株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

メンタル面

お金を使いたい時に使いたいだけ使うべき理由

投稿日:

「デイトレで勝てない人のブログ」として客観的に記事を書くことを心掛けていますが、今回の記事は私自身の主観が多分に入ったものになります。あらかじめご了承下さい。

デイトレーダーは株で負けた時こそ散財していいのではないかというお話になります。

スポンサーリンク

株で負けた時こそデイトレーダーの意味を考える

株で負けると気持ちは落ち込みます。デイトレーダーをしていていいのだろうかと考えることもあります。コツコツ稼いだものがドカンとやられると特にそういう傾向が強く出てきます。

私が株を始めた理由はニート生活を少しでも長く続けたいから家で稼げる何かが欲しいと思っている時に弟からデイトレードなるものを紹介されたという不純なものになります。

しかし株をやるからには大金持ちになりたいという思いも後から出てきました。

株に関わった人なら、デイトレに関わった人なら多くの方がお金持ちになること、それも大金持ちになることを少なくとも1回は考えたことがあるものと思います。

しかし大半の人は資産のほとんどを失い退場してしまいます。

生き残った中でも本当にお金持ちになれるのは極わずかであり、生活費+アルファを稼ぐトレーダーや、生活費の足しになる部分を稼ぐトレーダーになる人が大半になるかと思います。

私自身も兼業トレーダーですから、生活費を稼ぐことが第一の目的になります。

だからこそ大きな負けをしたり、稼げない期間が続くと、デイトレーダーであることの意味を考えてしまいます。デイトレーダーであることの誇りはないのか、考えたこともありました。

デイトレーダーであることの誇りとは

悲しいことですが、デイトレーダーと言うと社会不適合者のように扱われるのが一般論です。

しかしデイトレーダーというのは全ての責任が自分にあり、自分が頑張って成功すれば多くのお金を手にすることが出来、失敗をすれば全責任が直接的に自分に降りかかり、お金が減ります。

これほどまでに責任が生じる仕事は他にあまりありません。

ですから、自分でお金を生み出すこのデイトレーダーという職を恥じることはないと思っています。

デイトレーダーは自由に休日を設定出来る

デイトレーダーになってすぐの頃は、平日にいつでも休めることを喜びました。

ディズニーランドなど、土日祝日には大変混雑する施設に平日に自由に行けるというのは大きなステータスだと感じたからです。海釣りなどもよく平日に行ったものです。

しかし、いつしか周りと同じ土日に休むことの方が良いと感じるようになっていました。

だとしてもデイトレーダーは土日祝日が必ず休みで休日出勤もないので、問題ありません。

その後、子どもが生まれるとまた平日休みという点に利点を感じるようになりました。旅行に行くのも平日の方がかなり安く行けますからね。空いているのも平日が多いです。

ですから休みを自由に取れるデイトレーダーという職を気に入っています。

株も金は天下の回り物

株、デイトレードではお金を動かします。自分のお金を使って株を買い、買値、仕入れ値よりも高く売ることが出来れば利益、安く売ることになればロスカットという単純な仕組みです。

この単純な仕組みでも、自分のお金が増減することを思うと躊躇してしまうケースが多くなります。

最初のうちはギャンブル脳のように、お金の増減で興奮するのですが、これを職業としてずっとトレードを続けるとなるとなかなかそういった興奮は得られなくなっていきます。

そしていつしかこじんまりしたトレーダーになってしまう可能性があります。

多くの人が経験を重ねることで株価の動きをある程度読めるようになります。

自分の読みに素直に動ければ勝てるトレーダーも多いはずです。しかしながらトレーダーとして生き残るのは10%程度と言われるのはなぜなのでしょうか。

それはやはりお金がかかっていることで自分の読みに素直に動けない人が多いからだと私は考えます。

ゲームセンターのメダルのように思えれば一番だと思うのですが・・・なかなか難しいものです。

株の勝ち方・勝つ方法とは|デイトレで負けない手法を身に付ける

今回は株のデイトレードで勝つ方法、勝ち方について考えていきたいと思います。いきなりですが、あなたがもしデイトレで勝ててない人であり、デイトレの勝ち方を検索でここにきたとしたら・・・ 勝てるようになるの ...

続きを見る

次々にトレードされ、お金が目まぐるしい速さで回るのが株の世界です。

金は天下の回り物と言いますが、株の世界でも同じことです。

デイトレで負けた時こそ散財してお金を回す

私は勝った時に散財することはあまりありません。勝って兜の緒を締めよという言葉を実践しているつもりはないのですが、どうもそんなに使いたいという気持ちにならないのです。

逆に負けた時ほど散財したい欲求に駆られます。

そこで『金は天下の回り物』だからという言い訳を妻に言い、大負け時やスランプ時に思い切りお金を使うようにしています。特に食費には全く遠慮しない期間を作ります。

初めのうちは金は天下の回り物を本当に単なるギャグ的な言い訳で使っていたのですが、毎回のように散財後に調子を取り戻せていることに気付きました。

そしてそれ以降は必ず不調時に散財するようになりました。

最初はたまたまだと思い、数回繰り返しても偶然が重なっただけだと思っていたのですが、理論的に考えてもスランプ脱出の理論がそこにあるのではないかと思いました。

散財でデイトレの調子が戻る理由

躊躇が減り、思い切りが良くなる

まず、上記リンク記事にあるように、お金をゲームセンターのメダルのように考えられれば躊躇するケースが減ります。大負けした時やスランプ時は、お金をいつも以上に大切に思ってしまいがちです。

そのため、躊躇してしまうケースが増えてしまうのです。良い意味でお金を雑に扱うことで、思い切り良くトレード出来る心が復活する傾向にあるのです。

プラス思考になる

スランプ時はこの先稼げるかどうか不安になることが多いです。そうなるとどんどんマイナス思考になり、財布のひももきつくなっていきがちです。

しかしデイトレーダーは本来自由であり、同年代のサラリーマンより多い収益を出す目的を持っていたはずです。ならば節約を目指すよりも、より多くの収益を目指すことが自然なはずです。

収益-支出が多ければ多いほどお金は増えるわけです。

支出を大きくすることで、収益を増やす意識を高め、どれだけお金を使ったってそれ以上に稼げばいいのだというプラス方面の思考回路を作ることが出来るようになるのです。

ストレスが解消される

爆買いでストレス解消なんて記事を過去に見たことがありますが、これは本当に当てはまると思います。スランプ時はいつも以上に大きなストレスを抱え込むことになります。

好きなものを好きなように買う。好きなものを好きなように食べることでストレスは確実に解消されます。

ストレスが解消されるだけでデイトレ成績は確実に向上します。スランプ時に余計なことを考え過ぎて自分でより難しくしてしまっている可能性もあります。

負のスパイラル思考から抜け出す良いきっかけになるかも知れませんよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。一瞬ふざけているような記事タイトルなので、うまく書けるか不安でした。しかし手前味噌ですが、思っていた以上にまともな意見として書けたように思います。

冗談ではなく、負けた時こそ散財と言いますか、自由にお金を使うことで、お金をもっと稼ぎたい!もっとお金を稼げばこんな楽しいことがもっとたくさん出来る!と考えてみましょう。

そうすることで向上心も養え、ストレスも解消され、明日以降への活力になることでしょう。さらなる高みを目指して頑張るために英気を養うことも大切にして下さい。

あなたはどんなトレーダーになりたいですか|私が逆張りに拘る理由

今回は私がなぜ逆張りトレードを続けるのか、こだわり続けるのかについて書いていきたいと思います。なぜ逆張りトレード手法をするようになったかのきっかけもお話します。 大きな利益を狙うのであれば、損小利大に ...

続きを見る

私は兼業トレーダーですが、贅沢したい、平均以上の生活水準で、時には高くておいしいお肉もおなかいっぱい食べたいと思ってデイトレーダーをしています。

そのために必要なお金をコツコツ稼ぐ。それが私がなりたいトレーダーです。

私たち兄弟のトレーダー人生をノンフィクション小説として連載しています。

・兄側のノンフィクション小説
株で億り人になった弟を持つ男
・弟側のノンフィクション小説
株で億を4回つかんで4回破産した男

-メンタル面

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2019 All Rights Reserved.