株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

相場について

強い日経平均と大型株に対して新興マザーズ指数の弱さが目立つ

投稿日:

私はこの10月第2週も結果が出ませんでしたが、スランプスランプと言い続けていても仕方ないので、前向きに自分のターンがくるのをひたすら待ち続けたいと思っています。

好調期間が3か月で終わることが多いのと同じように、やりにくい期間だって3か月以内に終焉を迎えてくれるということを信じて。

スポンサーリンク

日経平均は21年ぶりの高値

いやはや、すごいですね。北朝鮮リスクとずっと騒がれていながら、気付けばスルスルと上昇しています。ただ、そんな日経平均さえかすんで見えるのがアメリカ市場NYダウですね。

トランプ大統領になった時の価格帯を覚えていますか?それ以降史上最高値を更新してからも、ほとんど大きな押しもないままいつまでも高値を更新し続けています。

これほどまでに強いと、私のような逆張り派では手も足も出ないかも知れませんね。

日本でもここ数日は異常なまでの強さを見せていますが、本当にそれは最近のことなので、8月頃からのスランプ要因とは別物でしょう。

ただ、少しやりにくい正体はハッキリしてきたように思います。それは日経平均と新興市場との乖離です。やはりここの連動性が薄いと、値動きの読みに迷いが生じます。

迷いは一瞬の判断を鈍らせ、結果にもそのまま出てきてしまうものです。

行ける!GOだ!

・・・あ、でも・・・

この躊躇が成績に反映しているのだと痛感する一週間でした。

うまくいかないから、自信が揺らぎ、自信が揺らいでいるから迷いが生じ、迷いが生じているから判断が鈍り、判断が鈍っているから成績が悪化し、成績が悪化しているから自信が・・・以下ループ。

これぞまさに負のスパイラルですね。これを断ち切るにはどこから切るべきか。

どこに活路を見出すか考えてみました。

思い切るしかない

成績が伴っていない時期に自信を持つことはどう考えても出来ません。一歩間違えると過信にもなってしまいます。そこで、この負のスパイラルを脱出するなら、迷いを断ち切る!

ここに活路を見出すしかないと考えました。

いける!と思った時、躊躇せずとにかく入ってみること。

ブログ内にも以前書きましたが、デスノートのニアのセリフをモジった「決めつけて買ってダメならごめんなさい(ロスカット)」というのを実行出来るかどうか。

今週の私自身の鍵はここだと思います。相場がどうこうよりも、自分の強さを取り戻すことが先決ですね。

どうなるマザーズ指数

10月第2週のマザーズ指数は本当に不思議な動きでした。すごく強い日もあれば、すごく弱い日もあり、そしてすごく強い日でも弱い銘柄はすごく弱かったです。

もちろん、すごく弱い日でも強い銘柄はすごく強かったりもしました。

月曜日に苦しめられ、決別しようと思ったゲームセクター。これが火曜日も弱かったため、「決別して良かった」となったわけですが、水曜あたりから一気に復活して徐々にイライラ。

木曜には3810サイバーステップがS高まで買われていきました。3758アエリアにもおこぼれ買いが入り、ゲームセクターついに復活か!?という雰囲気が漂いました。

金曜日は全体的に弱くなってきたもののゲームセクターはそれなりに持ちこたえているようにも見えました。「これは月曜から復活もあるか」と思っていたところ・・・。

金曜引け後に出された3810サイバーステップの決算は市場に好感されず、PTSでは大幅安となっていました。これがゲームセクター全体への冷や水となるのか、悪材料出尽くしとなるか。

あまり株価を予想して動くタイプではないものの、これからのマザーズの動き、バイオセクター、ゲームセクターの動きには非常に興味があります。

今後のためにもよく見ておきたいと思います。

地政学リスクにも再注目

10月第2週は米朝の動きも目立ったものはなく、久々に一週間を通して平穏に過ごせたものと思います。ただ、週末あたりからまた少し嫌なニュースも出てくるようになりました。

緊張が高まるようであれば、また新興は売られる流れになるでしょうから注意しておく必要がありそうです。

ただ、日経平均採用銘柄、特に大型株は少しくらい押したところで、倍返しの上昇がすぐに起こりそうでもあるので、ドンと構えておくことも大事でしょうね。

野球のクライマックスシリーズをのんびり見ながら楽しくトレードが出来る一週間になってくれればと個人的には思っています。

また、ビットコインが65万円オーバーの高値をつけました。韓国ではICO禁止という流れも出ていますが、仮想通貨やトークンといった業界の勢いは全く衰えません。

私も個人的には少々横暴な業界と思う面もあるのですが、結局「やったもん勝ち」「やらなきゃ損」という結果になることが多いわけです。

怪しいものであったり、犯罪グレーゾーンのようなものであれば、私も断固拒否ですが、このたび国税庁はビットコインを通貨として認める判断を出しています。

つまり日本という国が認めてしまっているわけですから、「先行利益」を堂々と狙うべし!そう思っています。現在の私の投資先は1つであり、COMSAです。WCXの動向も見ています。

COMSA(コムサ)とは|仮想通貨ICOクラウドセールの魅力と買い方

COMSA(コムサ)って聞いたことありましたか?私は知りませんでした。仮想通貨を取引していたりすれば知っているのでしょうけど、そうでない人には全く知らないものでしょう。 細かい説明をじっくり読める自信 ...

続きを見る

WCXT(WCXトークン)とは|仮想通貨取引所ICOの魅力と買い方

WCXというのを知っていますか?結論から言えばWCXというのは、仮想通貨取引所です。特徴としては全世界をまたにかける大規模取引所で、拠点は香港にあります。 ものすごく簡単に言えば、仮想通貨の海外取引所 ...

続きを見る

仮想通貨の取引所は早めに開設しておきましょう。

仮想通貨・トークンの始め方|絶対開設すべき取引所3社の理由とは

仮想通貨(暗号通貨)やCOMSA(コムサ)トークンはとても話題になっているし、儲かる可能性も高いんだろうとは思うけど・・・色々勉強しなければ勝てないだろうなぁ。 仮想通貨取引所もたくさんあってどこを開 ...

続きを見る

まとめ

最後は仮想通貨に逃げるかのような雰囲気にもなってしまいましたが、いずれにしても長い目で見ればデイトレできちんと利益を出すしかないので、きちんと集中して一週間を乗り切ります。

決算も本格化してきますから、情報はきちんとチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-相場について

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.