株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

私の復活エピソード

専業株デイトレーダーとして出発|専業最初の落とし穴と小さすぎる器

更新日:

前回の通り、12月で100万回復を達成し、就職ではなく専業トレーダーの道を選ぶことが出来ました。36万を現物のみの短期間で104万まで出来たことから、未来は明るいと思い込んでいました。

しかしそんな甘い世界であるはずもなく、ここからが本当の苦しみでした。

スポンサーリンク

2008年大発会!専業トレーダー出陣

ペースを考えれば、2008年1月は40万程度の利益が欲しいと思っていた。

大発会はまだ、半日立ち合いでした。この年の大発会のことは今でもよく覚えています。日本市場が年末年始休暇の間、米市場がかなり暴落していました。

それにより、多くの銘柄が朝の気配から大幅安を示唆していました。

母や弟も一緒にデイトレードをするという環境で非常に楽しみにしていた日ですが、かなり怖い相場になりそうだと思いました。

大証ヘラクレスは需給一致探りのシステムがあったので、東証よりも5分ほど早く寄ることが多かったです。そこで私は、3090ナチュラムを買いました。釣り具屋さんです。

いきなり飲み込まれ、大きな含み損になりました。2166MICメディカルや、2167ウェブマネー、3858ユビキタスあたりを多く売買しました。

大きく取るつもりが、なんとか勝たせてもらった利益が残る程度で、出陣式としては少々物足りないものとなってしまいました。

専業株デイトレーダーとして光

月に40万いくためには、1日あたり2万取れればいい。仮にそうでなくても週に10万取ればいいんだ、と自然に計算していました。

今思えば、この計算は本当に余計だったと思います。この考え方、今も根付いてしまっています。ですからなかなか強気の勝負に出られないのではないかと思っているくらいです。

当時はこの1日2万という計算を忠実に具現化しながらも、さらに上を目指す投資をしていました。目標に早めに届けば、さらに攻めていきました。

それゆえ、最後の30分で全没収という屈辱を味わうこともありましたが、投資家としてはギラギラしていた時期だと思います。キラキラでなく、ギラギラです。

結局この月は40万の利益をギリギリ達成することが出来、満足のいく結果になりました。これにより、2月は50万~60万が普通だろう、と考えました。

1か月で転落~専業デイトレーダーの壁~

2007年夏以降に勝てるようになり、11月から3か月連続で少々高いハードル目標を掲げ、それを全て乗り越えたことから、調子に乗ってもいたし、リズム、流れにも乗れていたと思います。

しかし、現在にも通用する格言・・・こちらです。

デイトレメンタル格言

今回はデイトレードのメンタル面における格言です。実際にデイトレードではメンタルが最重要課題になってくると思います。どんなに優れたスキルとロジックを持っている人でも、いったんメンタルが崩れればただの凡人 ...

続きを見る

3か月続けば本物

続いても3か月

これだったのです。確かに新興マザーズ指数やヘラクレス指数、ジャスダック指数と全て良かったように思います。それを自分の実力と勘違いしてしまっていたのです。

2月に訪れた転機

この日は2497ngiグループの決算発表日でした。午後に入り、少々大きめな下落が始まりました。逆張りメインな上に、2497好きな私はけっこう買い込んでしまいました。

2497銘柄に惚れていたのは、大損エピソード特集をご覧ください。

どんどんマイナスは膨らみ、46000円の含み損になりました。ロスカットが出来るようになったはずが、まだこんな負け方をするんだ、と自分にガッカリもしました。

結局その日は場中の材料発表(上方修正だった可能性)に救われ、なんとかトントンまで戻って終わりました。

14時くらいにパチプロ時代の友人から、良い台を譲ると電話がきて、電車でわざわざ行ったこともよく覚えています。

この日がどういう転機だったのか。

今までは運の要素が強かっただけだ。実力は所詮こんなもの。専業なんかとてもじゃないけど無理だ。色々やっていかないと難しいだろう

この感覚を持ちました。これは素晴らしかったと思います。

「今日は運が悪かった」で終わらせていたら、今の私はなかったと思います。

調子に乗っていたところ、たった1つのミス、それも大負けでなく、助かった状態で自分の愚かさに気付くことが出来たのです。

コツコツデイトレーダー誕生

自分の実力不足に気付いた私は、パチンコやスロットも時々頑張りつつ、デイトレーダーとして成長しようと考えました。

常に自分を疑い続けること」は、「現状に満足する自分」を作らず、「努力する自分」を生み出し続けるということに、気付いた・・・ようでした。

結果的にはまだまだそれを受け入れる器もなく、この後も試行錯誤というより、右往左往してしまう日々が続いていくことになります。

しかし、無理に大きく勝とうとせず、負けないデイトレードを続けることで切り開ける未来もあるんだということを認識出来たことは、今でも知的財産として生きています。

まとめ

この時の私は、今の私と比べても、かなり努力をしていたと思います。本などの教材を読むことや、人から習うことは一切ありませんでしたが、かなり時間をかけて色々調べていました。

無料メルマガも複数登録しては、相場観を磨いたつもりです。

無料で出来る努力というのは色々あるので、良かったら参考にして下さい。

お付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-私の復活エピソード

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.