株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

ICO情報

MINEコイン(マインコイン)とは|仮想通貨ICOでマイニングファーム運営

投稿日:2018年5月13日 更新日:

MINEコイン(マインコイン)という仮想通貨ICO案件の記事依頼を受けました。ご存知の方も多いかと思います。私は滅多に執筆依頼は受けないのですが、今回は食指が動きました。

同じ(実際には全然違い相互協力関係になる)マイニング関連のICOであるREGAIN(リゲイン)に高額出資をしている立場からすると、ホワイトペーパーも興味を持って熟読出来ました。

では、いつものようにホワイトペーパーを難しい言葉抜きで要約し、「推奨」や「誇張表現」で話すのではなく、「事実」をきちんとお伝えします。ICO参加を決める判断材料にして下さい。

ICOには、ICO割れというリスクだけでなく、詐欺的案件であるリスクも介在します。

一時と比べ、完全な詐欺という案件はなくなっているのも事実ですが、いわゆるグレーゾーンのような手口を使った案件もあるので、前もってきちんとリスクを知っておきましょう。

仮想通貨やICOのリスク・気を付けるべきこと|初心者の陥りやすい罠

年末年始には良い方面で仮想通貨(暗号通貨)が大きくクローズアップされました。しかしここにきてコインチェック事件やインドの規制などネガティブニュースが止まりません。 「投資とは何か」「投資とはどういうも ...

スポンサーリンク

MINEコイン(マインコイン)の概要

MINEコインとは、仮想通貨によるICOを行い、マイニング事業にて利益を出そうというプロジェクトになります。マイニングという言葉は仮想通貨をしていれば聞いたことがあるでしょう。

マイニングという言葉は採掘という意味ですが、実際に掘るわけではありません。

仮想通貨の送金、着金にあたり、ブロックチェーン上にトランザクションの確認が必要となります。その作業を行うことをマイニングと呼び、高性能なマイニングマシンが使われます。

マイニングを行うと、その報酬として手数料が支払われます。

そのため、今後仮想通貨業界がどんどんと発展していけば、送金、着金されるケースは何倍、何十倍どころか何百倍にもなると見られ、マイニング事業の拡大も間違いありません。

個人でもマイニングを試した人は何人もいますが、多くの人が上手くいっていません。

やはり性能の良いマイニングマシンに、場所(スペース)の確保、電気代等のコストなどを含めると、専門にマイニング事業をしているところには全く歯が立たないようです。

つまり、今後マイニング事業というのは、仮想通貨が発展するだけで自然と成長していく業界にも関わらず、専門性が強いため、専門に行っている事業者の天下になってしまう可能性が高いのです。

そしてこのMINEコインはそのポジションを確立しようとしているのです。

MINEコインのネット上の評判

5月27日から始まるセールは、MINEコインのメインセールとなりますが、3月、4月とプレプレセール、プレセールというように前もってすでに売られていたようです。

そこでネット上ですでに購入した人の声を見てみました。

すると、初期の段階ではホワイトペーパーが整備されておらず、セミナーのようなところで直接勧められて買うことになったという人が多いようです。

これはいただけません。そもそもホワイトペーパーがなければ、何に出資するのか詳しく知ることが出来ませんので、ICOを行うモラルに大きく反しています。

後日ホワイトペーパーが出された時、セミナー等で煽られていた内容と違う点がいくつもあったという意見もかなりありました。そのため、詐欺コインと言っている人も多数いました。

もちろん、勧められるがまま、ホワイトペーパーもない状態で購入した人にも多大な責任はありますが、無知な方を相手に「儲かるよ」と売り付ける手口は許せませんね。

ただ、あくまでプレプレセール時点での内容とホワイトペーパーの内容に相違点があるという意味で詐欺詐欺という声が多くあがっている感じでした。

現時点ではすでにホワイトペーパーが完備されています。

プロジェクトが実在し、稼働しているということに関しては、「いつでも見学に来て下さい」というスタイルで進めているので、不安な人は現地に赴いてみるのも手です。

何もそこまで・・・

そう思うかも知れませんが、自分自身の大切なお金です。

怪しいと思ったまま買って、詐欺だった時、誰かのせいにしてしまったり、悔しさに耐え切れなくなってしまう可能性があるのであれば・・・きちんと納得がいくまで調べることです。

  • 信じて買ったら詐欺だった時の悔しさ
  • あまりにおいしそうなプロジェクトゆえ怪しんでスルーしたら優良案件だった時の悔しさ

人それぞれ違うと思いますので、自分ならどちらが悔しいか考え、動くのも手ですね。

MINEコインの狙い

これはホワイトペーパーではじめに触れられている部分になりますが・・・

この手の紹介は正直何度か見たことがあり、毎回同じようなことを考えます。

好意的な部分

  • 実現出来たらすごいことだし世界が変わる
  • まさに次世代・未来世界
  • わずらわしさがなくなる

否定的な部分

  • 実現は不可能だろう
  • 受け入れられる世界が狭そう

そもそもホワイトペーパーというものは、仮想通貨ICOにとってはプレゼンになりますので、良いことを全面に書いてあるケースが多いです。そのため夢のようなビジョンが多いです。

しかしそれを冷静に考えた時、「本当に出来るの?」という内容になります。

ただ、今回のMINEコインにおいては、今までの「本当に出来るの?」とは少し違う感じ方がありました。

今までは、あまりにも壮大過ぎるビジョンゆえ、出来るか出来ないかという想像も難しいICOが多かったです。それが今回は、なぜ難しいのか、なぜ無理なのかも見えてきます。

MINEコインはマイニング経済圏、MoT(マイニングオブシングス)というビジョンを持っています。マイニング経済圏というビジョンが実現すれば本当に素晴らしいです。

しかしそれは無理だと私は考えます。その理由は残念ながら日本という国との相性にあります。

マイニング経済圏と日本という国の相性

MINEコイン(マインコイン)の提唱する、マイニング経済圏というのは、法定通貨を介さず、全てのことを仮想通貨で行いましょうという考え方になります。

現在例えばビットコインを保有していて、何かモノを買いたいと思ったら、まずは法定通貨に仮想通貨取引所にて変換します。それを銀行に振り込んでもらいますね。

今度は取引銀行から、普段下ろしやすい銀行へ移します。

そしてやっとATMで現金を手にし、モノを購入することになります。

モノというのがパソコンだったと仮定しましょう。

  1. パソコンが欲しいと思い立つ
  2. 資産がBTCなので、仮想通貨取引所で売り、日本円を得る(取引手数料)(利益に課税)
  3. 出金指示を出す(出金手数料)
  4. 取引所用に使っている銀行から現金化しやすい銀行へ移す(振込手数料)
  5. ATMで現金を下ろす(出金手数料)
  6. パソコン入手完了

どうでしょうか。こんなにもたくさんの手数料が取られてしまうのです。

これをマイニング経済圏ではこのようになると言っています。

  1. パソコンが欲しいと思い立つ
  2. パソコン売り場へ行き、仮想通貨デビットカードなどで決済(決済手数料)(利益に課税)
  3. パソコン入手完了

こんなにもショートカットされ、余計な手数料コストがなくなります。

また、MINEではこの決済手数料も大きくキャッシュバックする計画だそうです。

ではこんなにも素晴らしいマイニング経済圏が、なぜ日本と相性が悪いのか。

それは税金面です。マイニング経済圏が実現したとしても、結局のところ所持仮想通貨が別の何かに変われば、それが日本円でなくとも課税対象になってしまいます。

詳しい仮想通貨の税金システムはこちらをご覧下さい。

仮想通貨・ビットコインの税金対策を解説|暗号通貨やアルトコイン

仮想通貨・暗号通貨の税金について新しく国税庁タックスアンサーより発表がありました。実際の取引における損益においては、大方の予想通りだったと言えます。 しかし、ビットコイン等の仮想通貨(暗号通貨)決済で ...

日本は税金大国です。そのため、そう簡単に仮想通貨の税金システムは変わらないでしょう。

また、何よりもタチが悪いのは、その場で源泉徴収されるわけではなく、後から請求がくるということです。これにより、利益の大半を使って大きな買い物をすると借金リスクになります。

そういう危険のある国で、このマイニング経済圏の発展を図っても、どこかで頓挫してしまうことは目に見えています。ですから、日本での大きな発展は期待出来ないと考えています。

MINEコイン(マインコイン)の魅力

MINEコインは日本発祥ではありません。詳しくは後述しますが、つまり日本での成功を目指して進めているプロジェクトではなく、世界に目を向けたプロジェクトです。

ですから日本の税金システムで一喜一憂する必要などないのです。

もしも仮想通貨が今後ものすごい発展をし、マイニング経済圏が多くの国々で実現していった場合、さすがに日本も折れて税金システムを変更せざるを得なくなりますからね。

ですから、日本ではなく、もっと大きな視野をもったプロジェクトがMINEコイン(マインコイン)であり、その大きな視野に出資出来るのが仮想通貨ICOの魅力となるのです。

MINEコインのマイニング事業

MINEコインはフィリピンに法人を置くETH POOL Technology Labo. によるプロジェクトであり、既に内モンゴルにマイニングファームを持っていて、稼働もしています。

また、現在MINE専用の新しいマイニングファームを中国のウイグル自治区にて建設している最中で、こちらもすでに一部は稼働しているとのことです。

つまり、すでに稼働していて、マイニング事業に実績を持っている会社が、さらに規模を大きくしていくためのICOプロジェクトだということになります。

何もないところからの立ち上げICOと比べると出資リスクも大きく軽減出来ますね。

そしてここからがMINEコインのすごいところです。

マイニング系ICOのREGAIN(リゲイン)では、技術者の個人情報等は明かさず、水面下でプロジェクトを進めていく発表が当初よりされていました。

しかし、よく読んでなかった人の中から、「情報を公開しろ」「証拠を見せろ」などの罵声をツイッターなどで浴びせている人が何人かいたという報告がありました。

このMINEコインは、マイニング事業に関わる情報を全て開示するというのです。

MINEコインの情報公開

  • MINEを運営している法人名・法人情報
  • マイニング工場の所在地
  • マイニング機器の仕入元
  • マイニングプールのURL公開(1日にどの位の通貨が掘れたかリアルタイムで分かる)

これら全てを公開しています。また、それだけに留まりません。

本当にマイニングファームがあることを知ってもらうため、希望者を連れた、マイニングファームの視察なども世界各国から現地に来てもらい、見学してもらっているそうです。

日本の仮想通貨ブロガーなども参加したとのことです。

全てを公開するのは、詐欺ではないという意思表示のみならず、必ず成功させられるという自信の表れでもあると考えていいでしょう。(本名等を公開して失敗するのはリスクが高いため)

冒頭でも名前が出て、ここでも話に出たREGAIN(リゲイン)という仮想通貨マイニングICOと比べ、MINEコインはどう違うのかについても書いていきたいと思います。

MINEコインとREGAINの違い

今回のMINEコインのICOも、REGAINのICOも、ともに仮想通貨のマイニングを主体とする事業なので、初めて記事依頼をされた時、私自身が高額出資するREGAINのライバルだと思いました。

そのため、どちらかと言えば、敵対目線でホワイトペーパーを読み進めました。

現時点ではREGAINがビットコインを主体としたマイニング、MINEコインはイーサリアムを主体としたマイニングという違い・・・と読み進めていくと、大きな違いに気付きました。

REGAIN

  • マイニングマシンの制作事業
  • マイニングファーム(マイナー)への機器レンタル事業

MINEコイン

  • マイニングファームの運営
  • マイニング(採掘)することで収益を得る事業

そうです、実はREGAINとMINEコインはライバルではなく、お互いに相互協力出来る位置関係のICOだったのです。そこで目がパッチリと覚め、真剣に深く深く読み進めました。

自分が出資したREGAIN社のマイニングマシンを使った、これまた自分が出資したMINEコインプロジェクトがマイニングし、両方の収益から分配金を得る・・・

こんな夢のような仕組みもいずれ可能になるかも知れませんね。

MINEコインは高額配当

MINEコインはREGAINと同じく高額配当が設定されています。

その額なんと月利で出資金の10%!・・・と紹介されているところをたくさん見たのですが、どうもそこまでではないようなのです。確かに一見そう誤解してしまいそうな表記でした。

出資金の10%ほどの利益が出た時、出資者への配当は「そのうちの」20%となります。

すなわち出資金の2%ほどが目安となります。

ただ、月利2%ですからね。年利で24%という計算になりますし、これは破格です。

面白いことに、リゲインの配当分配との割合で計算すると、かなり辻褄の合う計算になってくるので、リゲインもマインコインも両方ともの信憑性は増したと私は感じました。

一つ注意として、mineウォレットで管理しておかないと配当が受け取れないということなので、ここはうっかりミスなどのないようにしたいところですね。

MINEコイン買い方とICOスケジュール

MINEコイン(マインコイン)のICOは2018年5月27日12時から始まります。

すでに事前登録は受付中ですので、あらかじめ登録しておきましょう。

右上にあるENGLISHをJAPANESEに変更すればこのようになり、メールアドレスを入れて登録ボタンを押すだけで事前登録は完了となります。フリーメールアドレスで大丈夫です。

送信されてきたメールを見る限り、5月27日が近付いてくればお知らせがくると思います。

また詳しい購入方法がわかりましたら、当記事に追記していきますので、是非ブックマーク(お気に入り)等に登録しておいて下さい。

恐らくはメールアドレス登録時点で、個々に専用購入URLが発行されているので、登録時に受け取ったメールもきちんと保存しておく方が良いと思います。

MINEコイン上場情報

現時点では全く公開されていませんが、ロードマップでは2018 Q3にて取引所上場と書いてあります。これは2018年第3クォーター、第3四半期に上場予定ということになります。

第3四半期というのは7月~9月ですね。

同時期にマイニングプールの設置、稼働も約束されています。

こちらの上場情報につきましても、現時点では正確かつ明確な情報というものはありませんので、情報が入り次第、当記事に追記していくことにしますので、時々チェックして下さい。

MINEコイン配当情報

ロードマップではQ4にて配当開始予定なので、2018年10月~12月のどこかで配当が始まることになりますね。5月末に購入し、早くとも配当開始が10月というのは待ち遠しいですね。

しかし、実際にICOで得た資金を使い、マイニング事業のためのマイニングマシン、マイニング場所、環境などを整えるには間違いなく多くの時間がかかります。

ですから、下手にすぐ配当が出るよりも考えようによっては安心かも知れません。

この手のICOは配当が出るまで不安になることも多いかと思いますが、一応昨年12月に第1セールが開催され、第2セールまで終わり、第3、第4セールを待つリゲイン。

こちらはすでに高額配当が出ていて、これからも毎月配当される予定です。

配当情報なども下記記事で随時更新しています。

REGAIN(リゲイン)とは|仮想通貨ICOマイニング報酬付きREGトークン

え?リゲイン?REGAIN♪リーゲイン♪ぼーくらの・・・栄養ドリンクじゃないの?と思ったあなた!私と同年代です。 12月22日12時よりICO第1段階がスタートするREGAIN(リゲイン)のICO情報 ...

MINEコインはリアルタイムにマイニング量がわかるだけでなく、なんと毎日配当が行われるそうです。

出資金に対する配当金の率で言えばREGAINに軍配が上がりますが、情報開示など、クリアな運営、安心感の持てる運営の仕方は断然MINEコインに軍配が上がります。

こちらも情報が入り次第追記という形で更新していくので楽しみにしていて下さい。

まとめ

REGAINのライバルを紹介するわけない、と思いながら読み進めましたが、まさかこんなにもREGAINと相性が良く、相互協力関係になり得る仮想通貨ICO案件だったとは・・・。

本当に世の中はタイミングですね。

メールアドレスを登録しても購入しなければならないわけではありませんし、運営からの情報がメールで得られるようになるので、ほんの少しでも興味があれば、メアド登録だけはしておいて下さい。

5月27日を楽しみに待ちましょう。

MINEコイン(マインコイン)登録はコチラ

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-ICO情報

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2018 All Rights Reserved.