株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

メンタル面

心の贅肉は万病の元|大損要素の贅肉を燃焼でスリム投資家を目指そう

更新日:

今回は心の贅肉についてです。この心の贅肉、どんなにうまくなっても燃焼し切れない本当に大きな壁です。わかっていながら燃焼させられません。

運動しなきゃ、痩せなきゃと思いつつ出来ないのと非常によく似ています。

スポンサーリンク

心の贅肉とは

心の贅肉とは・・・

  • あと1ティック取りたい
  • あとちょっと欲しい
  • もう少し上がってから売ろう

このような、ちょっとした欲のことを言います。もっと大胆な欲を出している状態とは別です。それはもはや仰天ニュースに出られるレベルでしょう。

このように、「あとちょっと」というのは心についた贅肉です。

そしてこの贅肉は誰にでもあるものです。特にこの心の贅肉が暗躍する場面を例に出しましょう。

心の贅肉の暗躍場面

  1. 買った後、下がったものの戻してきた。買値撤退なら可能だけど1ティックリカクしたい。
  2. 買った後、かなり上昇して含み益が乗ったものの、半分くらいになってしまった。なんとかさっきの高値付近でリカクしたい。

いかがですか。私は今でも1番をよくやってしまいます。厳密に言えばあまりしなくなってきているのですが、どうしても最初はそこに指値を入れてしまうのです。

結局は指値を下げて心の贅肉を削ぎ落すことが出来ている「つもり」なのですが、やはり無意識に指値を入れる位置というのは・・・

「ロスカット」でも「買値撤退」でもなく、「1ティックリカク」ポイントなのです。

仮にその1ティックが500円だとしても1000円だとしても、「その1000円に何の意味があるの?」と自問自答することで、ダイエットに成功しています。

この自問自答を行うと、何の意味もないということを再確認出来ます。

  • この銘柄を欲張って1000円勝ちにする(大負けリスクを背負ってでも)
  • さっさと買値撤退して鉄板チャンスを見つけサクっと1000円勝つ

どちらの1000円でも、同じ1000円であって、差はないはずです。それなのに、なぜか「1ティックでもいいからリカクしたい」という思いに縛られることは多いと思います。

ここをあっさり切れるようになれば、パフォーマンスは全然違ってくると思います。

リカクミスは大損リスクあり

2番は非常にまずいタイプです。特に、株価ではなく、含み益の額を一度見てしまうことで、なかなかそれ以下で売れなくなってしまうわけですね。

  1. 5000円くらい勝てばいいなと購入
  2. あっさり5000円いったので粘る
  3. 一気に2万円の含み益になり満足して売ろうとする
  4. タッチの差で売れずに含み益が1万円になる

この流れ、あなたならどうしますか?

2万円の含み益が1万円に減ってしまったとは言え、当初の狙いである5000円の2倍も含み益を持っているわけです。

さっさと売ればいいはずです。しかし、一度2万円の含み益を見たことで、心の贅肉はピタピタピタッ!と張り付いて心を離しません。

2万円と言わずとも、せめて1万5000円・・・というような感覚、心当たりありますよね。

長持ちのリスクとは

せめて1万5000円

この1万5000円のリカク位置に売り指値を入れたとしましょう。

仮にそこまで10分できて、売れたとします。しかし、そこまでの間、心は拘束されていたことでしょう。30分で売れたとしても満足するでしょう。

しかし、その場合は30分も心が拘束されていたはずです。

心の拘束は恐ろしいです。こちらをご覧下さい。

心の拘束|株デイトレードにおいて資金拘束よりも怖い心の拘束とは

心の拘束についてご説明します。デイトレをしていて、含み損になり捕まると、資金が拘束されてしまいます。他のチャンス銘柄を買う余力が少なくなりますね。 しかし、資金の拘束なんかより、もっと恐ろしいのが心の ...

続きを見る

その10分、30分を他の銘柄に意識を向けていれば、あっさり取れていたかも知れません。

また、含み益が1万円に減ってしまったことで、不満を持ったあなたが、さらに減ってしまった場合、それを受け入れるはずがありません。

  • もし、5000円になってしまったらリカク出来ますか?
  • もし、含み益がなくなってしまったら買値撤退出来ますか?
  • もし、含み損に変わってしまったらロスカット出来ますか?

恐らく出来ないと思います。私も心が贅肉だらけだった頃、この全てが出来ませんでした。ですからコツコツドカンの典型になっていたのだと思います。

こうなるともう最後までお付き合いになりかねません。

下がったらナンピンもすることでしょう。そのまま下がり続けたて大ダメージを受けることも多々ありました。

完全対処法

これは対処法があります。それは、含み益を見ないことです。

「何を言ってるんだ」と思いましたか?目をつむっていろという意味ではありません。5000円狙いで買ったのなら、買った瞬間売り指値を入れろという意味です。

そうすれば紛い間違っても2万円の含み益なんて見ることはありません。5000円の含み益が出た瞬間売れてしまうわけですからね。

これなら10回あって、10回ともリカクになります。それも贅肉のないスリムなリカクですね。

贅肉アリの状態だと、欲が功を奏して2万3万のリカクになるケースもありますが、何回かに1回は壊滅的なロスカットに追い込まれるはずです。

それなら、トータルすると、毎回きちんと定額撤退していた方がいい、ということです。

まとめ

いかがだったでしょうか。勝ち組デイトレーダーともなれば、色々と臨機応変に出来るのかも知れません。

しかしながら、「デイトレで勝てない人」であるうちは、欲を捨て、心の贅肉を燃焼させ、ダイエットをしてスリムな投資家であることを心がけましょう。

欲は捨てるけど、努力は最大限する。そんな投資家でありたいものです。無料で出来る努力は何でもしましょう。無料で出来る努力はこちらで紹介しています。

投資顧問の有料情報は株デイトレードで勝つために必要か

今回は、投資顧問による有料銘柄情報が、株やデイトレードで勝つために必要なのかどうかを様々な角度から考えていきたいと思います。 私自身は有料情報を使ったことがありません。しかし、多くの有料情報を使う人は ...

続きを見る

株式投資の学校クチコミレビュー紹介|投資スクールの無料体験授業

デイトレーダー養成、株式投資の学校について考えていきます。実際に投資スクールに通った方からも話を聞いて書いていますので、是非参考にしてみて下さい。 学習塾のような無料体験授業まであるのはすごいですね。 ...

続きを見る

一歩一歩勝ち組トレーダーに近付いていきましょう!

お付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-メンタル面

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.