株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

考え方・練習方法

税理士の先生から学ぶデイトレード上達への道|甘さと努力

投稿日:2018年5月30日 更新日:

今回は私がお世話になっている税理士の先生との会話の中から得たデイトレード上達へのヒント、そして上達しない人の考え方など、思うところを書いていきたいと思います。

デイトレと直接的な因果があるわけではないので、番外編のようなものですね。

スポンサーリンク

税理士を目指す人とデイトレーダーを目指す人

全く違う道ではありますが、税理士の先生の経験談を聞いていると、1つの道を極めよう、その道で生活していこう、その仕事に就いて続けていこうという考え方は同じに感じました。

ご年配の方なのですが、とてもお元気で毎月の面談では何時間もお話して下さいます。

先生のお話によると、やはり「出来る人」というのはいて、見ていても頭の作りがそもそも違うのではないかと感じてしまうこともあったそうです。いわゆる天才肌ですね。

デイトレの世界でもそういう人はいますよね。

授業料と言われる最初の数か月、数年の負け期間をほとんど経験することなく勝ち組トレーダーとして成功されている方はやはりいます。

しかしそれはほんの一握りしかいないわけで、大半は努力の繰り返しで成功を目指します。

努力とひとことで言っても、そこには大きな差があり、どう考えても怠けていてやる気のない人や、やる気はあっても勉強の仕方がわからず結局怠けてしまう人。

勉強の仕方がわからなければ積極的に調べたり、聞いたり出来る人。

やはり結果には大きな差が表れたそうです。

モチベーションの持続

先生のお話の中で、これは本当に深く共感したのですが、1つのことを長くずっと続けるというのは、それだけで大変なことだということです。

これはもちろん、税理士になるための道のりもそうですが、税理士になってからもずっと生涯の仕事として付き合っていくことは本当に大変なことなのだというお話です。

時には大きなストレスを抱え、辞めたくなることも多々あったそうです。

税理士を目指していた時の仲間や、税理士での集まりなどは、やはりモチベーションの維持につながるそうで、そういう意味でも税理士を目指す人には学校を勧めるそうです。

自分自身で出来る人には必要ありません。

しかしほとんどの人が自分自身の力だけでそれが出来ないわけです。

家で集中して勉強しているつもりでも、それが続かず、少し休憩のつもりで何か違うことを始めたが最後、そこでその日の勉強が終了になってしまうこともあるでしょう。

税理士を目指す人にとっても、その勉強が必ず実を結ぶとは限らず、デイトレーダーを目指す人にとっても、努力が必ず実るとは限りません。もちろん他の職種も同じですね。

ふと、「今自分がやってることに何の意味があるのだろう?」と考えることもありますよね。

そんな時、同じ道を目指す仲間がいることで刺激ももらえ、ライバル意識のようなものが持てれば、モチベーションを維持するのには大きな意味があります。

そういう意味でも株のオフ会や学校は一役買うことでしょう。

株式投資セミナーやデイトレードオフ会に参加で勝てるようになるのか

今回は株のセミナーやオフ会で勝てるようになるかどうかについてです。結論を最初に言ってしまいましょうか。 わかりません 何を偉そうに「わかりません」なんて書いてるんだって思わないで下さい。なぜ、わかりま ...

株式投資の学校クチコミレビュー紹介|投資スクールの無料体験授業

デイトレーダー養成、株式投資の学校について考えていきます。実際に投資スクールに通った方からも話を聞いて書いていますので、是非参考にしてみて下さい。 学習塾のような無料体験授業まであるのはすごいですね。 ...

挫折する人の甘え

何度か書いてきたことですが、もう一度書きたいと思います。

もし、あなたがデイトレーダーを目指していて、行き詰まり、この先どうしていいかわからず、デイトレーダーを諦めようか考えているとしたら、それに近い状態だとしたら・・・

  • 「あなたは本当にやるべきことを全て試しましたか?」
  • 「限界まで頑張った上で諦めるのだと言えますか?」

これに自信を持って「はい」と言えるのであれば、それは英断だと思います。

人にはどうしたって向き不向きがあるので、無理なものを無理と思える、言わばデイトレーダーへの道をロスカットする決断が出来るというのも1つの才能だと思います。

不向きだと感じながらも、ダラダラとデイトレーダーを目指すよりも、早い段階で自分に合う仕事を探すことが出来るので、良い判断になるかと思います。

しかし、自信を持って「はい」と言えない人はどうでしょうか。

税理士を目指す人の中にも、明らかに怠けていて、考え方も甘い人はいたという話でした。

また、大きく共感した部分ですが・・・

税理士試験が近付いてきた時「今年はもう無理だし、来年に賭けるわ」

と言って、努力をそこでストップしてしまう人もいたらしいです。「来年に賭ける」と言っておきながら陰で猛勉強するタイプがいるのも事実ですが、本当に諦める人もいます。

「今年ダメでも来年がある」という状況に対する甘えです。

本当の意味で自分を追い込むことが出来ていないのです。

デイトレーダーも同じですね。今月ダメでも来月があり、再来月があります。

そう、種銭が、お金が続く限り永久に挑戦権があるので、お金の面で本当に追い込まれない限り、自分に対して甘い考え方をしてしまう人は本当に多くいます。

私自身も本当にそうだったので、残り40万円しかお金がなくなるまで勝てるようになりませんでした。

今でこそ私は8:30~15:00以外は株のことをほとんど考えない生活になりましたが、勝てるようになるために必死になった時代は、寝ても覚めても株のことばかり考えていました。

どんなパターンがあるかなど、自分でチャートを書いてみたりもしました。

「イマ」の私を見て、楽して勝ってるように見えるかも知れません。

そのこと自体は否定しません。

しかし、楽して稼ぐために行った努力は並大抵のものではなかったということは言わせて欲しいところです。

私の大損エピソード

まとめ

デイトレーダーで生活をするというのは、言わばプロになるということです。

プロ野球選手、プロサッカー選手、プロの音楽家などを見て下さい。

デイトレにおいて、そのレベルにまで到達しようという意味なのです。

そんな簡単にそのレベルに到達出来ると思いますか?税理士の先生の昔話を聞いて、自分の中に今もある甘えた部分もきちんと直していきたいと思いました。

最後にもう一度お聞きします。

あなたは株で勝つために、デイトレで勝つために・・・

「全ての努力をきちんとした」「怠けることなく努力を続けている」「15時以降に飲みに出掛けたりせず(気晴らしは除く)株のことをきちんと考えている」

自信を持ってそう言うことが出来ますか?

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-考え方・練習方法

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2018 All Rights Reserved.