株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

「相場について」 一覧

2018/4/30

株を買った瞬間すぐに値下がりするのは偶然ではないかも知れない

自分が買ったらすぐに下がった 自分が売ったらすぐに上がった こんな経験・・・ありませんか?と聞く方がおかしいですね。多くの方がそう感じているのではないでしょうか。そしてそれ自体を被害妄想だと言い聞かせていることと思います。 しかしこの現象・・・偶然ではないかも知れません。 指値にぶつけるトレード 「買ったらすぐに下がった」は、まだいいとしても、「売ったらすぐに上がった」という経験が何度か繰り返されるとロスカットをしなくなってしまうので大変危険です。 実は私も同じような被害妄想を持っていました。 と、言うよ ...

2018/1/1

2018年・新年のご挨拶と今年の株式市場・仮想通貨市場の展望

昨年中は多くの皆さまにお世話になりました。本年もよろしくお願い申し上げます。税金関連もひと段落というところですが、2月には確定申告も始まるので準備に大忙しですね。 勝ててない組からすると税金の悩みを持つこと自体がうらやましいことです。 多くの利益が出た方は喜んで確定申告の準備を進めていきましょう。 2018年株式市場について 2017年後半は、強い日経平均に弱い小型株と顕著に明暗が分かれました。 しかし、12月の年末IPOはここ数年を見ても最も盛り上がったように思います。 個人投資家が7割を占めると言われ ...

2017/12/29

2017年の株式市場・仮想通貨市場を振り返っての感想

2017年も無事株式市場が終わりました。今年はショックらしいショック相場はありませんでしたが、プチショック相場はかなり多くあったように思います。 北朝鮮リスクも幾度となく相場を襲いましたね。 2017年前半はゲームセクター祭り 2017年前半は、3758アエリアを主役としたゲームセクターのお祭り相場となりました。ゲームセクターは個人投資家が大好きなセクターですので、非常に賑わいました。 アエリアは昨年夏頃には株価が600円そこそこ(分割後の300円相当)でした。 そこから短期間で3倍にまで上昇し、しばらく ...

2017/10/29

日経平均は未知なる領域へ|決算相場が本格化で新興市場は?

日経平均は16連騰で途切れるも、大きな混乱はなく、またスルスルと高値を取ってきました。 また、なかなか連れ高出来なかった新興市場、マザーズ指数も大きなリバウンドをしています。 これからの新興市場には期待したい気持ちもありますが、その反面で決算相場が本格化していく中で、無事通過出来るのかという不安もあります。 この「相場について」は不定期更新と書いていたものの、毎週末に更新するのが恒例になっていました。 来週以降は不定期更新に戻します。当初書いたように、月に1回の更新になるかも知れないし、気が向いたら平日に ...

2017/10/22

決算シーズン本格化で決算相場に備える|COMSAもラストスパート

先々週の金曜日にスランプ脱出の兆候が見えていたのですが、今週はやっと久しぶりにまともな利益を出すことが出来ました。ただ、あくまで「勝たせていただいた」 という立場であることを忘れず、謙虚に慎重に今週も臨みたいと思います。 決算相場が始まっている 好調は続いても3か月と書いてきましたが、もちろん不調も続いても3か月という考え方です。しかし、本当にこの不調が3か月で終わるのかどうかという不安が強かったです。 実際3か月周期で相場は大きな変化を起こしやすいです。そしてそれは決算シーズンの周期でもあるので、やはり ...

2017/10/15

強い日経平均と大型株に対して新興マザーズ指数の弱さが目立つ

私はこの10月第2週も結果が出ませんでしたが、スランプスランプと言い続けていても仕方ないので、前向きに自分のターンがくるのをひたすら待ち続けたいと思っています。 好調期間が3か月で終わることが多いのと同じように、やりにくい期間だって3か月以内に終焉を迎えてくれるということを信じて。 日経平均は21年ぶりの高値 いやはや、すごいですね。北朝鮮リスクとずっと騒がれていながら、気付けばスルスルと上昇しています。ただ、そんな日経平均さえかすんで見えるのがアメリカ市場NYダウですね。 トランプ大統領になった時の価格 ...

2017/10/8

スランプ脱出をかけて10月第2週相場へ|仮想通貨のお勉強も

2017年に入ってからは、4月に少々苦しんだ以外、スランプらしいスランプは全くなく、爆発こそなけれど不調に終わる月は全くありませんでした。 それだけにここにきての8~9月の2か月連続スランプは少々・・・いやけっこう焦りも感じています。 ただ、焦ったからといって、がむしゃらにやったからといって、勝負に出たからといってうまくいく世界ではないこと、自分自身よくわかっているので、大人しくスランプが去るのを待っています。 さよならゲーセク? 旬の過ぎたセクターにしがみついていても仕方ないということはよくわかっていま ...

2017/10/1

COMSAの不満と不安と期待|コムサトークンセール直前と今週の相場

COMSAについての見解と意見をいくつか記事に書いてきましたが、時間の経過とともに、色々と情報も増えてきました。そしてここに来てのキャンプファイヤー炎上など・・・。 もはや追記では追い付かないので、9月30日、10月1日、そして本日10月2日と週末を使って私なりに色々とまとめてみました。 全ては私の個人的見解ですので、あらかじめご了承下さい。 COMSA(コムサ)への不満と不安 期待よりも不満と不安を先に書かせていただきます。 今回のキャンファイヤー炎上事件については、炎上している内容ほど私は不満や不安を ...

2017/9/24

北朝鮮リスクいまだ収まらず|負けない投資、守りの投資の時

北朝鮮とアメリカによる、いわゆる舌戦により、株価も影響を受け続けています。 一時期、ほとんど影響を受けないまでになったのですが、その都度、新しい言葉が出てきて、そうなるとさすがに株式市場も大きく反応するという繰り返しになっています。 ここまでくると、彼らは為替や株式市場で何かしていて、そこに影響をあえて与えているのではないか、と考えてしまうほどに、いつも適度な感覚で行動をしてきます。 日経平均は年初来高値更新 とても強くて良いことなのですが、これが1つの疑惑です。なぜ、これほどまでに地政学リスクが高まって ...

2017/9/17

EV関連株・電池関連銘柄の一人勝ち|仮想通貨の暴落に閑散相場

今週は予想に反して全体は閑散相場となりました。先週大きく下振れし、北朝鮮関連が落ち着きを見せれば大きなリバウンドもあるのでは?と身構えていました。 しかし待てども待てどもリバウンドは来ず・・・それどころか日に日に出来高が減っていく閑散相場となってしまいました。そんな中でEV関連株・電池関連銘柄は目立っていましたね。 良くも悪くも中国の決定を重視した相場になったようです。 EV関連株・電池関連銘柄 私は本当にテーマ株にはうとくて、なかなか自分で動いて調べようと出来ません。この盛り上がりに気付いたのも少し過ぎ ...

2017/9/9

地政学リスクは臨界点へ|谷深く山のないリバウンドに乏しい相場

今週は非常にひどい相場になってしまいましたね。先週はゲームセクターのショック的な売りが出ましたが、今週は全セクターにショック売りが出てしまいました。 それもそのはず・・・日曜日の北朝鮮による6回目の核実験を始め、ICBMを運搬開始等のニュースも流れ、まさに北朝鮮一色のニュースが流れた一週間でした。。 わかっていても回避出来ず ある程度大きな下落になるということは多くの人が感じていたことと思います。しかし、実際にこの悲劇を避けられた人はそう多くなかったように思います。 個人的にも私は大きな損失を被ってしまい ...

2017/9/3

ゲームセクターの大崩壊と新たな成長セクター|9月第2週に向けて

明日、9月4日(月)からまた相場が始まりますね。私事ではありますが、旅行に行っていて、2日間相場から離れているので、久しぶりにきちんと予習をしました。 そこで感じたことは、やはりゲームセクターの弱さでした。 ゲーセクは終わったのか ゲームセクターはかなり長いことマザーズ市場を牽引してきました。昨年のマザーズバブルでは、4565そーせいグループを始めとするバイオセクターの牽引によるものでした。 どうしてもバイオセクターが元気になると、マザーズ指数がド派手な上昇を見せるので、インパクトはあるものの短命になりが ...

2017/8/26

夏枯れ相場・決算相場を終えて新興市場来週の展望は

8月は夏枯れ相場と呼ばれるにふさわしい閑散相場でした。私自身もかなり苦戦をしましたが、周りを見渡してもかなり苦労した方が目立っていました。 それでも中には多くの利益を出している猛者もいるわけで、そちら側になっていきたいと思わされました。 9月はどのような相場になっていくのでしょうか。 ゲームセクター株の一部崩壊 8月は直近でマザーズ指数を牽引していたゲームセクターに大きな乱れがあり、崩壊に近い動きとなりました。 ドリコムの決算や、アエリアの上方修正(7月31日時の)を契機に一気に売り崩された感がありました ...

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2018 All Rights Reserved.