。

それどころか、徐々に含み損が解消されないことに焦りを感じ、無理やり「チャンスなのではないか?」という幻想を抱き、無駄なエントリーにつながります。

これぞまさに、資金の拘束よりも恐ろしい心の拘束なのです。

心の拘束解消法

正直なところ、私自身があまり解消出来ていないので、何か有効手段があれば私がご教授願いたいところです。

特にストップ安に張り付いてしまった場合など、心はもう完全に虜と言っていいほど縛られます。

  • なんでそんなに売りが膨らむんだよ
  • 買い膨らんできてくれないかな
  • 仮に強制モチコだったらいくら損するかな
  • 比例配分で売れないかな
  • 本当に引けまで寄らないのかな
  • もし寄ったら反発あるかな(売り引っ込めるべきかな)
  • 持ち越してもギャップアップする可能性もあるよね

こんなことばかり考えてしまいます。こんな思考が頭の中をグルグル回っていたら、正常な判断など出来るはずありませんよね。

ですから、心の拘束は・・・

チャンスを見つけることさえ出来なくなるだけでなく、正常な判断が出来なくなり新たな損失を生み出す可能性を作ってしまうのです。

いかに恐ろしいかわかっていただけると思います。

心の拘束解消法の案

私自身出来ていないと書きましたが、心がけていることはあります。

  • 最悪を想定してそれを計算し、受け入れる(ストップ安張り付き時)
  • ミスを受け入れる
  • さっさと売る

もはやこの3つしかないという気持ちで臨んでいます。

まず、ストップ安張り付きに関しては、もう諦めるしかないと思っています。

翌日このくらいギャップダウンする可能性がある

その場合このくらい損をする

この計算をし、その損失額を受け入れてしまえば、その日それ以上に悪くなることはないのです。なぜならその日はもう値下がり出来ませんからね。

また、ミスを受け入れるというのは、これに近いです。

自分でやってしまったことなのだから、負けて当たり前なのだと言い聞かせます。そうすることで、「勝とうとしない」ですし、無理にうっちゃろうとも思わなくなります。

そして、このミスを受け入れることが出来た瞬間、売り(ロスカット)に対する考え方が非常に楽になります。

それにより、さっさと売ることが出来れば、心の拘束は、心の解放となり、新たなチャンスを探しに行くことが出来るようになるのです。

結局、有効な心理的解消法はないから、物理的に解消してしまおう、ということになります。

まとめ

いかがでしたか。私は最近、含み損になると、呪文のように「資金の拘束より心の拘束が怖い!資金の拘束より心の拘束が怖い!!」と連呼しています。

そうすることであっさりロスカットが出来ることも多いです。代わりに売った後にすぐ上昇するケースも増えましたが、トータルで見れば絶対に良いことの方が多いです。

こちらの記事のように、ひとつのミスが破滅につながってしまうケースもあります。

ひとつのミスは破滅・破産へのプロローグ

今回は、ひとつのミスは破滅・破産へのプロローグというテーマです。穏やかではありませんね。しかし、これは強く意識しておく必要がある部分なので、肝に銘じておきましょう。 これも本日2017年6月7日、私自 ...

続きを見る

常にフラットな気持ちで相場を見ることで、勝率は確実に高まりますので、弊害となる可能性は極力排除していけるように頑張りましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-メンタル面

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.