2020年開設のYouTubeチャンネルでは、文章で伝え切れない「雰囲気」についてもわかりやすく解説しています。是非ご覧下さい。

デイトレ手法

デイトレは適当に入るべき時期と厳しめに入るべき時期を見極める

投稿日:

相場は日々変わっていきます。昨日の正解は今日の不正解、昨日の不正解は今日の正解となることも多いです。それほど変わっていく中でデイトレで勝ち続けるにはどうすればいいのでしょうか。

勝てるようになるまでも大変な努力が必要になると思います。

ですがデイトレで勝てるようになってからはそれ以上に大変な努力が必要になるかも知れません。

今回は細かく見るのではなく、大きく分けて適当な買値で入ってしまった方が良い時期と、厳しめな買値で入るべき時期を分けて考えていきたいと思います。

デイトレで適当に入るべき時期とは

デイトレで適当に入るべき時期は上昇相場、バブル相場です。

デイトレではジャンピングキャッチによる損失経験が誰しもあると思います。

ジャンピングキャッチの失敗を繰り返し、弱気になるとどうしても買値に慎重になっていきます。しかしバブル相場のような上昇相場では慎重になると全く買わせてもらえません。

「少し押し目になったら買おう」

ジャンピングキャッチの苦い経験からこのような思考になりがちですが、押し目待ちに押し目なしという格言があるように、なかなかそういう時に押し目はやってきません。

ジャンピングキャッチを避けるために慎重になり、結果的にその場でジャンピングキャッチした方がマシだったというくらい高くなってから買わされることも珍しくありません。

慎重になることは悪いことではありません。

しかしマクロ的な視点で流れを読み違えるとこのような悲劇につながってしまうのです。

マクロの流れを読めるようにしよう

バブル相場のような上昇相場では、指数も当然強くなります。しかし個別銘柄を見ていくと指数以上に強い銘柄がポンポン見つかる状態になっているはずです。

指数が強いと判断出来たなら、適当な買値でとにかく入ってしまうことが大切です。

「いつ入ろう、いつ入ろう」と考え続けるのは、大縄跳びでいつ入ろうか迷ってタイミングを計っている行為と同じです。一度迷い出すとリズムがなかなか合わずに入れなくなるのも同じです。

大丈夫です。

指数が弱い中で個別の強い銘柄をピックアップしている時とは違います。

全体が強い中で、さらに強く見える銘柄を買った場合、指数が少し落ちたくらいでは暴落したりしませんし、全体的に大きく崩れない限りはそう簡単に損失につながりません。

私の好きな言葉ですが、とにかく決め付けて買ってみればいいのです。

そしてダメならごめんなさいでロスカットをすればいいだけです。

買わずにしり込みをしているから後でもっと高く買うことになるのです。

恐らく多くの人がこう考えていることでしょう。

参加して損をするより、参加出来ないでどんどん上がっていっちゃう方が嫌だ

気持ちはよくわかります。あまりこのように考えない方がいいとは思うのですが、上昇相場に身を置いていると感じたならば、その思いに素直になってすぐに目をつむって買ってしまいましょう。

そうすることで色んな迷いから解放されますから。

デイトレで厳しめに入るべき時期とは

これはもちろん上記の逆で下落相場になった時は買値を慎重にするべきです。

当たり前・・・本当に当たり前ですか?

下落相場になった時、強い銘柄を無理やり探して上で買ってしまっていませんか。

人間は当たり前と思うようなことでも、それが本番の雰囲気になると出来なくなってしまいがちです。特にお金が関わっているデイトレではなおさら冷静な判断、行動が出来なくなります。

「当たり前のこと」と一笑に付すのではなく、大切なこととして再確認しておきましょう。

下落相場になれば当然多くの銘柄が下落をすることになります。時にはアルゴリズムや逆指値などを巻き込んで信じられないくらいの下落を見せることもあります。

フラッシュクラッシュとは|デイトレに有利なオーバーシュート相場

デイトレに有利とも思えるオーバーシュート相場についてです。行き過ぎ相場は読み違えると大変危険な相場になりますが、読めると大きなリターンが見込める魅力もあります。 オーバーシュート相場について詳しく見て ...

続きを見る

こういう時は「買えることはないだろうけど指値を入れておこう」という位置に買い指値を入れることをオススメします。言い換えるなら「買えたらラッキー」という位置ですね。

私が使っているズレ手法に近いものですが、下落相場では無理に上昇する銘柄を探してもなかなかうまくいきません。自然な流れに逆らわず、下落の中で利益を出せばいいのです。

上がる銘柄はなくとも、下がり過ぎた銘柄はたくさん出てくるはずです。

行き過ぎた株価は是正されるものですから、オーバーシュートと呼ばれるような、一時的に売られ過ぎた銘柄を買い、それが適正値に戻ったタイミングで欲張らずに売りましょう。

稼げる時に稼ぐ気持ちを大事にする

どんな相場でも利益が出せるようになりたいものですが、それはあくまで理想です。

デイトレを毎日していればどうしても苦手な相場に遭遇することもあるでしょう。

私の場合は下落相場で育ってきたこともあり、下落相場や暴落相場の方が得意としていますが、下落相場は嫌いだという人はきっと多いと思います。

私は上昇相場で負けることはあまりないと考え、下落相場をマスターすることが出来れば勝率は格段に上がるだろうと思い、下落相場で勝てるように練習を積んできました。

実際にかなり勝率は高まったと思いますが、それでもやはり負けるのは下落相場が多いです。

特に急落ではなく、ジリ下げ相場になると手も足も出ないことがあります。

そんな時はおとなしくしているのも手です。

休むも相場と言いますからね。

仮に大きな下落相場の時、おとなしくしていて嵐が過ぎるのを待てたのならば、そこにあるのは大きくディスカウントされたお宝銘柄の山です。一緒に喰らっていては意味がありません。

しかし暴落相場の中を無傷でやり過ごすことが出来たのであれば、それは大チャンスになるのです。

毎日必ず勝つという気持ちではなく、勝てる時にきちっと勝とうという気持ちを大事にしましょう。そしてうまくいかない、苦手な相場だと感じた時はシミュレーションに徹しましょう。

どうしてもポジポジ病になってしまっている方は対処法を考えましょう。

ポジポジ病とは|デイトレで勝ちたい気持ちを抑えられない行動

ポジポジ病とは、デイトレードにおいてすぐにポジションを持ちたくなってしまうことを病気に例えたものです。実際に勝ちの味を覚えてしまうとすぐに発病する病気と言われています。 特にバブル相場などを体験してし ...

続きを見る

私は現在多方面のブログを副業として営んでいます。私も我慢出来ない時期がありましたが、ブログを一生懸命書くようになってからは、稼げない時は副業を頑張ろうと思うようになりました。

ブログをやろうと言うわけではありませんが、デイトレ中にもう1つ夢中になれるものを持っているとポジポジ病解消の近道になるかも知れません。

株ブログの始め方|ワードプレスでデイトレード日記を書く意味とは

今回は株ブログの始め方についてです。デイトレードやスイングトレードなど株のトレード日記をブログで公開している人はかなり多くいらっしゃいますね。 単に結果を書いている人や、情報を発信してくれる人もいます ...

続きを見る

もちろん、デイトレの集中力が途切れないよう程々に考えましょう。

まとめ

デイトレにおいて適当に買ってはいけないというのが一般論です。しかし今回述べたように、慎重と臆病は紙一重であり、臆病になることで買えないくらいならば、適当に買うべきなのです。

どうしても心理的に安全を追おうとすると、不思議なものでリスクを取ってしまいがちです。

安全を追っているつもりがいつの間にかリスクを取らされてしまうのです。

上昇相場で最もリスクを避けるためには、欲しいと思ったその瞬間に買ってしまい、買ってからどうしようか迷うことです。今は昔と違ってデイトレ手数料も格安ですからね。

最もリスキーに見えるやり方こそ、実はリスクが低いということを覚えておきましょう。


※お知らせ
デイトレで勝てない人のためのブログから書籍が出版されます。私の知識と経験を一冊に全てまとめて書き上げました。詳しくはコチラをご覧下さい。
『初心者にもできる逆張りデイトレードの極意』の詳しい説明記事

株エヴァンジェリストは無料メルマガが大変充実しています。デイトレを有利にするために旬なテーマ株情報を手に入れましょう。
株エヴァンジェリスト

ツイッターでは株のことに加え、セミリタイアについてやたわいのない話をつぶやいています。良かったらフォローして下さい。
Rツイッター

YouTube配信始めました。デイトレ関連だけでなく、セミリアイア関連、副業のやり方をメインに雑談などを交えながら発信しています。チャンネル登録よろしくお願いします。

-デイトレ手法

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2020 All Rights Reserved.