株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

株式相場格言

株の総合格言

更新日:

今回は株に関する総合の格言です。デイトレードのみならず、多くの面で感じてきたことをまとめて格言として書いていきます。

少々「格言」というよりは「箇条書き」にして、補足説明文をつけるといった形になっていることをご了承下さい。文字だけの世界なので誤解なく伝わるように書きたいと思うがゆえの書き方になります。

スポンサーリンク

相場は物の怪

相場は物の怪、妖怪です。常にその姿かたちを変えていくものです。前日まで問題なく勝てていたものが、突然勝てなくなり、そのまま不調に突入してしまうケースも多々あります。

決算などのサイクルも要因にあるのでしょうか、大体2~3か月周期で大きく転換しているように感じます。勝てなかった人が突発的に数か月だけ勝ててまた全てを失うというのもよく目にしますね。

元々このサイクルには気付いていたのですが、特にこの格言を痛感したのは2016年の1~4月でした。私の経験をお話させていただきますが、2015年までと違い、少々多くの利益を出したいと考えました。

そして2016年1~3月で300万オーバーの利益を出すことが出来ました。1月の途中から急激に調子が良くなり、多く勝てるようになりました。そしてこの時考えました。

3か月続けば本物

このような考え方になるのもわかりますよね。他の業界であればむしろこういう考え方は正しいと思います。しかし株、デイトレードの世界では違いました。4月になってたったの3営業日で60万円近く負けてしまったのです。

GDJ / Pixabay

それでも取り戻せると楽観的に考えていましたが、週に1回は負けるなど、それまでとは違いやりにくさを感じていました。結局4月は4万強の勝ちまで盛り返したのですが、厳しい月でした。

そして5月も18日の段階でまだマイナスでした。このまま不調が続くのかと思いましたが、後半やや盛り返し、6月に入るとまた90万オーバーの利益が出せました。

まさにやりやすい相場、とやりにくい相場のサイクルがあるのだと再確認しました。そしてその姿は2つ3つなんかではなく、ものすごく多くの姿を持っていると思います。

ですから武器となる手法は必ず1つ2つと必要ですが、それだけでなく、他の手法もいくつか引き出しに入れておく必要があります。そして必要に応じてどれを使うか考えるのです。

もちろん、以前の記事で書きましたようにあれもこれもマスターしようとするのは良いことではありません。自分で「これだけは負けない」という武器を作るのが最良手段です。

そしてそれが完成したら、自分の手法が通用しない相場に出会った時、どうすればこの相場でも負けないのかをきちんと考え、学び、次に同じような相場になった時、乗り越えられるよう引き出しに入れる必要があるのです。

好調時より不調時の過ごし方が大事

好調時や、地合いが良い時は誰だって勝てます。むしろリスクを気にしない分、素人や普段負け続けている人の方が大きく利益を伸ばす時期もあります。

大事なのはそのように誰でも勝てるような相場の時より、地合いが悪くなったり、暴落時、いかに資金を減らさずに過ごせるかです。我慢をすればいずれまた勝てる周期がきます。

しかしその頃までに負けて資金が減ってしまっていてはあまりにもったいないです。相場は今日だけでなく明日も明後日もあるのです。「イマ」勝つことだけにとらわれず、総合で勝つという考え方を持ちましょう。

株はデビュー時期で考え方が違う

私は2006年デビュー組です。ライブドアショックの後でした。当時まだマザーズ指数は1500ptくらいありました。それが2年少々で300ptも割れ、そこから2012年まで4年間も低迷し続けるのです。

指数平均で5分の1ですから、新興小型株にスポットを当てれば10分の1、20分の1に値下がりする銘柄も珍しくなく、倒産、上場廃止の銘柄も何社も見てきました。

このような環境で株ライフを送ってきた人間が「株は儲かる」「株は上がる」という思考を持てるでしょうか?私は持てませんでした。ですから今でも私は「株は下がるもの」と思い込んでいます。

しかし、それゆえに逆張り投資法、スキャルピング投資法と出会い、ズレ手法を考案することも出来ました。そしてその時代を乗り越えてきたからこそ、ちょっとやそっとの暴落には動じません。

株は上がらないと思っているので、大儲けすることは放棄してしまいましたが、その反面安定的な利益を手にすることが出来ました。この悲惨な時期を乗り越えた2006年デビュー組は生存率が非常に高いと思っています。

また、2012~13年組は一気に富を築いてカリスマトレーダーとなった人も多いと思います。そのまま突っ走る人もいるけれど、全てを失ってしまう人も多かったように思います。両極端ですね。

なぜなら「株は上がるもの」と思っているため、下落相場でも強気に買い向かってしまうからでしょう。さて、2016~2017年あたりにデビューした組は株に対してどのような印象を持つのでしょうね。

もちろん相場環境に左右されることでしょうから地合いに注目ですね!

まとめ

いかがだったでしょうか。株に関しては本やDVDなどの一切を見たことがなく、全て独学ですので、全てが実体験に基づく格言となっています。色々な格言が生まれるほど、日々色々なことがある株式市場です。

生き残って楽しい株ライフを是非送って下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-株式相場格言

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.