株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

メンタルコントロール

デイトレで連敗してしまう理由とは

投稿日:

デイトレはメンタルという言葉を聞いたことがあると思います。デイトレで最も重要なのはメンタルだという教えですね。これは私がデイトレを始めた頃もすでに言われていたことです。

もちろんある程度の知識と経験は大事になります。

しかしその知識と経験を生かすも殺すもメンタルなのです。

スポンサーリンク

メンタルが崩れると同じことが出来なくなる

デイトレはメンタルという言葉をそのまま取るのであれば、デイトレにおいて最も危険なのはメンタルが崩れることになります。いつも通りのメンタルでなくなるとどうなるでしょうか。

いつも出来ていたことが出来なくなるのは当たり前ですね。

そしていつもならやらない余計なことまでするようになってしまうのです。

こうなると手がつけられません。

さらに良くないのは、こういう時に負けると「いつもと違うことをしたから負けた」「いつも通り出来れば負けなかった」という内容の反省になってしまいがちです。

そもそもいつも通りが出来なかったことに目をつむり、いつも通り出来れば問題ないのだという部分を強調する。これは甘え以外の何物でもありません。

本当の問題が見えてないということにもなりますね。

デイトレで負けるとメンタルは崩れやすい

デイトレが出来る環境にある人というのは、多くがデイトレを仕事の一環としたい人です。

毎日仕事としてデイトレをし、日銭を稼ごうとするタイプが多いはずです。

1日仕事を一生懸命して給料が出なかったら、いや、給料どころか所持金がマイナスになってしまったらどう思うでしょうか。普通の仕事であれば発狂ものですよね。

デイトレを仕事と考える人ならば、リスクを承知でやっていることとはいえ辛いものです。

こうなると翌日、2日分の給料をもらってやろうという気持ちに流れがちです。

そんな突然自分自身のデイトレ力がレベルアップするわけはありません。実力や運という意味では何も変わっていないわけです。それなのに2日分をまとめて取ろうという行動に走りがちです。

その結果どのようなことになるか、想像するのは容易だと思います。

しかし不思議なもので、いざ自分が当事者となり、同じ場面になるとほぼ毎回のように同じ行動を取ってしまいがちなのです。人間の本能的な部分がそうなっているからなのでしょう。

客観的に見ればあまりにも理不尽で愚かしい行動でも、主観となった瞬間愚かしい部分全てに目をつむってしまうわけですね。

デイトレで自分自身を客観的に見られるか

なかなか難しいものですよね。今まさに自分のお金が目の前で増減している。自分の所持株が上下しているその時に他人事のような目線でそれを見ることなど出来ようはずもありません。

しかしそれが出来るようになれば1つステップアップしたと言えます。

ただもちろん1つステップアップしたに過ぎず、それで連敗しなくなるとか、デイトレで勝てないところから脱却出来るというわけではありません。

そんなに甘い世界ではないこと、全員が知っていることだと思います。

では、デイトレで自分自身を客観的に見られるようになった後、どうすることが大事なのでしょうか。

客観的な視点で行動を起こす

そうです。こうした方がいいと客観的に見て思っているだけでは意味がありません。

客観的に見えたものを行動に移すわけです。

ここにはロスカットなどの『損失』を確定させる行動が絡んできます。前述のようにデイトレを仕事の一環としている人は、1日頑張った結果がマイナスになるということを極端に嫌います。

そしてその結果としてどうしてもロスカットが出来なくなるわけです。

客観的に見ればこれは危ないから切った方がいい。

そう思った時、その通りの行動が取れるかどうかは非常に大きな分岐点となります。

負けた直後に行動をするハードルはさらに高い

ただでさえ客観的に見えた通りに行動し、損失を確定させる行為はハードルが高いものです。

それが負けた翌日であればなおさらです。

わかっている・・・わかっているのに・・・「もしかしたら!」

このもしかしたらにより、いつの間にかどんな手法よりも愚かな『お祈り投資法』を実行してしまうわけです。そしてわかっていたのにと言い訳をし、わかっていても出来なかっただけだからと自分自身に軽傷を主張し始めます。

『わかっていないから出来なかった人』というのは、教えてもらえば、知識が入れば、経験を重ねれば出来るようになる可能性を秘めています。

しかし『わかっているのに出来ない人』というのは、もはや直しようがないので、実はこちらの方がはるかに重症です。軽症なんかではありません。

まずはこのことを理解し、受け入れない限りは連敗癖はどんどんひどくなっていくことでしょう。

まとめ

デイトレではどうしても負けた後、同じ銘柄にリベンジしようとしたり、いつも以上に値幅を取ろうとしたりと余計な感情に支配されてしまいがちです。そしてそれらは連敗を誘発します。

「チャンスはいくらでもある」

そう、デイトレにおいてチャンスなど無数にあるのです。1つの銘柄に固執したり、リベンジだなんだと考える必要はありません。気持ちはものすごくわかりますし、私もそうなることがあります。

しかし今後ずっと続いていくトレーダー人生において、今日の負けなど、そう、1日の負けなどほんのわずかな時間、わずかな苦しみに過ぎません。

大切なのはその1日よりも今後の、明日以降のトレードのはずです。

そのことを強く意識し、前日の気持ちを引きずらないようにしましょう。

私はそのために絶対に持ち越しをしないことを唯一絶対のルールにしています。所持株をリセットしないと気持ちのリセットが出来なかったからです。なかなか割り切れない方は参考にして下さい。

唯一絶対の取引ルールを設定し、トレード成績向上を目指そう

前回に続き、取引ルールについて書きます。取引ルールはどんなに優秀でも、守れなければ何の意味もありません。守れないと、ルールを無視しなければ勝てたのにという甘えた言い訳。 ルールさえ守れれば勝てるのにと ...

続きを見る

私のトレード環境紹介

いきなり写真が出ていますが、これが私のトレード環境です。凄腕デイトレーダーさんのように、何枚もモニターを使っているわけではなく、ノートパソコン1台と、モニター1枚です。 その奥にももう1枚モニターがあ ...

続きを見る

株エヴァンジェリストは好評の有料情報だけでなく、無料メルマガも大変充実しています。デイトレを有利にするために旬なテーマ株情報を手に入れましょう。
株エヴァンジェリスト
私たち兄弟のトレーダー人生をノンフィクション小説として連載しています。

・兄側のノンフィクション小説
株で億り人になった弟を持つ男
・弟側のノンフィクション小説
株で億を4回つかんで4回破産した男

-メンタルコントロール

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2019 All Rights Reserved.