株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

私の大損エピソード

空売りTOBで再起不能の大負け|投資金を上回る損失が株にはある!

更新日:

今回は信用取引を開設した直後から、人生最悪の日を迎え、どう過ごしたかについて詳しく書いていきます。他人の大損話は見ていて面白いものと思います。

しかし、単純に面白いで終わらせず、「明日は我が身」という警戒心や、「こんな負け方もあるんだな」という考え方を持って、ご自分のトレードに生かしていただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク

空売りデビューで大損

信用取引が出来るようになり、チャンスは2倍、3倍になると思い込んでいました。

そして空売りまで出来るようになったことも考えればチャンスは無限大!そう考え、売り買い両方で利益を出そうと意気込んでいました。

しかし、勝てることは勝てるものの、信用取引前と変わらない利益しか出ない日々が続きます。なぜ、ロットも上がって空売りもするようになったのに変わらないのか。

なかなか自分でそのことが受け入れられませんでした。

そんな中、4751サイバーエージェントが急騰した際、安易に空売りをしました。するとビタッ!とストップ高に張り付いてしまい、一切剥がれなかったので、強制持ち越しです。

翌朝かなりのギャップアップにより、空売りで大損をしました。

この頃の私は精神的にけっこう強かったと思います。なぜならこんな負け方をしても、翌日以降平然と同じことを出来ていたからです。あまり恐怖心を感じていなかったのでしょう。

鬼の足音近付く

めげることなく攻め続けた結果、きちんと大損分を取り返し、1月の収支もきちんとプラスにしていました。本当に精神的に強かったのか、「ただのバカ」だったのかはわかりません。

しかし、大損後に同じ攻め方を出来るというのは簡単なことではありません。

この頃の自分で唯一見習いたい部分かも知れません。

買いは家まで売りは命まで

株で借金というのは、こうやって出来るんだ、というのを自分で具現化してしまいました。恐らくこの経験はほとんどの方がしていません。

どんなプロの専業トレーダーも、はたまた退場してしまうようなトレーダーも、この経験だけはあまりしたことがないと思います。

時は2009年1月30日、その日は4751サイバーエージェントや、4788サイバーコミュニケーションズの決算発表でした。14時前後に上方修正や下方修正が出る可能性もあります。

そのため、14時前後は気を付けて取引をしようと自分でブログに書いていました。

しかし・・・ニワトリの頭・・・すぐ忘れてしまいます。

13:58に少々上昇した4788サイバーコミュニケーションズに20株空売りを入れます。そして離席してしまいます。2分後に戻ると・・・ピカピカ真っ赤に光りながら上昇中・・・。

当時はアローヘッドシステムではないので、ピカッピカッで上昇、ピカッピカッで上昇という感じで、ゆっくり上昇していきます。

そこで・・・追撃の空売りを用意!あと1クリックで注文完了。

ここの判断がその後に人生を大きく分けたと言っても過言ではありません。私はここでさすがにおかしな雰囲気を察知して、追撃売りを踏みとどまりました。

すると直後に特買いへ。

14時以降のデイトレは危険がいっぱい

今回は14時以降のデイトレードについてです。デイトレにとって時間帯というのは非常に重要事項となります。時間帯ごとに値動きの癖は必ずあるものです。 その癖を掴むことで毎日のデイトレ成績を向上させていきま ...

続きを見る

パニック突入

当然頭の中はパニックです。慌てて色々調べます。すると絶望的なニュースが。

電通が4788CCI(サイバーコミュニケーションズ)を完全子会社化目的な公開買付(TOB)をすると発表。

まさかの14時発表でした。しかも金額未定・・・ここがよりパニックを助長させるのです。

  • あなたを大損の刑に処する
  • しかしながら、どの程度の大損かは今発表しません
  • 後で発表するのでどうぞ苦しんで下さい

こんな感じで刑を発表された気分ですよ。残る1時間は4751サイバーエージェントが連動するかもって少し取引はしましたが、もうほとんど何をしたか覚えていません。

どこを調べてもTOB価格なんて書いていません。発表されてないわけですからね。そこで、過去のTOBの事例を調べたり色々していました。

すると・・・1.5倍~3倍くらいが多かったので、かなりの覚悟が必要だと思いました。

運命の時間

15時を過ぎてしばらく経って調べると、ついに発表が!

1株あたり42500円で公開買い付け(TOB)というニュースでした。42500円・・・?ここは記憶が定かではありませんが、18000円前後で空売りしたと思っています。

ですから、2.35倍くらいでしょうか。

これは、100万空売りしたら135万の損失が出る計算です。つまり、投資金以上の損失という、そう簡単に出来ない経験を、信用取引からデビュー1か月未満でやってしまったわけです。

しかも、空売りしてから2分以内でそれを確定させてしまいました。

いかがでしょうか。私がいかに間の悪い人間かわかっていただけると思います。

この時、私の損失は501000円でした(51万と思っていましたが、過去のデータを調べたら501000円でした)ので、上記の計算と少々違うと思います。

株価が違ったのか、空売りの数が22株だったりしたのか。

とにかく501000円という損失は確実であり、投資金を大きく上回る損失になりました。

その日、PTSの買いに賭けましたが、当然買えませんでした(笑)PTSで1株でも買えてれば、金額的には焼け石に水でも、気持ちが違ったかも知れませんね。

PTS取引時間・SBI証券を開設夜間トレードで稼ぐ|取引停止の理由

今日はPTS取引についてです。国内最大級のPTSはSBI証券ネクシィーズ・トレードです。東日本大震災以前は私も楽天証券で行っていましたが、再開されていません。 現在ではPTSの使い方がたくさんあります ...

続きを見る

まとめ

株は本当に恐ろしいです。負け組デイトレーダーから脱却し、ついに勝てるようになり、このまま復活街道まっしぐら!と思いきや突然の落とし穴。それも大きく深い落とし穴でした。

この先、株なんてやってられるわけがないと思いました。

次回、精神どん底編をお届けします。楽しみにしていて下さいというのも少々複雑ですが、楽しみにしていただけたらと思います。

お付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-私の大損エピソード

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.