株の税金対策

デイトレーダーが住宅ローンを組めるようになる理由とは

投稿日:

デイトレーダーが住宅ローンを組むのは容易ではありません。住宅ローンを契約する仕組みを考えると簡単にわかることですが、このハードルはそう簡単に越えられるものではありませんでした。

しかし、先の税制改正より、デイトレーダーが住宅ローンを組みやすくなりました。

デイトレーダーゆえにマイホームを一括購入するしかないと考えていた方は必見です。

デイトレーダーが今まで住宅ローンを組めなかった理由とは

デイトレーダーは社会的信用がないとよく言われます。しかしデイトレーダーだから住宅ローンが組めないと直結するほど乱暴な理由ではないのです。デイトレーダーでも住宅ローンを組むことは出来ます。

住宅ローンは借金です。借金ということは、貸し手側が借り手側に返済能力があるかどうかを考えます。

その時、デイトレーダーという職業は安定がないから難しいと思われがちなのです。

しかし住宅ローンの貸し手側、主に銀行になりますが、銀行は借り手側の所得税の支払い履歴をメインに返済能力の有無を判断することになります。それも過去3年間の資料をもとにです。

ですから、過去3年間の納税証明書があり、全てある程度の金額を納めていれば住宅ローンが組める可能性もかなり高くなるのです。では、それなのになぜデイトレーダーは住宅ローンが組めないという流れになってしまうのでしょうか。

それはデイトレーダーが確定申告をしないからです。

厳密に言えば特定口座の源泉徴収あり口座のみで売買していれば、確定申告の義務はなく、また確定申告をすることで健康保険料が上がったりと損するケースが多かったためです。

少しまとめてみましょう。

デイトレーダーと住宅ローンの組み合わせ

デイトレーダーという職業と住宅ローンというシステムが今までいかに水と油のように相容れない関係にあったか説明していきたいと思います。

デイトレーダー

  • 確定申告をすると損になるケースが多い(確定申告をしない)
  • 納税証明書をもらえない(確定申告をしていないから)
  • 3年間安定した利益を出せる人が少ない(年単位で爆益と損を繰り返していてはNG)

住宅ローン

  • 過去3年間の納税証明書で返済能力をチェックする
  • 3年間の実績がほぼ全て

うん、読めば一発ですね。どう考えてもこれでは永遠に住宅ローンなんて組めそうにありません。

仮に住宅ローンを組みたければ3年間、損になってでも確定申告をし、納税証明書をもらわなければなりません。しかも・・・しかもです。

そこまでしても住宅ローンの審査が通るかわかりません。まぁ3年間きちんと安定利益が出ているのであればどこかしらは通ると思いますが。

確実に組めるわけではないのに、3年間確定申告をすることで損をし続けます。

住宅ローンは借金なので、わざわざ損をしてまでお金を借り、またそこに利子をつけて返さなければならなくなります。

これら全てをひっくるめて考えると、やはり住宅ローンを組む気が失せてしまいますよね。

デイトレーダーが住宅ローンを組みやすくなる理由とは

では、この水と油がなぜ仲良く出来るようになったのでしょうか。

それはこちらの制度によるものです。

専業・兼業デイトレーダー必見!住民税申告不要制度利用で超節税

デイトレーダーだけでなく、トレーダーとして生計を立てている人にとっては永遠のテーマと思われていた所得税と住民税、そして国民健康保険というつながり。 2018年より、画期的な超節税効果のある制度が確立さ ...

続きを見る

こちらの制度改正により、所得税の申告と住民税の申告が分離出来るようになりました。

つまり、所得税を確定させるために税務署で確定申告はするものの、区役所や市役所の方に、別途住民税用の申告をするというものになります。これに何の意味があるのか。

まず、所得税は源泉徴収済みなので、税務署に確定申告をしても特に何の意味もありません。お金が増減することもありません。ただし、納税証明書を発行してもらえるようになります。

※専業トレーダーの場合や、他の収入が基礎控除などの控除内で収まっている場合は還付金があります。ゆえに所得税の確定申告でお金が増える可能性はあっても減る可能性はありません。

そして区役所、市役所の方には申告不要制度を使います。

一見ズルをしているようですが、そんなことはありません。

すでに源泉徴収の匿名納税として住民税を全額納付しているわけであり、改めて自分が納税しましたよという通知を行わないだけです。ではそれによってどうなるか。

国民健康保険の料金が上がらなくなります。

これはデイトレーダーが確定申告をする上で最もデメリットになっていた部分であり、これが解消されることで確定申告をするデメリットはもはや『面倒』ということ以外になくなるでしょう。

つまり、確定申告をすることで損することなく納税証明書を発行してもらえるようになるということです。

過去1年分の実績でチャレンジするのもあり

多くの銀行の住宅ローン審査は過去3年分の納税証明書による実績が必要となりますが、フラット35、フラット35sといった制度であれば過去1年の実績で審査してもらえます。

現在はマイナス金利時代で、銀行も必死で住宅ローンを売り込んでいる時代です。

それに対してフラット35に関しては必死で売り込んでくることもないため、やや手数料部分など割高になっている部分があるので、銀行の住宅ローンの方が魅力的です。

本来であれば手数料など何もかからない現金一括購入が一番です。銀行の住宅ローンに関しても、金利はこの上なく安いわけですが、手数料はそれなりにかなり取ってきますからね。

しかしトレーダーというのは職業柄、手元にお金が多い方が有利な場面もあります。

ですから、マイホーム一括購入よりなんとしてでも住宅ローンが組みたい!という人も多いはずです。

そういう場合は悠長に3年間待つよりも、過去1年分の実績で審査通過の可能性があるフラット35にチャレンジしてみるのが得策かと思います。

住宅ローンの魅力について

今回はデイトレーダーでも住宅ローンを組める可能性が高まったという記事になりますが、そもそも住宅ローンが組めたからといってなんなんだという疑問に少しお答えしたいと思います。

住宅ローンを組むことにより、一気にお金が出ていかずマイホームが買える。

これは当たり前のことですから、次に行きます。

住宅ローンというのは、年末時点で残っているローン残高の1%が控除となり所得税が還付されます。実はこれにも確定申告が必要になります。少し気付きませんか?

そう、今まではデイトレーダーが住宅ローンを組んだとしても、結局また確定申告をしないことには住宅ローン控除が受けられないため、メリットが大きく削られてしまっていたのです。

いや、確定申告を毎年することで毎年国民健康保険料が大きく上がってしまうわけですから、メリットが削られるどころか所得税の還付金以上に損をすることが多かったことでしょう。

対して今回の制度改正では、確定申告アレルギーが完全に解消されています。

そのため、毎年住宅ローン控除も受けられるようになるのです。

例えば住宅ローン残高が3000万あって、所得税が30万円以上源泉徴収されていれば、きちんと30万円還付してもらえますからね。

住宅ローンで借りている金利分は簡単に相殺出来るのです。また、住宅ローンにはほとんど団信保険と言って、三大疾病罹患時や死亡時には残りのローンが0になる特約もついています。

ですから、金利を相殺orやや還付金が上回るだけでなく、そこに無料でがん保険や生命保険がついてくると思っていいわけです。これはすごいですよね。

住宅ローンについて魅力を感じてもらえましたか?

住宅ローンについてさらに詳しい解説はこちらのページをご覧下さい。

住宅ローン控除(減税)とは|知らないと損する条件と繰上返済のコツ

まとめ

いかがだったでしょうか。私もあと5年早くこの制度が出来ていれば文句なしで住宅ローンが組めていたと思います。そう考えると少々悔しい思いもありますが・・・。

今後、住宅ローンを組みたいと思ったデイトレーダーさんが1人でも多くスムーズに住宅ローンを組めるような時代になっていくことを願っています。

今回は株の税金、確定申告についてですが、当デイトレで勝てない人のためのブログでは、私自身がデイトレで勝てなかったところから勝てるようになった経験を基にたくさんの記事を書いています。

デイトレで勝てずに苦しんでいる方は是非参考にしていただければと思います。

デイトレは買値で欲張るのがコツ|株で負けないトレーダーになる極意

今回は負けない株のデイトレーダーになる極意についてです。あくまで「負けない」デイトレーダーであって大勝ちするデイトレーダーではありませんけどね。 ただ、デイトレで勝てない人がいきなり大きく勝とうとして ...

続きを見る

株エヴァンジェリストは好評の有料情報だけでなく、無料メルマガも大変充実しています。デイトレを有利にするために旬なテーマ株情報を手に入れましょう。
株エヴァンジェリスト

-株の税金対策

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2019 All Rights Reserved.