株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

WCX

WCXT(WCXトークン)とは|仮想通貨取引所ICOの魅力と買い方

投稿日:

WCXというのを知っていますか?結論から言えばWCXというのは、仮想通貨取引所です。特徴としては全世界をまたにかける大規模取引所で、拠点は香港にあります。

ものすごく簡単に言えば、仮想通貨の海外取引所です。まとめすぎですが・・・。

ただ、日本人の感覚で言えば、「海外取引所」という言葉を聞いて最初に感じるのは「怪しい」ということではないでしょうか?そして2番目に「どうなのかな?」そして3番目に「やっぱり怪しい

私も全く同じですし、これは無理もない話だと思います。今回はこのWCXを「怪しい」のひと言で終わらせていた方のためにも、簡単に!わかりやすく!難しい言葉なしで説明します。

特に最初と最後は簡単なまとめを書きますので、「読むのが嫌い、かったるい」という方は最初と最後だけはきちんと読み、興味が持てれば中もお読みいただければと思います。

スポンサーリンク

WCXトークンをICOで買う意味とは

まず、仮想通貨とトークンの違いをとてもザックリ解説します。仮想通貨は「通貨」ですので、持ってるだけで価値があります。取引所に上場していれば法定通貨に変えられますからね。

対してトークンは、「通貨」ではなく、持っているだけでは価値がありません。上場していればこちらも「通貨」の役割がありますが、上場していなければただのお飾りです。

しかし、企業が発行したトークンには、その発行した企業がメリットを付与することで、「価値」より「意味」を持たせてくれます。

今回ご紹介しているWCXというのは仮想通貨取引所(交換所)であり、取引(交換)手数料を得て運営する形式になります。この交換手数料で得られる利益を、トークン所持者に分配します。

このWCXトークンにはそういう意味を持たせています。これは株式に近い性質ですね。非常に面白いと思います。あとは一口馬主なども近い性質だと思います。

自分で仮想通貨取引所を作ることなんて出来ない。でもそこに出資することで、毎月手数料の一部を配当として受け取ることが出来る。つまり、ミニ取引所を運営しているような感覚です。

では、出資出来る会社であるWCXについてきちんと見ていきましょう。

また、COMSAについては記憶に新しいですね。COMSAは持っていれば、今後COMSAを使ったICOに参加した際、5%ボーナスがついたり、一般公開されないクローズドICOに参加出来る。

こういう「意味」「メリット」を持たせています。COMSAに興味がある方はこちらをご覧下さい。

COMSA(コムサ)とは|仮想通貨ICOクラウドセールの魅力と買い方

COMSA(コムサ)って聞いたことありましたか?私は知りませんでした。仮想通貨を取引していたりすれば知っているのでしょうけど、そうでない人には全く知らないものでしょう。 細かい説明をじっくり読める自信 ...

続きを見る

WCX取引所の特徴とは

日本国内の取引所も最近はかなり増えていて、上場企業も多く参入してきたので、安心感も出てきました。このWCX取引所はどのような特徴があるのでしょうか。

  • 10倍安い手数料(実際はそこまでではないもののとても安い)
  • 顧客資産が安全(取引所が攻撃を受けても資産が安全)
  • 最強サーバー(Zaifのようにサーバーダウンはしない)
  • 世界規模の大規模取引所
  • カスタマーサポートが充実

10倍安い手数料

このような特徴ですね。まず、手数料は本当に調べてみると安いです。ただ、国内取引所も多くの企業が参入してきていますし、今の国内の流れはいずれ値下げ競争になるような気もします。

ならば、日本人が絶対WCXを使おう!という流れになるような特徴ではないですね。ただ、現時点ではスキャルピングに近いようでデイトレードを仮想通貨でするのならWCXにすべきです。

顧客資産が安全

GOXと揶揄される事件が過去にありました。マウントゴックスという取引所がハッキングなどの攻撃を受け、顧客資産である仮想通貨が消えてしまったというものです。

このWCXは顧客資産の98%は分離保管されているため、そういう心配がないそうです。これは重要ですね。

最強サーバー

トレーダーにとっては、手数料よりもこちらの方が大きいでしょうか。突然パソコンが壊れたかのように取引所の数字の動きが止まる。まさに恐怖の瞬間ですよね。

こういった機会損失がなくなるのはとても良いことです。秒間100万アクセスがあっても耐えたというテスト実績があるそうなので、これは文句なしでしょう。

WCXTをICOする意味とは

WCX取引所公式ページを見ていただければわかりますが、本当に世界各国で告知されていて、世界規模の大きな取引所になっています。それゆえ、日々の発生する手数料もすごくなることでしょう。

WCX取引所は究極の薄利多売で運営しようとしています。

より安全に、よりスピーディーに運営するため、その運営費用を調達するICOが行われるわけです。

そしてICOに参加し、WCXトークンを所持してくれた人には、手数料を配当として渡します。と公言しているわけです。これは、仮想通貨取引所を、Wikipediaのように運営する感じです。

世界の皆が顧客であり、世界の皆が運営者

こういう画期的なシステムを作ろうとしているのが、このWCXです。

いかがでしょうか。実はこのWCXT、すでにCOMSAの3倍以上の人数が登録しています。まさに世界規模のICO案件となっています。そういう意味では、時価総額も大きくなりそうです。

つまり、短期値上がり目的の投機的、ギャンブラー志向の方には向かない案件です。

WCXTに投資をし、トークン自体の値上がり、値下がりは気にせず、毎月手数料収入を得て、ある程度満足したらトークンも売ってしまう。こういうのんびりとコツコツ稼ぐのに向いています。

WCXトークンのメリットとデメリット

上記のように、メリットとしては毎月手数料の配当をもらいつつ、そこまでトークン自体の価値も大きく変動しないでしょうから、一喜一憂せず、ゆっくり稼ぐことが出来る点です。

多くの人が参加しているから安心・安全が約束されるわけではありませんが、きちんと日本語のホワイトペーパーもあり、国内最大規模のICOであるCOMSAの3倍以上登録人数がいる。

これだけでも安心材料にはつながります。

ICOというのは、安心な案件なら、安心な案件であるほど、リターンは大きくありません。リスキーであればリスキーであるほど、何十倍ものリターンになる可能性は高まります。

しかし、リスキーであることの代償として、上場せず、最後まで価値を持たない可能性も高まるわけです。

リスクはないけど、何十倍にもなるかもしれないなんていう都合の良いものはありません。そこだけは投資をする者としてきちんと理解しておく必要がありますね。

このWCXは、リスクがあってもいいから激しい値動きに期待したい、という人には絶対向きません。ですから短期狙いの人にすればそれがデメリットになってしまうでしょう。

ただ、このプロジェクトそのものは絶対に面白いですし、WCXトークンに参加するだけで、ICOに投資せずとも500円分のトークンがもらえます。

最初にもらった500円分のトークンだけ握りしめて行く末を見守るのも面白いでしょう。

おすすめWCXトークン計画まとめ

このWCXトークンは、上記のように、登録するだけで500円分のトークンをもらうことが出来ます。それを握りしめていれば、本当に微々たるものでしょうけど、手数料分配もあります。

WCXトークンを多く買えば買うほど手数料の分配が増えるのは当然ですからね。これはマンション経営などの家賃収入システムにも少し似ていますでしょうか。

WCXを取引所として使うかどうかは人それぞれだと思います。私は今のところ使うつもりはありません。なぜなら国内の取引所にもたくさん良いところがあるからです。

確かに手数料は高いですが、前述したように、多くの上場企業も取引所というサービスに参入してきましたので、手数料の値下げ競争は、そう遠くない未来に起こると思っているのも大きいです。

国内取引所には、それぞれ取引所ごとに「ウリ」となる要素があります。これをきちんと理解することで、自分がどの取引所をメインに取引するべきかを正しく判断出来ます。

  • coincheck(国内最大のビットコイン取引量でサーバーも最強クラス)
  • Zaif(COMSAなどのトークンを売買するならここしか出来ない)
  • ビットバンク(大人気のリップルを板取引出来るのはここだけ)
  • GMOコイン(上場企業で安心、イーサリアムの手数料が断然安い)

私は上記4社を取引したい通貨によって使い分けています。今のところは上記4社さえ登録しておけば、手数料もうまく抑えられるシステムになっていると思います。

多くのサイトではたくさんの取引所が紹介されていますが、多すぎても自分で管理が難しくなります。資金の分散にもなってしまいます。

必要最低限の取引所があればいいと思います。上記の中では、特にcoincheckとZaifだけは必須取引所なので、「4社でも多い」と思う方でもこの2社だけは絶対に口座開設しておきましょう。

話は逸れましたが、WCX取引所についてです。

日本国内にはこれだけ優秀な取引所があるわけですから、よほど大量の取引を毎日行う人でなければ、WCX取引所をメイン取引所に変更する必要まではないのでは?というのが私の結論です。

それはWCXトークンICOセールに参加しないという意味ではありません。

WCXトークンさえ持っていれば、運営側として手数料が分配してもらえるわけですからね。これは私のようなデイトレーダー、スキャルピングのコツコツ派からすると非常に興味深いです。

海外ということなので、大きく買うほどの勇気はありません。

ただ、ICOというのは夢を買うものだということはここ数か月できちんと学びましたので、登録するだけでもらえる500円分のトークンと、少量の追加購入に留めて買おうと思います。

勝負というより、参加して楽しむような意味合いですね。

私はすでにCOMSAで勝負していますので、しばらくは勝負という金額は突っ込めませんので。

WCXもCOMSAと同様に、登録に必要なのはメールアドレスのみです。メールアドレスを登録して、確認メールで承認クリックをすれば完了なので、まずは参加だけでもしてみて下さい。

WCXT参加はコチラから

まとめ

実はこのWCXトークンについてはかなり前から私は知っていました。しかしCOMSAを徹底的に調べただけでも相当な労力が必要だったので、このWCXを調べることから逃げていました。

しかし今回きちんと重い腰を上げ、10時間以上かけて調べ尽くしました。世の中には信用性の薄いICOもたくさんあるということも再確認しました。

その上で、当サイトで記事に出来るのは現在これしかないな、ということでWCXトークンについて取り上げました。今後もきちんと調べて、私自身が安心出来ると判断したものだけを掲載していきます。

お付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-WCX

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.