株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

ICO情報

REGAIN(リゲイン)初配当情報|上場前収益に5%ボーナス情報アリ

更新日:

REGAIN(リゲイン)についに初配当が実施されました。昨年2017年12月に発表された仮想通貨ICOプロジェクトであるREGAIN。ビットコイン(BTC)のマイニング事業プロジェクトです。

詳しい説明はこちらの記事をご覧下さい。

REGAIN(リゲイン)とは|仮想通貨ICOマイニング報酬付きREGトークン

え?リゲイン?REGAIN♪リーゲイン♪ぼーくらの・・・栄養ドリンクじゃないの?と思ったあなた!私と同年代です。 12月22日12時よりICO第1段階がスタートするREGAIN(リゲイン)のICO情報 ...

続きを見る

非常に魅力的な事業内容であるものの、一見メリットでもある高額配当のリターンが、あまりに高額過ぎるため、詐欺ではないかという疑念も多く生んだプロジェクトです。

スポンサーリンク

REGAIN(リゲイン)初配当の結果

まずは結論からいきましょう。私のリゲイン出資額は、上記記事内容でスクリーンショットを載せていますが、日本円換算で約550~600万円となります。

5万USドル以上のREGトークンを購入すると、配当金額が5%アップするというREGAINの特徴を考え、勇気を出して高額出資をしました。もちろん詐欺であれば大打撃です。

多くの不安の声、詐欺と煽る声を乗り越え、REGAINは4月15日に初配当が行われました。

こちらになります。4月は半月分の配当となり、5月からはこの2倍の量が配当されるそうです。

今月は550万円少々の出資金で23万円の配当になりました。このレートであれば5月15日には45~46万円の配当になる予定です。これはとんでもない月利になりますね。

第1期セール時と比べ、BTC価格は3分の1程度にまで落ち込んでしまっていたので、配当利率も大きく落ち込むとの観測が出ていましたが、ここに来てBTC価格が急速に戻してくれました。

それもあってこの高額利回りが実現したことになります。

この配当は、文字通り不労所得ということになります。

早いもので、REGAINのICOに出資をしてからすでに4か月が経とうとしているわけですが、今日という日を無事に迎えたことで、しばらくの間は配当が来るだろうという安心感が持てました。

毎月40万以上の配当・・・少し働く気が薄れてしまいますね。

こちらのBTC配当ですが、REGAINマイページに付与され、それを日本円にしたい場合は、自分の外部ウォレット経由か、直接日本の仮想通貨取引所に送金し、日本円に出来ます。

当たり前と言えば当たり前なのかも知れませんが、こういった配当は、そのBTCを自由に日本円にするなど、個々の自由に出来るかどうか、制約の有無も大事な焦点になります。

REGAIN配当はもらったら自由に出来るので満点ですね。

配当でもらったBTCでさらにREGトークンを買い増したい場合も、REGAINマイページより簡単に出来ます。

REGAIN(リゲイン)は第2セール中

最初の記事でも書いたように、初配当とICO第2フェーズの期間を被せているのは恐らく意図的でしょう。初配当をきちんと実施することで、安心してもらい、参加をしてもらう。

そんな流れを考えてのスケジュールだと思います。

確かに仮に詐欺案件であっても、第4セールまでは自転車操業的に配当を出すことは可能であり、そこまでは配当が続く可能性は高いという見方もありました。

実際に私もそういう思いがあって第1セールから自分の限界値まで購入したわけです。

しかしながら、いくらそうとは思っても、1度怪しいと思ってしまえば第1セールでも第2セールでもなかなか手が出ないものと思います。これは本当に判断が難しいですね。

投資という世界に、明確な正解は存在しません。

REGAINへの参加は早ければ早いほどリターンが大きいと考え、第1セールや第2セールで買い込むのもありですし、少しでも安心材料を集めておき、第3、第4セールで買うのもありです。

また、上場を待ってから買って長く持つ人が最も利益を出す可能性もあります。

このように、何が正解で、何が不正解になるかは誰にもわかりません。

全ての称賛、批難も結果を見てから行われる結果論に過ぎません。

大切なのは、どんな結果であれ、納得し、受け入れられると思う判断をすることです。

買い煽りに乗せられて買ったものの、詐欺だったとなれば後悔することでしょうが、詐欺だ詐欺だと言われ、出資を中止した案件が優良案件だった場合はそれ以上に後悔するかも知れません。

お金の判断は本当に大切ですので、後悔なき判断が出来るようにしましょう。

REGAIN(リゲイン)の近況

REGAIN(リゲイン)は第2セール中ですが、ICOの斡旋業者が現在業務を停止しているため、宣伝活動を独自で行うようになりました。

そのため、メールなどでは以前よりも買い煽るようなものが来るようになりました。

少し日本語的におかしな部分もあるのですが、これは海外企業ゆえでしょうか。

確かにICO案件というのは、10倍になる、100倍になるなどの誇大広告は以前から多く見受けられますが、その多くは仲介報酬目当ての人の記事だったと思います。

運営自体が買い煽るICO案件というのはあまりなく、私個人としては良い印象を受けるものではないので、運営自らが買い煽るようなメールは今後出来たら控えて欲しいと思っています。

このままきちんと配当を続けていってくれれば、それだけで何も言わずとも大きな宣伝材料になるはずですからね。

実際このまま配当が順調に行われれば、月利10%近くになるわけで、そうなれば多くの雑誌やサイトで自然と大きく取り上げてもらえるのは間違いありません。

宣伝は宣伝屋やクチコミに任せ、運営自体は、良いクチコミがされるように本業を一生懸命し、出資者に高額利回り配当を続けていくことで、ウィンウィンウィンを目指して欲しいですね。

REGAIN(リゲイン)配当は無事に着金

15日深夜、配当は行われたものの、外部ウォレットに向けての送金処理はまだ「送金待ち」というステータスになっていて、実施されていませんでした。

そのため不安の声も多く出ていたようです。

しかし元々、送金まで1週間程度かかることがありますという注意書きもありました。

そして実際には2日程度経過した17日22時頃、多くの人から着金報告がありました。

私自身も21:58付けで仮想通貨取引所内に着金確認が取れました。

早速日本円にして出金処理も済ませました。

私は第1期で限界まで買い込んだので、仮に買い増しをするならば、最もおいしい第4期にすることになります。

第4期は、第1期~第3期で購入した人に優先的に購入権が付与されるので、もしも現時点でREGトークンを持っておらず、第4期で買いたいという方は少量だけでも買っておくというやり方もありです。

こういう高配当案件は、「いつまで配当が続くか」という不安は常につきまとうわけですが、いつまでも不安になっていたり、不安を煽る言葉で尻込みしていても仕方ないと思います。

不安ならば買わない、それでも魅力が捨てられないならば早い段階で買う。

この2択になると思います。いずれ買うのに「イマ」買わないというのであれば、それは配当機会をどんどん失っていくことになるわけですからね。

まとめ

ついに待ちに待ったREGAIN(リゲイン)の初配当が実施されました。

初回は半月分ということでしたが、十分に満足のいく配当量でした。来月からは2倍の量が配当されるかと思うと、久々に熱い思いがあふれてくるのを感じました。

来月も楽しみにしたいと思います。

REGAIN(リゲイン)ICO登録はコチラ

登録するだけならお金もかかりませんし、ICOマイページも無料で作られ、中身を見ることが出来ますので、中身を見るという目的で登録してみるのもありかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-ICO情報

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2018 AllRights Reserved.