「過去のショック相場に学ぶ」 一覧

2019/7/30

リーマンショックに学ぶ株式投資の怖さとデイトレのメリット

サブプライムローン問題を発端に起こったリーマンショックでは、恐ろしい程の株価下落が起こりました。今思い出してもそれはそれはものすごい下落だったように思います。 二枚舌を使う投資顧問でさえ完全に白旗を上げた相場だったのです。 リーマンショック相場は誰にも読めない 2007年には18000円だった日経平均株価は、2008年9月に起こったリーマンショックからしばらくして7000円を割り込むまで売られました。もちろんアメリカ市場も暴落していました。 サブプライムローン問題記事にも書きましたが、日経平均株価が180 ...

2019/5/16

サブプライムローン問題に学ぶ常識の破壊とデイトレのチャンス

2007年末から表面化してきたサブプライムローン問題。この頃からNYダウ、日経平均株価ともに下落の一途を辿りました。18000円程度あった日経平均株価が大きな下落をしていったのです。 当時12000円まで下がると言っていた人は鼻で笑われるような時代でした。 しかし12000円など単なる通過点に過ぎないほどあっさりと割れていったのです。 欧州市場開場とともに下落が始まる 日本市場の開場時間にはそれほど大きな下落を見せないものの、毎日のように16時になると欧州市場が一斉に下げていました。さらに米市場が開場とな ...

2019/5/8

ライブドアショックに学ぶ新興マザーズ指数の下落と小型株の値動き

私がデイトレを始めたのは2006年8月ですので、ライブドアショックはすでに通過していました。しかしライブドアショックは新興市場への不信感を根付かせてしまっていました。 そのため、2006年は夏以降もマザーズ指数、ヘラクレス指数などの新興指数が暴落しました。 新興マザーズ指数の意味を知る 当時はヘラクレス指数、ジャスダック指数もかなり新興市場として大きな意味を成していましたが、現在では新興と言えばマザーズ指数となっていますので、マザーズ指数で説明をします。 マザーズ指数というのは東証マザーズに上場している全 ...

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2019 All Rights Reserved.