2020年開設のYouTubeチャンネルでは、文章で伝え切れない「雰囲気」についてもわかりやすく解説しています。是非ご覧下さい。

メンタル面

株価の窓埋め戦略|真空地帯を狙ってデイトレード

投稿日:2017年6月2日 更新日:

株価の窓・真空地帯を狙ったデイトレードは非常に有名かつ、有効です。他人に右へならえでは勝てない世界である投資の世界ですが、この真空地帯に関しては、右へならえで理論的に勝てます。

どんなものにも賞味期限はあるもので、この窓埋め戦略は使えなくなることもあります。

しかしよく考えてみて下さい。株価を予想するにしても、結局は上がるか下がるかの2つしかありません。そうです、複雑に見えて結果は常にシンプルで2分の1なのです。

この窓埋め戦略は非常に有効ではあるものの、多くの人が使えば使えなくなります。

しかしまたすぐに使えるようになり、使える時期は高確率かつ大きく取れることも多いので、必ずこの窓埋め理論については知っておき、使えるようにしておきましょう。

株価の窓とは

トレーダーは日足における窓を嫌う傾向にあります。高値付近で引けて、翌日に高く始まった場合、当日の安値が前日の高値より安くなっていることが多いです。

この当日安値と前日高値との間の部分を株価の窓、真空地帯と呼びます。つまり、一切取引がなされていない価格帯のことを指します。

もちろん、逆側に窓があくケースもありますね。安値付近で引けて、翌日に安く始まった場合は、上に窓を残している状態となります。

この真空地帯である窓を理論的に考えることでデイトレードに活かすことが出来ます。

もちろん株に、デイトレに明確な正解はないので確実というわけではありませんが、数ある戦略の中でも一般的にかなり有効性が認められている戦略でもあります。

多くの人が知っていて、かつ意識する戦略だからこそ機能する時期には想像以上に大きな成果をもたらしてくれることもあります。私はこの窓埋め戦略をとても好んで使っています。

真空地帯は売買したい人が少ない

人は誰もが自分の売買した価格を重要視します。特に、株を持った状態ならば、自分が買った価格は非常に重要です。そしてこの心理を想像し、真空地帯トレードをします。

以下の状況を仮定します。

  • A銘柄を大引けで1400円で購入した(当日の安値引け)
  • 翌日ギャップダウンし、1350円で始まった

さて、あなたがこの立場ならどうでしょうか。どこで売りたいと考えますか?

  1. 含み損になったけど関係ない!1500円まで持つぜ
  2. 含み損になってしまったけど、せめて買値撤退か微リカクしたいな
  3. 含み損が嫌だからさっさと寄りでロスカットする

1番の人は最初からどうなっても粘ろうと決めて買ったタイプか、相当信念が強い人、もしくは意固地なタイプでしょう。3番の人はリスク回避型でしょうか。

今回の質問では、2番の意見が一番多いと思います。含み損になることで心は弱い方に傾きます。

しかしながら、どうしても人間である以上、欲はあるものです。せめて買値撤退したい、少しはリカクしたいという思いですね。また、近いところで、せめて微損で終わらせたいという人も多いでしょうか。

いずれにしても含み損になってしまうことは確定しています。

この含み損を抱えたホルダー心理がどうであるか真剣に考えることが大事です。

売りが出やすい価格帯を考察

2番が多いというのは、憶測ではありますが、ここはかなり自信があります。人間の本質を追及していけば、2番である可能性はかなり高くなると確信しています。

そして2番が多いということは、1390~1410円で売りたい人がたくさんいるということになりますね。

また、1350円で寄りを迎える段階で、1351~1389円で売りたいという人はほとんどいないだろうということが言えますね。このことから窓埋め戦略の有効性が見えてきます。

窓埋め狙いを買う!

ここまでの流れから、1350円という寄りの時点で、3番の人がまず消えます。代わりに1350円で新規買いした人が入ります。この時点で1351~1389円で売りたい人が流入しました。

寄りから買うタイプの多くは私のようなデイトレーダーであり、狙いも同じことでしょう。

大きく狙うより、確実にリカクをしたいと考えて入りますので、前述の1351~1389円あたりでのリカクも喜んですることになります。しかし基本的には売り指値で売る人が多いです。

スキャルピング手法を使ってデイトレを有利に!

スキャルピング手法を使って株、デイトレードを有利に進めるテーマで書いていきます。スキャルピング手法は「負けない手法」であって、「儲かる手法」ではありません。 それを念頭に置き、進めていきましょう。 こ ...

続きを見る

含み益であるうちは心に余裕もありますから下にぶつけるような投げ方はしないでしょう。

ですから寄りで買った新規組が強い売り圧力になることはあまり考える必要はないと思います。

また、1390~1410円で売りたい人が目標を下げることはないでしょう。そうなると、1350~1400円の真空地帯は、少し火がつけば一気に駆け上がることができます。

もちろん途中、新規買いのデイトレーダーによるリカク売りが売り指値で待ち構えていますが、前日購入組の握力が弱くない限り、1390円付近までは上昇しやすいと言えますね。

そして1400円まで上がれば窓埋め完了となるわけです。

このように、窓がポッカリあく時に、寄りで新規買いを入れ、窓を埋めにいく値上がりの最中に逃げる狙いでデイトレードするのが、窓埋め狙いによる真空地帯トレードになります。

寄り付きから窓埋めまでの株価の動きとホルダー心理を整理

  • 1350円で寄り付いた時点で前日までの組は全員含み損
  • 寄り付きで心が弱った組は損切り、新規で短期組が流入
  • 寄り底から上昇した場合、短期組は売り指値で対応するため売り圧力になりにくい
  • 1350円の寄り付きで売らなかった組は1390円くらいまでこないと売る気はない(可能性が高い)
  • 1351~1390円の価格帯では下に向けて投げてくる売り圧力が極端に少ない

もちろんこれらは憶測になりますが、自分がホルダーだったらと考えるとほとんどの人が同じような心理状態になることは間違いありません。だからこそ窓埋め戦略は効果的なのです。

ただしもちろんこれは、『寄り底』になることが前提になります。

実際に前日が安値引けとなり、当日大きくギャップダウンしていれば寄り底になりやすい条件としても整うわけですが、ここで窓埋め戦略を取る組が多い時期になるとそれを狙う動きも出てきます。

使える時期は効果的かつ大きく取れるケースも多い窓埋め戦略ですが、狙われると負のスパイラルに陥るリスクもあるので十分に注意する必要があります。

窓埋め戦略が通用しない時期の動き

窓埋め戦略が通用しない時期は、窓埋め狙いにきたトレーダーを巻き込んで下落させてきます。寄り底狙いに集まったトレーダーたちに寄り天相場を浴びせてくるわけです。

不思議なもので窓埋め戦略が通用しないなと感じる時期は「うまくいかない」ではなく、本当に狙われているかのようにきっちり毎回損をさせられるような動きになります。

また、負のスパイラルと書きましたが、このGD(ギャップダウン)を拾う人は窓埋めが狙いです。

つまり寄り付き直後にもう一段、二段と株価が下落しても結局窓を埋めるために株価は上昇すると考えているケースが多いです。ここで取る戦略はナンピンになりやすいです。

こうなると下がれば下がるほどチャンスという逆張り脳が出てきて、一発で大損となるリスクも出てきます。このあたりはどこかで柔軟に方向転換することも視野に入れておかねばなりません。

株デイトレード手法!逆張りのコツ|スキャルピングで毎日が給料日

今回は昨日の順張りに続き、株のデイトレードにおける逆張り手法について追及していきます。もちろん順張りと対比させながらの解説となります。 私のメイン手法は、この逆張りになります。 デイトレに明確な正解は ...

続きを見る

ただ、対処法がないわけではありません。

一度負のスパイラルに陥ると脱出は難しいので、寄り付き位置をよく見るようにします。

株価の窓埋め戦略が有効な時はアメリカ市場の下落等があるとかなり大きめにギャップダウンします。しかし窓埋め狙い組が多くなると徐々に「あれ?これだけ?」と感じるようになります。

そう、多くが寄り買いを狙うため、自然と寄り付く株価が高くなってしまいます。

そして「あれ?これだけしかギャップダウンしないのか」と感じるのです。

そういう時はまさに窓埋め戦略が使えなくなっていく時期なので、静観が妥当です。

よく観察を続けていけばまた窓埋め狙いが使える時期を見極められるはずです。

窓埋め後の動きは予測困難

窓埋め狙いの動きの予測はそこまで難しいものではありませんが、その後の動きは非常に難しいものとなります。

窓を埋めるくらいで、2番の人たちが「やれやれ売り」という形でみんな売ってきますので、売りに押されていったん値下がりすることが多くなることは間違いありません。

しかしながら、そうなることが全てシナリオの内で、その売りを吸収してカチ上げてくるケースもそこそこ目にします。そしてそのカチ上げが行われる時は、予想以上の暴騰になることも少なくありません。

つまり、窓埋め近辺の購入では、勝率は悪いけれど、当たれば大儲けというような性質が強く出ると思っていて間違いはないでしょう。

確実にコツコツと利益を積み重ねるタイプの人は、窓埋め完了か、もしくは窓埋め直前くらいでリカクするケースが非常に多いと思います。

私は窓埋め直前でリカクをして逃げてしまうことが一番多いですね。また、極小さな窓しかあかない時は、寄り買いを避けることの方が多いです。明確な窓があいていないとリスクが大きくなってしまいますからね。

私はモニターを使って大量監視することで、こういう銘柄を探しています。私のトレード環境についてはこちらに書いてあります。

私のトレード環境紹介

こちらは2018年初旬まで使っていた私のトレード環境です。凄腕デイトレーダーさんのように、何枚もモニターを使っているわけではなく、ノートパソコン1台と、モニター1枚です。 2022年現在はモニターのサ ...

続きを見る

無料情報サイトで勝てる銘柄探し|デイトレで勝つために

無料の株情報サイトは数多くあります。無料メルマガで銘柄を配信したりしているサイトが多いでしょうか。その多くは、有料情報サイトを運営しているところの無料会員用ですね。 この無料情報、実は使い方によっては ...

続きを見る

株で勝ち続けるためには魚のいる場所ではなく、魚の釣り方を覚えることが重要です
株の学校が発行する無料メルマガは株取引の手法を学ぶことが出来ます
株の学校無料メルマガ

まとめ

窓埋め狙いの寄り買いは、使える時期と使えない時期でハッキリ分かれています。

使える時期は小さな値幅取りがメインのデイトレーダーであっても大きく狙えますが、使えない時期は小さく取る狙いで大きく負けてしまうこともありますので注意が必要です。

詳しい寄り付き戦略については動画でも出していますので、良かったらご覧下さい。

どのような窓の時に勝率が高くなるか、負けやすいかとデータを取ることで、勝ちやすい素敵な窓を判断できるようになりましょう。


※お知らせ
私の実際のトレードを収録した動画を紹介した記事はこちらです。
私の実際のトレード動画のお知らせ

2022年、当ブログから2冊目の書籍が出版されました!今回は超実践編となっています。詳しくはこちらをご覧下さい。
『超実践!勝ち続けるための逆張りデイトレード』詳しい説明記事

急速に伸びている投資顧問会社で、無料メルマガはデイトレにも大いに使えます。
新生ジャパン投資無料メルマガ
ゴールドリサーチ無料メルマガ
人気の「株の学校」が無料メルマガ講座を開始です。無料で株取引のスキル向上に使えます。
株の学校ドットコム無料メルマガ講座

ツイッターでは株のことに加え、セミリタイアについてやたわいのない話をつぶやいています。良かったらフォローして下さい。
Rツイッター

YouTube配信始めました。デイトレ関連だけでなく、セミリアイア関連、副業のやり方をメインに雑談などを交えながら発信しています。チャンネル登録よろしくお願いします。

-メンタル面

© 2022 デイトレで勝てない人のためのブログ