株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

メンタルコントロール

タラレバは悪魔のささやき|デイトレードで過ちを繰り返す要因とは

投稿日:

タラレバ・・・よく言ってしまいますよね。私も勝てなかった頃はタラレバばかり言っていましたし、勝てるようになってからでも、時々ボソッと出てしまうことがあります。

しかし、このタラレバは本当に悪魔のささやきなのです。

スポンサーリンク

タラレバは失敗を肯定する行為

タラレバで多いのはどんなものでしょうか。少し考えてみて下さい。

買って下がった時に、「買わなければ良かった」というタラレバを言いますか?

あまりそういったタラレバは聞きませんし、私も考えません。

  • 売ったら上がった!
  • 持ったままなら〇〇円儲かったのに
  • 自分の予想を信じて持っていればなぁ

タラレバというのは圧倒的にこちら側の意見なのです。

すなわち、「売らなければ」というタラレバになります。

今回、タラレバが出ているということは恐らく自分の中では「失敗」ということなのでしょう。仮にリカクが出来ていたとしてもそれは本人が悔しい思いをしていれば失敗扱いですね。

失敗なのに、売った後に上がったことで、勘違いしてしまうケースが多いです。

そして大きな過ちへと進んでいってしまうのです。

失敗は失敗として受け入れる

失敗・・・そう、失敗は失敗なのです。

失敗したのに、「売らなければ」大きく儲かったという事実が失敗したという結果をどんどん脳内で捻じ曲げていくのです。

  1. 失敗したなぁ・・・
  2. 持ってれば良かっただけかぁ・・・失敗した
  3. 失敗したけど目のつけどころは良かったよなぁ
  4. 予想は合ってたんだ・・・握力がもっとあれば!

どうでしょうか。このような思考の流れは経験ありませんか?

反省というのは非常に大事ですし、その日のトレードを振り返ることは必要です。

しかしその中でこのようなタラレバを考えるのは非常に危険です。

失敗であったにも関わらず、その後上がった事実を見ていくと、上記のように失敗を肯定目線で捉え始めます。そしてこうなってくると、なぜか自分に自信を持ってしまうようになります。

株式投資に限らず、投資というのは常に紙一重です。

勝つ人はほんの一枚だけ上手であり、負ける人はほんの一枚下手なだけです。

そんな薄っぺらい紙一重の連続である投資の世界は言ってみれば全ての失敗がタラレバを言えてしまうのです。そしてそのタラレバが今度は成長をも妨げてしまうことになるのです。

タラレバにより同じ過ちを繰り返す

上記思考の流れにより、紙一重で大儲けを逃したという事実が同じ過ちへと向かわせます。確かにあと少し長い時間握っていたら大きく株価は上昇したことでしょう。

ただ、ここでよく考えていただきたいのです。

仮にそこで売らずに株価が上昇したとして・・・

あなた本当にそのまま握っていられますか?

断言しますが、無理ですよ。大儲け出来るだけの握力を持っている人は恐らく今回のようなポイントで売るケースは少ないでしょう。なぜならその人たちは知っているのです。

大きな利益、リターンを得るためには相応のリスクを背負う必要があると。

「もう無理かな?」と微損や微リカクで売り、その後の上昇を悔しがっている人の多くは、リスクを嫌うタイプだと私は思います。

リスクを嫌っているからこそ、含み損期間が長かった場合は、自分の含み損が消えたり、プラ転するタイミングで「良かった・・・」と思って売ってしまうわけです。

そしてそのまま突き抜けて上昇するのを見て「売らなければ・・・」となるわけです。

その場合、次回からどのような行動を取りますか?

恐らく同じような買い方をすることでしょう。そして同じように含み損を作るでしょう。そして同じように含み損から解放されそうになれば、やれやれ売りをするでしょう。

そして・・・

売らなければ大儲けだったのに!

と、タラレバを言うことでしょう。同じことの繰り返しになってしまいます。

本当のタラレバに気付くべし

今回の内容があなたに当てはまるとしたら、あなたが言うべきタラレバはそこではありません。本当に言うべきタラレバがあるはずです。そこに気付くことが大切なのです。

「売らなければ大儲けだった」

このタラレバでは、売ったことを後悔しています。

しかし、売ったことを後悔と言っても売る瞬間は「売り」が正しいと自分自身で判断したはずです。つまり、「予想は合ってた」というのも都合のいい妄想に過ぎないのです。

本当に言うべきタラレバは・・・最初に触れたものです。

「買わなければ良かった」をもう少し進化させ、「もっと下で買えれば良かった」です。

売らなければ・・・ではありません。あなたは間違いなく、「売らされた」のです。

ですから、売らされないためにはどうすれば良かったかを徹底的に追及する必要があります。

前述のように、売らされる人というのは、リスクを嫌うタイプです。リスクを嫌うからこそ損切り貧乏にもなりやすく、少しのリカクをしてその後株価が飛んでいくケースも多いです。

元々握力が弱いタイプが陥りやすい罠であり、タラレバが出てきてしまうわけですが、買値を欲張れるようになると、含み損でいる期間が減りますので、握力は確実に増します。

デイトレは買値で欲張るのがコツ|株で負けないトレーダーになる極意

今回は負けない株のデイトレーダーになる極意についてです。あくまで「負けない」デイトレーダーであって大勝ちするデイトレーダーではありませんけどね。 ただ、デイトレで勝てない人がいきなり大きく勝とうとして ...

続きを見る

どんなに臆病な人間でも、安全圏の中でならリスクを感じにくいです。

ですから、握力を上げるためには、いかに安全圏に身を置くかということに注力すべきなのです。そしてその答えは買値で欲張るということになるわけです。仮想通貨でも同じことです。

仮想通貨・トークンの始め方|絶対開設すべき取引所3社の理由とは

仮想通貨(暗号通貨)やCOMSA(コムサ)トークンはとても話題になっているし、儲かる可能性も高いんだろうとは思うけど・・・色々勉強しなければ勝てないだろうなぁ。 仮想通貨取引所もたくさんあってどこを開 ...

続きを見る

もちろん本当の意味でノーリスクなんてことはありません。

リスクを感じさせないというだけです。自分のことですからね。

どうすれば自分で自分を騙すことが出来るのかよく考えて対策を考えてみて下さい。

まとめ

私も長く同じ道を歩んできました。

タラレバを本気で言っているうちはやはりなかなか成長しませんでした。

仮にタラレバを言うとしても、建設的に、改善策を同時に真剣に模索するようなタラレバを言うようにして、今後のトレードに生かせるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-メンタルコントロール

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2018 AllRights Reserved.