株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

メンタル面

豆腐メンタル(精神面が弱い)人のもう1つの特徴とは

投稿日:

豆腐メンタル、すなわち精神的にすぐに弱ってしまうタイプのことです。デイトレはメンタルとよく言われますので、豆腐メンタルでは勝てない・・・そう思うのは早計です。

豆腐メンタルというのは決して悪いことばかりではありません。

事実私も豆腐メンタルですし、先日デイトレで大きく負けた際にも「ホントにメンタル弱い豆腐メンタルだよね」と言われたくらいなので、自他ともに認める豆腐メンタルです。

スポンサーリンク

豆腐メンタルのメリットとは

まずは、なさそうに思えるメリットを先に書いてしまいましょう。

豆腐メンタルというのは、2種類あり、臆病なタイプで、これから起こる可能性についても怯えてしまい、メンタルが弱ってしまうようなタイプが1つ。

もう1つは打たれ弱いタイプで、何かあると大きく落ち込んでしまうタイプです。

これから起こるであろうことに怯えるタイプはきっとロスカットをすることが出来るタイプなので、デイトレで勝てないとするとコツコツドカンタイプとは違うと思います。

どちらかというと、細かいロスカットを重ねる損切り貧乏と言われるタイプでしょう。

もちろんこれは性格の問題なので、直すのは非常に難しいわけですが、それでもコツコツドカンにならないというのは1つ大きなメリットですから、悪いことばかりではありませんね。

また、打たれ弱いタイプの方はどのようなメリットがあるのでしょうか。

私はこのタイプなのですが、とにかく落ち込みます。大負けでもしようものなら、それこそこの世の終わりくらいの勢いで落ち込むのです。まぁ、なかなかメリットはありませんね。

ただ、それほどつらい、株で負けるとそれだけ自分が落ち込んでしまうというのを認識することで、向上心を養おうという意欲にはつながると思います。

これも受け入れるには時間がかかりましたが、私はそのようにしました。

こんなにつらいのなら、つらい思いをしないためにどうすればいいか考える力をつけたのです。

豆腐メンタルのデメリットとは

豆腐メンタルのデメリットはたくさんありますね。デイトレはメンタルと言われる大きな要因として、メンタルがやられてしまうと、自分の持っているロジック、理屈通りの行動が取れなくなります。

はい、メンタルが弱いことがデメリットなわけではありません。

弱いメンタルゆえに、落ち込んだり焦ったりで、「いつも通り」が出来なくなってしまうことが一番のデメリットとなるのです。

また、せっかく自分の中できちんとした道筋を立てていたとしても、少しよぎった嫌な予感から、自分の中で悪いイメージを勝手に膨らませてしまうケースもあります。

これは損切り貧乏につながりかねません。

他にも具体的なデメリットはたくさんあるのですが、どんなデメリットでも、豆腐メンタルによるデメリットというのは結局のところ、「自分で勝手に転ぶ」というのにつながります。

まさに先ほどのいつも通りが出来なくなってしまうということですね。

ですから、1つ1つのデメリットをどうにかしようとする必要はありません。

とにかく自分が豆腐メンタルにより、どんよりと落ち込んでしまった時、こうすればいつも通り落ち着くことが出来る、こうすれば忘れることが出来るという何かを見つけましょう。

好きな音楽でも何でもいいと思います。

私の場合は、結局デイトレでの負けで落ち込むわけだから、お金の問題で落ち込んでいるのだと考え、負けた時には他の仕事(塾や執筆活動など)をいつもの数倍頑張るようにしました。

そうすることで、「負けた時ほど他の収入源からお金が入る」と考えられるようになったのです。

負けた時ほどチャンスという考え方ですね。

これにより、驚くほど負け意識を引きずらなくなりました。

負け意識を引きずると、どうしても取り返したくなったりで大型連敗につながりますからね。

豆腐メンタル者は調子に乗りやすい

これに関しては、経験者は語るという感じになりますが、本当に調子に乗りやすいです。

普段豆腐メンタルで、落ち込みやすい反面、ほんの少し利益が出ただけで、ほんの1~2か月の成功で、自分はもう必勝法を得たんだ、今後ずっと勝てるに違いない。

そう思い込んでしまうのです。

過去の自分を例に出すのはお恥ずかしいですが、40万程度の資金になるまで負け続けた後、100万円まで現物デイトレのみで回復しました。ほんの3か月くらいでした。

この時思ってしまったのです。

うまい人のブログなどを見て、「この人より自分の方がうまい。この人の方がたくさん勝っているのは単純に資金の差だけだ。自分に資金さえあればこの人より勝てる」

あぁ・・・恥ずかしい。なんという調子乗り。

そしてこの傲慢ちきはその2年後、大きなスランプになり、一時的にプチ退場となるのです。

普段落ち込むことが多い反動なのか、私に限らず落ち込みやすい人ほどすごく簡単に有頂天になってしまう傾向にあります。調子に乗ることで自分を守ろうとしているのかも知れません。

そういった一種の自己防衛のようなものであれば、これも直すことは非常に困難になります。本能の部分は決して矯正など出来ませんからね。

また、本人は調子に乗っているという自覚などもちろんありません。

だからこそ厄介な部分もあります。

必勝法を得たつもりで喜んでいたのに、数か月、1年2年と経って勝てなくなります。それでも「なぜ自分が勝てないのか」を追及するより、相場に文句を言うだけになっていきます。

そうして進化出来ずに続けていれば、いずれ多くのものを失うでしょう。

そして失ってから気付いても全て遅いのです。

私は、このままやっているとまずいと思って、プチ退場という手段を取りました。

2013年に相場に戻って以降も、やはり豆腐メンタルで落ち込んだり、すぐに調子に乗って失敗をしたりと繰り返していました。経験値は上がっているのでそれなりの金額は勝てました。

しかし、勝敗もメンタルも安定とは言えませんでした。

安定するようになったのは、やはり上記のように、打開策を自分で作れてからです。

それ以降は今のところプチ退場もなくうまくやれています。

デイトレードで大損した時に立ち直るための精神コントロール

デイトレで大損してしまうと、どうしても気分が落ち込みますよね。いや、落ち込むなんていう生易しいものではないかも知れません。私は何度も〇にたくなりました。 演技のいい言葉ではないので伏字で書きましたが、 ...

デイトレは買値で欲張るのがコツ|株で負けないトレーダーになる極意

今回は負けない株のデイトレーダーになる極意についてです。あくまで「負けない」デイトレーダーであって大勝ちするデイトレーダーではありませんけどね。 ただ、デイトレで勝てない人がいきなり大きく勝とうとして ...

まとめ

この記事を読み、「あ、自分はこれに当てはまるな」と思った人も多いのではないでしょうか。確かに株、デイトレードはメンタルが占める割合が大きい職業になります。

しかし豆腐メンタルだからと言って勝てないなんてことはありません。

自分という人間を、性格を熟知し、うまく付き合うことで本当の意味での必勝法を作り上げていって下さい。

もう一度書いておきますね。

性格を直すことは非常に難しいです。ならば、性格を直そうとするよりも、その状態に陥った時にどうすれば良いかを考えることこそ最も合理的な対処法となるはずです。

お付き合いありがとうございました。

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-メンタル面

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2018 All Rights Reserved.