株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

メンタル面

大負け・大損を受け入れデイトレで負の連鎖を断ち切る!

更新日:

株、デイトレードをしていると、どんなに上手な人でも必ずどこかで大負けする日があります。これは、どんなに上手な人でもです。

つまり、あなたが「すごいなぁ」と思っている「あの人」も大負けの苦しみを味わい、知っているはずです。そして知っているからこそすごいトレーダーになられたのだと思います。

スポンサーリンク

大負けそのものは容認する

上で触れた通り、どんな人でも大負けはするのです。私のように大勝ちは出来ずとも、毎日コツコツこじんまりとだけど稼ぎ続けようというスタイルであっても大負けはあります。

こうしてコツコツ稼いでいる人間が大負けすると、必ずコツコツドカンと言われてしまうものです。言われずとも自分でそう考えて落ち込んでしまいますね。

コツコツドカン特集はこちらです。今後、この特集ページでさらに書いていくつもりですが、私はコツコツドカン容認派です。

コツコツドカンいいじゃないか!コツコツドカン上等!大負け上等!そういう気持ちを持っています。実際に私もコツコツドカン投資法の一人です。

それでも兼業として長く安定して利益を出し続けることが出来ているのです。要は考え方ひとつで、うまくコツコツドカンを容認し、コツコツドカンとお付き合いしていく方法もあるということです。

さて、大負けそのものを容認というお話に戻ります。大負けには大きく分けると2種類あります。

  • ルール無視をしていつもと違う行動を取ったのが引き金
  • いつも通り自分にとって正しいことをしたけど大負け

実は私、トレードルールを設定することには反対派です。そのことについてもいずれ記事でまとめさせていただきます。

尾を引く悪い大負け

まず、ルール無視、つまりいつもはやらないようなことをしてしまい、大負けするパターンです。これは完全に後々引きずります。精神状態がいつもと違ってしまうのです。

特にこのパターンで多いのは、「買値撤退なら出来たのに、それを嫌ったらこうなってしまった」というパターンの大負けです。これは本当に多いです。だからこそこちらの記事を書きました。

買値撤退をマスターすればこんなにもデイトレは上達するという記事を是非読んで下さい。

買値撤退をマスターするだけでデイトレはこんなにも上達する

買値撤退というのは、買った値で売るわけですが、デイトレで勝てない人はどうしてもこの決断ができません。ロスカットと同じくらい躊躇してしまうと思います。 その理由はまさに「手数料」です。もしくは金利ですね ...

続きを見る

もちろん悪い大負けの仕方なのですが、それでも結果は結果です。いいんですこれで。容認する理由は後述します。

良い大負けの仕方

「良い」というのは言い過ぎでしょうか。しかし、少なくとも「悪い負け方」ではないはずです。コツコツドカンであっても、コツコツ稼ぐ手法があなたにはあったわけですよね。

ですから、そのコツコツ取る手法で、いつも取れているのに、同じやり方で今回は大負けしてしまった。これは気にする必要はありません。というか全く問題ないです。

慌てて取り返そうとしてしまったら、そこで大問題発生となります。良い景色でも眺めて心を落ち着けて下さい。

大切なのは連敗しないこと

前述のように、大負けそのものは回避することが非常に困難です。そんな困難なことを直そうとしますか?私はそれこそ無駄な時間だと思います

それに、大負けしないという目的だけなら簡単です。ロットを落としたり、ナンピン禁止、ロスカットを徹底などのルールを設定して、それを破らなければいいだけです。

しかしですね、どんな世界でもリターンはリスクに見合うものです。これだけリスクを極限まで押さえ付けると、きっと一切勝てなくなります。

負けないけど、勝てないという世界です。それにロスカットにしても徹底すると「損切り貧乏」という負け方になってしまいがちです。

大負けをしてしまったということは、それだけ自分でリスクを取ることが出来た証拠ですので、結果はどうあれリスクを取ることが出来た自分をいったん褒めてあげて、落ち着かせましょう。

そして大切なのは翌日です。

悪い大負けの翌日

これは、取り返そうとムキになりがちです。ルール無視で負けたにも関わらず、ルールなんて関係ないとばかりにロットを上げたり、チャンスでもないのにINしたりしてしまいがちです。

とにかく早く、急いで取り返したい。そんな思いが視野を狭めます。これにより、前日の大負け額を超える大負けに発展するケースも残念ながら少なくありません。

「ある・・・あるわ・・・」と思った方も多いのではないでしょうか。実は私も以前はこれの常習犯でした。本当に2連敗目、3連敗目の方が負け額が膨れ上がりました(笑)

良い大負けの翌日

こちらは逆にビビリにならないことです。自分のやり方で大負けをしてしまった場合、どうしても自分の手法そのものを否定された気持ちになります。

そうなると、自分的鉄板パターンを見つけても、本当に入っていいんだろうか?また大負けになってしまうのでは?というように、疑心暗鬼になってしまうのです。

この場合は大負けが連チャンすることはありませんが、しばらく不調が長引いてしまう可能性があります。自分の手法を見失ってしまうわけですからね。

いかに翌日「いつも通り」の行動が取れるかがポイントになります。

私の大負け翌日結果と対処法

私は2011年以前は、大負け翌日は、ほぼ大負けでした(笑)そのまま数日負けることが多かったですね。普段1日あたりの勝率は8割くらいあったと思います。

しかし、大負け翌日に限れば、勝率は1割くらいまで落ち込みました。本当にひどかったです。

現在では改善しました。2016年は1日あたりの勝率は87.4%でしたが、大負け、小負けに限らず、負けた翌日に限ると勝率は100%でした。完全に精神的バグを克服したのです。

これにより、コツコツドカンでも関係なく安定を得ることが出来ました。

直し方です。私は大負けしたり、精神がバグりかけてる日は「2万円以上勝ってはいけない」という縛りをつけてトレードしたりしました。

もちろんこの2万円という金額は人それぞれでいいと思います。いつも通りか、それをやや下回る額以上稼いではいけないと思っていれば無理に入ることもありません。

いつものペースでいけばお釣りがくる額の目標にすることで落ち着いて出来るようになったのです。連敗癖がある方は、是非試してみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。大負けという直せないものを直そうと必死になるよりも、その翌日に意識を集中させる方がはるかに建設的だとわかっていただけたでしょうか。

是非連敗癖を直し、安定した利益を出し続けられるように頑張りましょう。もちろん私もまだまだ勉強中の身です。頑張ります!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-メンタル面

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.