株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

技術面

買値撤退をマスターするだけでデイトレはこんなにも上達する

更新日:

買値撤退というのは、買った値で売るわけですが、デイトレで勝てない人はどうしてもこの決断ができません。ロスカットと同じくらい躊躇してしまうと思います。

その理由はまさに「手数料」です。もしくは金利ですね。この足かせがある限り、なかなか買値撤退ができません。

スポンサーリンク

買値撤退の難易度は高い

このデイトレで勝てない人のブログでは人間の性格、性質を心理的に探っているわけですが、この買値撤退は心理的に難易度がものすごく高いものとなります。

手数料や金利があるため、買値撤退=1ティックロスカットというイメージがほとんどの人に深く根付いているものと思います。そしてこのイメージこそが買値撤退を妨げます。

ある程度の損を受け入れることできる、つまりロスカットがそこそこできるようになった人でも、この買値撤退は難しいものです。なぜなら、「あと少し、あと1ティック上ならリカクになる」という事実が目の前にあるからです。

これは心の贅肉というものです。メンタル格言でご確認ください。

デイトレメンタル格言

今回はデイトレードのメンタル面における格言です。実際にデイトレードではメンタルが最重要課題になってくると思います。どんなに優れたスキルとロジックを持っている人でも、いったんメンタルが崩れればただの凡人 ...

続きを見る

「今売らなければまずい!でも手数料が・・・どうしよう・・・。買い板も厚いし大丈夫かな?1ティック上に売り指値入れて粘ろう」

そう思っている間にドーン!という大きな下落に巻き込まれたことはありませんか?私はものすごくたくさんあります。感覚では「売るべき」と思っていても、手数料や金利のことが頭にあって売れず、迷っている間に下落で取り返しがつかなくなる。

このパターンは、自分で売るべきと思っていただけに精神的ダメージが大きく、尾を引く可能性があります。

買値撤退チャンスの頻度

「売らなきゃまずい!」と思った時、リカクは難しくとも、買値撤退は出来るという場面は不思議とけっこうな頻度であります。つまり逃げ場が全くないというトレードはジャンピングキャッチ以外ありません。

しかし、手数料が500円でもかかると考えた時、どうしても躊躇してしまいますね。また、500円で躊躇するのであれば、100円程度の金利でも躊躇することがあるでしょう。

1ティックでもいいからリカクにしたい、と欲張った売り指値を入れている間に暴落・・・これは本当にデイトレのあるあるです。

買値撤退ができるとどうなるか

大負けが回避できるケースが格段に増えます!絶対に、です。大負けした時、思い返してみてください。本当に逃げ場がなかったのかを。実は買値撤退であればできたはず、ということは本当に多いです。

そこで躊躇なく買値撤退ができていれば、こんなことにはならなかったし、意識の拘束もなく違う銘柄で取れていたかもしれません。

ですから、この買値撤退を極めるだけで、デイトレードの成績は驚くほど向上するのです。

どうすれば買値撤退はマスターできるのか

買値撤退を躊躇なく行うには、心の贅肉を完全に取り除くことです。あとちょっと、お願いします。こういうほんの少しの願望を除去するのです。その1ティックに何の意味があるのか、よく考えることです。

とはいえ、簡単にはできませんよね。そう言われただけでできるのなら、とっくにできているという意見もわかります。

いちにち信用取引のように、手数料が無料の状態で取引しても、やはり金利の積み重ねが気になって買値撤退ができないという人も多いと思います。

諸経費が無料ならば買値撤退できる

簡単な話です。心の贅肉が取り除けないのであれば、その贅肉の願望を満たしてやれば良いのです。つまり・・・

  • 手数料無料!
  • 金利も無料!

これです。これしかありません。さすがにこれ以上はないという最上級の待遇ですからね。買えた瞬間に失敗と思って売ったとしても、文字通りプラスマイナス0ということになります。

手数料損もありません。金利損もありません。本当に0です。これで買値撤退ができないほど、心の贅肉が膨れ上がっているのであれば、それはもうさすがにダイエットするしかないです(笑)

では、この手数料も金利も無料という夢のような話があるのかどうかです。

期間限定で全て無料

この2社は2017年5月現在で、期間限定の手数料無料キャンペーンを行っています。

GMOクリック証券は申し込んだ月を含む3か月間、現物手数料無料。

ライブスター証券は口座開設日から40営業日、現物、信用ともに手数料無料ですから、ほぼ丸々2か月無料と思っていいです。

信用も使いたい人はライブスター証券になるわけですが、あくまで今回の位置付けは、買値撤退をマスターするための練習であることは忘れないでください。

どんどん勝って儲けながら練習しようなどと思ってはいけません。それこそまたまた心の贅肉というものです。長い目で見れば、買値撤退をマスターできるか、できないかは大きな分岐です。

出来れば現物トレードに絞り、手数料無料で金利もかからないという最高の環境で、買値撤退の練習をしてみて下さい。GMOクリック証券なら、申し込み月から3か月無料です。

また、買値撤退が出来た時は、その後粘っていたらどうなっていたかなどもデータ化することが大事です。データは本当に重要ですからね。データの重要性についてはこちらもあわせてお読みください。

株・デイトレの経験について

何かが出来るようになるためには、知識と経験が必要というのはよく言われることです。両方があると一番いいのは間違いないですが、株のデイトレードにおいては、経験が何よりも大切だと私は考えています。 デイトレ ...

続きを見る

まとめ

買値撤退の重要性を理解し、少しずつマスターしていけば、おのずと金利がかかるようになっても出来るようになるものです。先にGMOクリック証券で練習し、仕上げで後からライブスター証券で信用も併用していくのもいいでしょう。

最終的にはご自分の慣れた証券会社に戻るも良し、そのままGMOやライブスターで取引するも良しですが、その選択をする頃には買値撤退もマスターされていることと思います。

買値撤退をマスターするだけでデイトレはこんなにも上達する、という意味を、その頃にはきっとわかっていただけると信じています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-技術面

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.