株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

私の大損エピソード

株で勝てないデイトレーダーは退場あるのみ|兼業トレーダーに終止符

更新日:

82万負けの後、頑張って家庭教師で8000円のお仕事をしました。もちろんありがたいのですが、どうにもこうにも受け入れ切れない気持ちがありました。

当たり前と言えば当たり前かもしれませんね。

スポンサーリンク

連敗は止められない!負の連鎖

82万負け・・・その響きもものすごいですが、大きな負けは負の連鎖を生みます。5月はそこまでかなり好調に利益を積み重ねていたのですが、一気に大きなマイナスです。

実はそこから4連敗しています。しかも大きめな負けです。

1回の大負けは、通常の精神を奪い、いつもと違う行動ばかり取ってしまうようになります。そういう意味でも、大事なのは当日の収支ではなく、明日からの心構え、といつも書いています。

ひとつのミスは破滅・破産へのプロローグ

今回は、ひとつのミスは破滅・破産へのプロローグというテーマです。穏やかではありませんね。しかし、これは強く意識しておく必要がある部分なので、肝に銘じておきましょう。 これも本日2017年6月7日、私自 ...

続きを見る

5月の収支とその後

5月はそのままズルズルと連敗した後、復調し、結局60万負けで終えることが出来ました。色々やっても、結局最後は・・・

コツコツ取り返すしかない

という結論になり、また渋々ながら頑張っていくのです。毎度の光景ですね。ですから、このまま復活して、兼業デイトレーダーとして頑張るものと思い込んでいました。

走っても前へ進まない・夢のよう

夢の中で走っても走っても前へ進めないことってあると思います。まさにそんなイメージでした。そこからはある程度勝つと、ドカンと負けて台無しにされました。

そして数連敗。また、心を入れ替えて勝ち続けるのですが、忘れた頃にドカンと負けて本当に台無しでした。

残っている月間収支では、そこまで悲惨な繰り返しには見えませんが、本当に今思い返しても悲しくなるほどでした。

当時の口座資金は500万程度でしたが・・・

  • 520万が440万
  • 500万まで戻してもまた460万
  • 510万まで戻しても450万
  • 490万まできては460万
  • 500万まで戻しては450万

こんな推移でした。「俺はいったい何をしているんだ?」

そう思うしかありませんでした。退場する多くの人は「負けたから」「大負けで希望を失った」「資金がなくなった」という理由でしょうけど、私は違いました。

「こんなんじゃやってる意味がない」

そう思って、新規事業の計画を立てました。

 

起業を決意で新しい兼業スタイルに

家庭教師や、学習塾でのアルバイト経験を生かし、学習塾を自分で起業、経営しようと決意しました。完全に0からのスタートですので、苦しくなるとは思っていました。

しかし、それでもこんなに勝てず、苦しい思いを続けるよりはマシだ。そういう気持ちが強かったので、起業に迷いはありませんでした。

目安は翌年2011年3月でしたので、しばらくはデイトレを続けるしかない状況でした。もちろん頑張りました。せめて500万は超えて終わりたいと思いましたので。

起業の準備をしながらだったので、午前中どころか、朝の1時間のみのデイトレーダーになっていました。皮肉にもラスト12月は大きな利益が出て、500万を回復しました。

もがきにもがいた1年となりました。起業の決意につながったという意味では、この年の苦労も無駄ではなかったなと思います。

しかし、この年の82万負けの絶望。もうこの感覚だけは二度と味わいたくないと思いました。

  • 悔しさからの楽観
  • 楽観からの不安
  • 不安からの楽観
  • 楽観からの絶望
  • 絶望からのお祈り
  • お祈りからの絶望
  • 絶望からの放心

まさにこんな流れでしたね。本当につらかった、苦しかったです。

起業の年・退場の年

2011年は新たなスタートですが、やはり3月が起業ですので、1~2月はデイトレをするしかありませんでした。しかし・・・12月で掴みかけたものを完全に手放すように負けました。

そして完全に株のことは忘れ、自分の塾を頑張ろう!と思いました。

私はパソコンやホームページ、ワードにエクセルと全くわからなかったので、チラシ作りを含め、全て嫁にやってもらいました。

外部注文だとかなりの高額になったと思われる部分を、全て嫁が出来たことで相当な経費削減になり、今でもとても感謝しています。

株はうまくいかなかったけど、今度こそここで成功するんだ!そう意気込んでいました。しかし、軌道に乗るまでには時間がかかるだろうから、やはりデイトレも・・・

そういう感覚もありましたが、私のこの見立ては、大きな誤算でした。

これは、良い方向にも悪い方向にも大きな誤算でした。ここまで流れを読み違えるのか、というくらい、私の予想とは違う個人事業主ライフが待っていたのです。

波乱のスタート

思い出したくない方もいらっしゃると思いますが、少しの部分だけご容赦下さい。

ポスティング作業をしていると、電線にいるカラスがぐるぐる回っている・・・。「なんだあの変なカラス?」そう思って動画を撮ろうと携帯を出しました。

携帯を持ち出した瞬間、カラスが飛んでいってしまいました。

惜しい!っと思ったら、足元がフラついていることにやっと気付きました。

そうです、東日本大震災です。すでに数名は入塾いただいていたのですが、計画停電など、全く経験のない中での授業をしたり、本当に波乱のスタートとなりました。

株は乱高下

東日本大震災により、株は大きく乱高下することになりました。

寄りはいきなりストップ安付近の銘柄も多く、金曜の震災の後の、明け月曜日は30万弱1日で取ることが出来ましたが、そこから2日でほぼ全部ボッシュートされた覚えがあります。

震災を利用して儲けたりするもんじゃないな、と思ってまた素直に退場です。

その後も、米市場を見て、よほどチャンスと思える時だけ参戦するようにしていたので、非常に勝率は高くなりました。

狙った獲物は逃さない

株に関してはそんな気持ちで取り組みました。トレードをする日はほとんどないけど、やるとなったら必ず勝つという感じですね。ですから、この時は厳密に言えば退場はしていません。

「ほぼ退場」といったところでしょうか。

しかし、まず良い方の誤算として、学習塾がいきなり軌道に乗りました。

最初から7人の塾生が来てくれ、夏休みには15人にも膨れ上がったのです。私1人で授業をしていたので、夏期講習はそれだけで100万以上の純利益になりました。

徐々に株をやることさえなくなっていきます。

この後、さらに塾生が増えたので、本当に塾一本にしてしまおう、と11月あたりに決心し、完全に株から足を洗いました。これにて「完全退場」です。

まとめ

以上、私が退場するまでの経緯でした。このように、大負けなどが発端ではなく、勝てることは勝てるが、株をする意味を問いたくなる程度の勝ちだったための退場です。

また、そのタイミングで起業がうまくいったことも退場を助長させたと言えます。

このまま学習塾が順調にいけば、デイトレーダーに戻ったり、ここでこのような記事を書いていることもなかったのかもしれませんが・・・

こうしてこういう記事を書いてるわけですから、今後も色んなことがあった証拠ですね。

この後、いかにして復帰をすることになったのか。そして復帰は「復活」と言える内容になったのでしょうか。今後の展開を楽しみにしていて下さい。

この物語は完全にノンフィクションですし、何より、ただの物語として終わらせるのではなく、同じように勝てずに苦しんでいる方が少しでも復活のヒントを得てくれたら・・・。

そういう思いも込めて書いていますので、心理的描写等は多くなっていると思いますし、当時の自分の悪かったところを指摘する場面も多くあると思います。

そういう狙いがあっての書き方ですので、どうぞご了承下さい。

デイトレで勝てない人がどのようすれば負けないトレーダー、勝てるトレーダーになれるのか、というのがこのサイトのメインテーマになります。

今後もお役に立てるような記事が書けるよう私も努力していきます。

皆様も、無料で出来る努力特集をきちんと実行し、やれることは全てやる気持ちを持ちましょう。

お付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-私の大損エピソード

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.