株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

私の大損エピソード

退場編前編・株デイトレードで大損から復活、そして退場へ・・・

更新日:

収入に不満を感じていて、どうすれば変わっていけるのか。そう考えた私の答えは「ロットを上げる」でした。今考えれば悪くない選択だと思います。

しかし、当時はその上がったロットでうまくコントロールできる技術も精神もありませんでした。

スポンサーリンク

ロットは上げても変わらぬ収支

せっかくロットを上げても収支はあまり変わらなかったです。実際、ロットはきちんと上げているのです。勝率も落ちていません。いえ、むしろ上がっていたと思います。

それでも収支が変わらないのはなぜか・・・。

値幅が取れなくなった!

  • ロットが上がっているため、少しの値幅を取れば今までと同じ利益が出せるようになった
  • ロットが上がっているため、負ける時の額も大きく恐怖心が出た

恐らくはこの2つが理由ですね。また、家庭教師をしていたため、当日の仕事の意味を台無しにしたくなかったのでしょう。だからこそ余計に負けたくないと思ってしまっていました。

安全に勝つ目的に変化

勝ち額を上げるために選択した「ロットを上げる」でしたが、いつの間にか「安全に勝つ」という目的になってしまっていました。

今までと比べて、粘らずともあっさり大きめの利益が出るので、コツコツ勝つにはもってこいの状況が出来上がってしまっていたのです。

つまり、これは余計にコツコツドカンになる環境を整えてしまったわけです。

しのびよるコツコツドンガラガッシャーン

大きく勝つために上げたはずのロットが、機能しないまま数か月が経っていました。

数字の上ではそこそこ勝ち続けることが出来ていたことになります。いつの間にか手法は変わっていたことになりますよね。それでも利益が変わらない。

なので、一見うまく新手法を手なずけているようにも見えました。

しかし、今までよりも取る値幅は少なく、ロットは大きい・・・。これはもう誰の目からも危うさを感じるやり方になってしまっていますよね。

そして不安は的中することになるのです。

逆張りエンドレスナンピンがもたらす悲劇

おぞましい言葉です、エンドレスナンピン。お恥ずかしいことですが、この時の私は、負けそうになった時、この「エンドレスナンピン」を使って凌いでいました。

この逆張りエンドレスナンピン、考えようによっては非常に便利なのです。

  1. 急落にて買い
  2. さらに下がって買い
  3. また下がっても買い
  4. さらに下がってつらいけど買い
  5. さらに下がってお祈り買い
  6. さらに下がって残る余力買い
  7. お祈りあるのみ

これ、1~7のどこで反発しても助かる感じなのです。だからこそ便利。そして、だからこそ「どうせ助かるだろう」という気持ちになり、途中で引き返せない。

この日の私の心理状態も同じような感じでした。

  1. 朝、複数銘柄に自信を持ってIN
  2. 全部逆目に出ていきなり大きな含み損
  3. 下がってもナンピン
  4. 戻っても平均単価以下では売らずさらなる下落で買い増し
  5. 30万負け超えて絶望と見せかけ助かると思い込んでいる
  6. トドメの下落で放心状態

流れとしてはこれですが、細かく見ていきましょう。

朝の誤算が入り口

朝、自信を持って複数銘柄に入るも失敗。主役が4751サイバーエージェントだったことは覚えていますが、他銘柄はさすがに覚えていません。

いきなり200万近くのロットだったように思います。

3番あたりで、8732マネーパートナーズを追加したことも明確に覚えています。全体的にボラがあったので、なんとか他で助かろうと思って手を出しました。

しかし、あまりに含み損が多いため、ある程度の含み益が出ても売らずにいました。すると、いつの間にかこのマネパも大きな含み損の仲間入り・・・そしてエンドレスナンピンへ。

助かると思える限界範囲

前場終わって35万負けでした。とは言っても含み損です。けっこう30万くらいの含み損って助かっちゃうケース多いんですよね。今も昔も。

ナンピンしていて、リスクは大きくなっているけど、もちろんリターンも大きくなっているので、少しの戻りがあっただけでもけっこうあっさりと平均単価が近付いてきます。

実際、この大負けが5月11日でしたが、それまでの間にも似たようなことはありました。そして毎回助かっていたので、この日も同じように助かると思っていたのでしょう。

甘い!

30万負けが簡単に助かるのであれば、そこからさらに30万負けることもまた簡単。

なぜかそこに気付きませんでした。この日は後場、さらに下落が待っていました。ついにV字回復しなくなってしまったのです。ロットが異常なまでに膨れ上がっています。

ですから後場の下落だけで50万近く含み損が出ました。

どんなになっても「持ち越ししない」というルールをこれでも守ったのは偉いですが、心はもうズタボロでした。

TOBの大負けは事故です。しかし今回の大負けは言い訳不能の自己責任でした。

今後に暗い影を落としたのは間違いなく、これが退場へ向けた第一歩でした。

エンドレスナンピンは本当に危険です。どうか同じ轍を踏まないようにして下さい。

メンタル面から紐解くコツコツドカン

今回はなぜコツコツドカンで負けてしまうのか考えていきたいと思います。コツコツドカンというのはあまりに有名な手法です。私はこのコツコツドカンも立派な手法だと考えています。 しかしながら、確かに大負け代表 ...

続きを見る

また、マネパでも負けたのは、自分の都合を相場に押し付けたからです。きちんとリカクしていれば問題なかったはずでした。

自分の都合を相場に押し付けない

カテゴリー的には技術面としたのですが、メンタル面との境で難しい位置だと思います。自分の都合を相場に押し付けない。 言葉だけ見ると、なんのことだ?という感じに思うかもしれませんが、内容を読んでいただけれ ...

続きを見る

まとめ

退場編前編でした。この日の負けは82万負けでした。後にも先にも1日での負け額最高金額です。

次回はこの日の引け後の心境からスタートしようと思います。

お付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-私の大損エピソード

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.