株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

暴落パニック相場

暴落相場・パニック相場の魅力|ズレ手法を使った勝ち方、稼ぎ方

更新日:

暴落相場では、大きなリスクだけでなく大きな魅力も同時に存在します。ここで大活躍するのが、私オリジナル手法のズレ手法になります。もはやズレズレズレ手法を使う必要があるかも知れません。

ズレ手法についてはまずこちらをご覧下さい。

ズレ手法について|Rオリジナルのデイトレ株投資手法を伝授

今回はズレ投資法について書いていきます。この「ズレ手法」という手法は、2017年5月18日現在、どこを検索してみても扱っているページがないので、Rオリジナルの投資手法になります。 スポンサーリンク ズ ...

続きを見る

では開設していきますね。

スポンサーリンク

暴落相場・パニック相場での勝敗

暴落相場になると、90%くらいの人が負けてしまうと思います。

もちろん空売りをメインにしている人からすると大チャンスですが、ほとんどの人は買いをメインにしていると思いますので、やはり厳しい相場となることでしょう。

そして負けてしまう人の内分けを考えても、50%近くの人が大負けになってしまっている可能性が高く感じます。

ただ、そうなってしまううちの、ほんの一握りの方は、バブル相場で大きく利益を伸ばすことが出来るタイプのはずです。そういうタイプは暴落相場で少々負けても構わないと思います。

暴落相場でそこそこ負けるくらいの根性がないと、バブルで大儲けすることも難しいでしょうからね。

問題は、バブル相場で大きく取れることが出来ない上に、暴落相場、パニック相場でお付き合いして大負けしてしまうタイプです。

これは退場という足音も聞こえてしまうタイプでしょうから、きちんと対策を練る必要があります。

セリクラなくして反転なし

全体的に暴落する相場では、セリクラ、セリングクライマックスですね。売りの最高潮ということになります。これなくして本当のリバウンドはありません。

ですが、恐怖心や逆指値の発動などで、本格的な反転でなくても、チャンスはぼろぼろ転がってくるものです。そこで2つの戦略が考えられます。

  1. 個別銘柄でのオーバーシュートを拾って細かく利食い
  2. 全体の大底を読んでベルボトム買い勝負

1番に関しては、指数の暴落時ではよく起こることです。

「もういいや!」「もう限界だ」「株なんてやめた」そんな捨て台詞とともに投げる時、あまり価格など関係なく売ってしまうものですから、個別でのオーバーシュートはそこかしこで起こります。

  • 指数は悲惨だけど、さすがにここはやり過ぎでしょ!

こんな銘柄を発見するたびに買えばいいだけです。実際、指数に反転がなく、さらなる続落があったとしても、その銘柄だけは一時的に戻したりするケースは多く見られます。

欲張ったら次の下落に巻き込まれるので、すぐにリカクをおすすめします。

ベルボトム作戦のメリット・デメリット

2番はもう、指数や全体相場が反転することを見据えて仕込むパターンです。

「ベルボトム」という古い表現しか思い浮かばず申し訳ないのですが、下に行けば下に行くほどロットを上げていくイメージで、最初はほんの少しの打診買いから始める戦略です。

私はこれをよく、「肉を切らせて骨を断つ作戦」とブログで表現しています。ベルボトム作戦に改名しましょうかね。

ベルボトム作戦のメリット

  • 底が自分の予想より上にズレていても、利益が出ることに変わりないので、勝率抜群
  • 自分の考える一番下がちょうど底だった時、大きな戻りで最大の利益を得ることができる

ベルボトム作戦のデメリット

  • 自分の考える一番下より下があった時、計り知れない恐怖を味わう
  • 自分の考える一番下より下に行き、なおかつ反転が一切なかった場合は壊滅的大負けになる

ズレ手法のズレレベルをMAXに上げる

こういう相場ではズレ手法が絶対有効です。いつものような感覚で指値を入れるとあっさりと巻き込まれて大事故クラスのクラッシュになります。

そういう意味でも、やや安全にズレた指値を入れるのが基本になります。

しかしながら、本当に全体を巻き込んでの大きな下落になった場合、ちょっとやそっとのズレでは対抗出来ません。上でリンクを貼ったズレ手法を読んで下さい。

そして番号にして1~2つズラすだけでなく、もう3~4つズレた位置で指値を入れる形で構わないと思います。

買えなくてもプラスマイナス0です。上で買って巻き込まれた場合は大ヤケドですからね。

ズレ手法にベルボトム作戦を組み込む

この二重作戦を使えば、暴落相場、パニック相場での利益を最大化することが出来ると思います。事実、このパニック相場では

いったんノーポジ

を合言葉に、周りよりも落ち着きを持って臨めば、まず負けることはないと言っていいくらい実は勝てる相場なのです。そのためにも冷静さが一番です。

そして大きく取ろうと思うのであれば、やはりズレ手法+ベルボトム作戦で、勇気を持って買い下がって下さい。きちんと反転が起こった場合、欲張るかどうか迷う暇なく含み益が爆発します。

臆病ビビリトレーダーの私が唯一大きく取れる可能性がある相場、それが実はこの暴落・パニック相場なのですから。

前回の暴落相場記事も是非お読み下さい。

暴落相場・パニック相場の心得

今回は暴落相場での勝ち方についてです。あまり前のめりになるのも良くないので、暴落相場、パニック相場でいかに大損を回避するかというのを最初に考えましょう。 そしてそれを理解した時、その先につながると思い ...

続きを見る

まとめ

いかがだったでしょうか。この暴落パニック相場は、予想出来ていればこれほど勝ちやすい相場はないくらい簡単です。しかし、最大のポイントは、いつくるかわからないところです。

いつくるかわからないから皆負けてしまうわけです。ですから、気付いたのであれば、どんなに含み損があっても、いったんノーポジで落ち着くことを考えましょう。

それが出来るだけで劇的に変わるはずです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-暴落パニック相場

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.