株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

私のトレード手法

私が株のデイトレで勝てる理由

更新日:

今回は私が株のデイトレードで勝てる理由について書いていきます。こういう話題の時はどうしても先に触れておきたいことなのですが、私は兼業で、ワンショット40万程度のロットです。

大儲け出来る器はありません。兼業で家計を賄う、小遣い稼ぎという面では十分過ぎる利益を出せますが、いわゆる一発当てるというような株の魅力を実現するような力はありません。

ですから、兼業として、月に50万くらいとして勝ち続けられる理由、という気持ちでお読み下さい。

スポンサーリンク

上がる株に興味を示さない

あまりに行って来いチャートに慣れてしまったため、私は急上昇する株に大して興味を示しません。興味がないと言ったら嘘になります。もちろん興味はあります。

しかし、行動として興味を示すことは滅多にありません。

それにより、大きな値幅を取れる機会は極端に減ってしまうわけですが、代わりに、短時間で大負けするようなドカン・・・ドンガラガッシャーンという負け方をする機会も極端に減らすことに成功しました。

コツコツドカンのドカンを減らすというのは、メンタル面で追及するとかなり難しいので、こうして物理的に改善するところから始めるのは理にかなっていると思います。

行って来いチャートの典型ですね。

上がる株を探すのは至難の業

上がる株はどれかな~?と探して見つかるのなら苦労はしませんよね。

チャートとにらめっこし、板も見て、念入りに業績も調べたりして、やっと上がると「思える」株を見つけるわけです。しかし、そこまで考えても下がること・・・多いですよね。

私は予想すれば予想するほど、逆に行くケースが多いです。

これはもう被害妄想の域を超えるのではないか、というくらい、上がると思った株がすぐに下にいってしまうのです。共感してくれる方も多いと信じています(笑)

アルゴリズムの仕業

実はこれ、被害妄想だけではないと思います。特に多いのが・・・

  • 買った瞬間下がる
  • 売った瞬間上がる

いかがですか?これ、多い!と思いませんでしたか?

売った後しばらくしたら上がってしまった!

含み益で売らなかったら下がってしまった!

あくまでこれらとは別物です。上記は、まさに買った瞬間、売った瞬間のお話です。もちろん、同方向にぶっ飛ぶケースもありますね。

これらは、あなたの、私の行動が引き金になってセットされたアルゴリズムが発動するわけです。ですから、板にある上値を買う、下値で売るという行動を取る場合、このアルゴリズムの発動を誘発してしまい、「なんだよ!」という結果になるのはある意味必然なのです。

まぁ、私の場合は行動ではなく、単純に予想しただけでも逆方向に行くことが多いので、もう素直に予想するのが下手過ぎるということでしょう。

上がった株を見つけるのは簡単

はい、当たり前ですよね。ランキングを見てもわかりますし、銘柄大量監視のマルチモニターを使えば容易に発見出来ます。

しかし意味なく急騰を見せた株の半数以上は、上記のような行って来いチャートを作ります。私の妻はこのチャートを「イカチャート」と呼んでいました。

この写真では見えないかもしれませんが、行って来いチャートを見続けていると、なるほど確かに「イカだ」と思える瞬間があると思います(笑)

さて、上がった株を見つけて何になるのか。イカチャートが完成しないことを願って押し目買いをしますか?

はい、します。

しますけど、それは心が弱い方に流れている時が多いです。ここで私が勝てる理由として書きたい部分ではありません。私が書きたいのは、これを応用するということです。

下がった株を見つけるのも簡単

同じ理屈ですよね。マルチモニターで銘柄大量監視をしておけば、簡単に見つけることが出来ますよね。

では、この下がった株を見つけて何をするのでしょうか。

上がる時より、下がる時の方が理由を伴うケースが多いので、多少注意は必要になりますが、地合いの悪化などが理由であればそこまでビクビクすることはありません。

意味なく上がった株が行って来いチャートを描くのなら、意味なく下げた株がV字回復し、V字チャートを描く可能性だってあるわけです。

私はここに目をつけました。

上がるではなく、戻るを合言葉に

そうです。私は上がる株を狙っていません。なぜなら前述のように予想があまりにも下手だからです。上がると予想して買ってしまうと、変に自信を持ってしまい、ロスカット出来ません。

ロスカット出来ないままに大きな含み損になる時の多くは、自分で上昇のシナリオを持ってしまっています。なかなか自分のシナリオを変更出来ないのです。

ですから上がる予想はしません。

代わりに、「戻る」予想をするのです。

数分前は〇〇円だったのが、ここまで落ちてきた。なら、少なくとも□□円までは戻すのではないか。

このような予想にしました。すると、この予想もそこまで当たりません(笑)

そこで、感覚がズレているならば、と売りにもズレ手法を採用してリカクするようになりました。

今回はここまでにして、いずれまた、私のトレード手法をさらに深く掘っていきます。

まとめ

ここまで書いてみて、やはり今の私があるのは完全にマルチモニターのおかげだな、と思いました。あの時、弟の助言を聞いて導入したのが大ファインプレーでした。

本当にモニターという環境ひとつでガラリ一変することもありますので、是非お試し下さい。

モニターの利点についてはこちらをお読み下さい。

必見!マルチモニターによる銘柄大量監視最大の利点とは

今回はマルチモニターによる銘柄大量監視最大の利点についてです。この記事は絶対にオススメです。私はこの使い方をするようになってから、明らかにドカンが減りました。 勝つためにも使えますが、何よりドカン回避 ...

続きを見る

次回の手法公開を楽しみにしていて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-私のトレード手法

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.