株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

デイトレ手法

順張り投資法

更新日:

3dman_eu / Pixabay

今回はデイトレ手法の中で順張りについて書いていこうと思います。順張りというのは、内容を見ると一見簡単そうに見えるものです。

しかし、人間の持つ感情がその手法を複雑にしてしまい、損切り貧乏という負け方が多くなってしまいます。

スポンサーリンク

順張り投資法とは

順張り投資法とデイトレ手法としての順張り投資法とは、株価の動いている方向に素直に従い、同方向に向けての売買を行うことです。まさに「順」張りという名の通りですね。

この手法で最も大切なのは、素直という部分だと思います。上がっているから買う、下がってきたから売るという素直な感情で動けば、この順張りで利益を出し続けることが出来るはずです。

しかしながら、その素直な行動が取れるのは、株、デイトレを始めてすぐの頃だけです。思い出してみて下さい。始めてすぐの頃は何を買っていいかもわからず、上がっている強そうな株をよくわからずに買っていませんでしたか。

私はこれが俗にいうビギナーズラックを生み出しているのだと思います。そうです、素直な順張りは本来、非常に勝ちやすい投資手法なのです。

ビギナーズラックが通用しなくなる理由とは

上記のように、素直な動きさえ出来れば順張り投資法は、デイトレにおいて最も有効な手法になりうるのです。しかし、多くの人がこの順張りから始めたはずなのに、多くの損失を出し、心を折られ、逆張り投資法へと手法をシフトしていってしまうのです。

逆張り投資法についてはこちらをご覧下さい。

逆張り投資法

今回は逆張り投資法について書いていこうと思います。人間の感情を突き詰めていくと、実はこの逆張り投資法を行っている人は多いのではないかと思います。 そしてこの逆張りには大きな罠が潜んでいますので、正しく ...

続きを見る

ではなぜ素直に買えなくなってしまうのでしょうか。それは「」にあります。順張りは「上がっているから買う」という手法ですから、上がり続けているうちは「売りたくない」と考えてしまいます。

しかし、いつまでも上がり続けるわけではありません。始めのうちは利益があるうちにきちんと利益確定(以下リカク)をしますが、慣れてくると欲張って利益を伸ばしたくなります。

結果として、せっかくの含み益が台無しになり、マイナスになってしまうケースが徐々に増えてきます。

損を確定したくないからロスカットが出来ない

欲張った結果マイナスとなってしまうほどの感覚です。もちろん損失を許容出来るほど寛容な精神状態ではないでしょう。

上昇していた株価がいったん下落に転じると、時として想像を絶するほどの下落になってしまうものです。そこでナンピンでもしようものなら、取り返しのつかない損失を招いてしまいます。

そういう経験をすると、人は恐怖心を持つようになります。そしていったん芽生えた恐怖心は、静かに静かに成長していき、そう簡単に消えることはありません。

恐怖心が育つと、次第に上昇している株を見ても疑心暗鬼になってきます。すると、素直に買い、という行動が取れず様子見となります。しばらく見ていると、さらに上昇し、やっと決断して買い!しかしそこが天井に・・・こうしてジャンピングキャッチという得意技が完成するわけです。

Alexas_Fotos / Pixabay

順張り投資法の大きな魅力とは

逆張り投資法でも大きな魅力を書きましたが、順張り投資法にも大きな魅力が存在します。結局どっちがいいんだ!という声が聞こえてきそうですが、投資手法に正解などはありません。

どんな手法もうまく使えば大きな利益につながりますし、使い方を誤れば大きな損失につながります。では順張りはどのように使えば利益を最大化出来るのでしょうか。

まず、初心者の頃、株を始めた頃を思い出して、素直な買いが出来るようになるところから始めてみましょう。

買った瞬間利益になる

これこそが順張り最大の魅力と言えます。実は私は弟にこのことを聞くまで、このメリットに気付いていませんでした。むしろ逆張りでこそこのメリットがあると思っていたくらいですから。

今、株価の動いている方向に素直な買いを入れるわけですから、買った場所がその銘柄における「最高値」でない限りは、必ずすぐにもう少しの上昇が得られます。

その時点でリカクしてしまえば確実に利益になるということです。何を当たり前のことを!そう思う気持ちはわかります。しかしその当たり前のことを実行出来ないのが人間です。

いったん心をフラットにした状態でこのメリットについて考えてみて下さい。

時に大きな利益につながる

これも大きな魅力ですね。上昇している最中に買うわけですから、まだまだ上昇の途中という考え方です。

その行き先、つまりゴールが自分の買値よりもはるかに上だった場合、ストップ高だった場合などは短時間で相当な利益を得ることが出来ます。

しかしこの狙いを常にしてしまうと、ビギナーズラックで勝てなくなってしまう流れと同じになってしまうので、分割してリカクをするなど、うまく対処する必要があります。

まとめ

順張り投資法は、素直な行動さえ取れれば利益を出し続けることが出来る手法です。身体に染み付いてしまった恐怖心をうまくコントロールすることが大切です。

ジャンピングキャッチが多い人は今一度、素直な行動が取れているか考えてみて下さい。

またいずれ、順張り手法のメリット、デメリットについて詳しく書いていきます。お付き合いありがとうございました。

7月6日追記

順張りの魅力について追及した記事を遅ればせながらアップし、ボリュームアップさせました。是非ご覧になって下さい。

デイトレ手法!順張りの魅力を追及

今回は株、デイトレードの手法の1つである、順張りについて深く考えていこうと思います。もちろんスイングトレード、中・長期投資でも順張り表現を使いますが、今回はデイトレとしてです。 ここはデイトレで勝てな ...

続きを見る

お付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-デイトレ手法

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.