株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

相場について

2018年・株式市場と暗号資産市場を振り返って

投稿日:

2018年はアベノミクス開始以来、最高に難易度が高い相場だったという声を多く見かけました。事実として多くの専業、兼業トレーダーの人が退場に追い込まれる相場でした。

しかし持ち越しをしないデイトレーダーからするとチャンスも多かったのではないでしょうか。

それでは2018年の相場を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

コインチェック事件から暗号資産の衰退

私は某スーパーにいる時、コインチェック事件を知ったのですが、このコインチェック事件、記憶に新しいようで実は今年1月に起こった事件です。

このコインチェック事件が全て悪いわけではないと思いますが、この頃から仮想通貨、現在でいう暗号資産の市場はどんどんと冷え込んでいきました。

2017年末に仮想通貨元年、億り人続出などと何も知らないようなメディアがこぞって煽ることで過熱感が加速し、投資未経験の人まで多くが暗号資産を買うようになりました。

その結果として買いがオーバーシュートし、完全なバイイングクライマックスを形成しました。

私は2017年10月からそのような流れになる可能性を考えると危険だと当ブログで書いてきました。

その考えのもと、私自身は1月初旬に暗号資産全体が大きな上昇を見せた際、大半をリカクで手仕舞うことが出来ました。しかしICOに参加した暗号通貨は完全に拘束されていました。

そのため、逃げ場ももちろんなく、上場時にはほんの1日程度ICO価格を守っただけでその後は目も当てられないほどの暴落にも巻き込まれました。

暗号資産はメディアによって必要以上に持ち上げられ、その後の流出事件で必要以上に危険視され、ロクでもないものだというレッテルを貼られた状態です。

中身があればここから再逆転の可能性もあると思い、ICOで暴落に巻き込まれた資産は私はそのまま保有しており、ないものと考え、知らないうちに上昇することを願おうと思っています。

株式市場の暴落

ついつい年末の暴落に目がいきがちですが、実は今年2月にも強烈な暴落がありました。

アメリカ市場が史上最大の下げ幅を見せました。

史上最大の下落率ではないため、パニックになるべきではないのですが、どうしてもニュースなどメディアが「史上最大」という言葉を連呼するため、パニック相場となりました。

暗号資産に続き、ここでもメディアに踊らされる格好となった投資家が多いのです。

持ち越しをしないデイトレーダーからすると、こういったパニック相場は大チャンス以外の何ものでもなく、私自身も過去最大のデイトレ利益をあげることに成功しました。

デイトレーダーの強味|暴落パニック相場で大勝ちを狙う

暴落パニック相場なるものが年に数回訪れます。もちろん逆に朝の寄りから暴騰するようなウハウハバブル相場も年に数回やってきます。スイングトレーダー、デイトレーダーでその相場が持つ意味は大きく違ってきます。 ...

続きを見る

持ち越しをしていた場合、朝の時点で大負けが確定してしまうような状況ですが、デイトレーダーである強味を生かす最大のチャンスなのです。

日経平均は2月、3月で大きく下げたものの、そこから7か月かけで年初の高値を奪還しました。

本当にバブルなのだということを感じさせる強さにも見えたものです。

しかし新興市場、マザーズ指数はジリジリと下げ、1月の高値ははるか遠くにかすんでしまいました。

2回目の暴落

今年は10月に高値奪還後、大きな下落がきました。そして11月にどっちつかずの動きを経て、12月にとんでもない下落に見舞われました。

一部の噂では、リーマンショック時よりも個人口座が悲惨になっているという話です。

大げさという意見もあるのですが、私はわからなくもないと思います。

ここからどうなるかわからないという状況で人はポジションを多く取りません。

しかしアベノミクス以降、株は持ってるだけで上がる。株を持っていればお金が増えるという感覚を持っている人が多くなっていました。これも昨年の暗号資産と同じですね。

しかし株の場合は2013年からずっとその状態が続いています。

今年2月、あれだけの暴落をしてもきちんと高値を奪還する株式市場を見て、今後もまだまだ高くなると予想した人も多いのではないでしょうか。

年末には日経平均株価が3万円になるという専門家予想も多数ありました。

そうなると必要以上に買いポジションを取ってしまう人も出てきます。

信用取引枠を使ってパンパンに買ってしまうことを恐れない状況になってしまったのです。

そこでこの暴落ですからね。

確かにリーマンショック時を上回る損失を出した人もいることでしょう。

デイトレーダーとして

今年はプラスならそれでいい、小さい負けならいい、生き残ればそれでいいという声もあがっていますが、やはり仕事としてデイトレをする以上、一定の利益は必要になります。

どんな相場でも利益を出せることがデイトレの強味ですから、今後も暴落相場、ヨコヨコ相場、バブル相場問わず利益が出せるように頑張っていきたいと思います。

改めて、今年の暴落で退場した人は多いです。

私の弟が億り人となり、その後破産も経験したという話は以前にも触れてきました。どのようにデイトレーダーが億をつかむのか、そしてどのように億から破産に追い込まれるのか。

そのリアルな体験談を弟にノンフィクション小説として書いてもらっています。

私もそういう弟を持つ者の心の推移をノンフィクション小説で同時に連載しています。3日に1回程度(今後ズレる可能性あり)のペースで更新していますので、是非ご覧下さい。

手前味噌ですが、参考になる、ならないは度外視しても面白く読めるようになっていると思います。

株で億り人になった弟を持つ男(私の方)

株で億を4回つかんで4回破産した男(弟の方)

まとめ

2018年は難易度の高い年であったことも事実ですが、必要以上に煽るメディアに振り回される人が株式市場、暗号資産市場でも続出してしまった年だと思います。

投資は自己責任である以上、自分自身の考えをきちんと持ち、どんな結果になっても後悔しないよう他人の意見は参考程度にし、自身の決断力を磨いていくようにしましょう。

2019年が皆様にとって良い年になりますように。良いお年をお迎え下さい。

株エヴァンジェリストは好評の有料情報だけでなく、無料メルマガも大変充実しています。デイトレを有利にするために旬なテーマ株情報を手に入れましょう。
株エヴァンジェリスト
私たち兄弟のトレーダー人生をノンフィクション小説として連載しています。

・兄側のノンフィクション小説
株で億り人になった弟を持つ男
・弟側のノンフィクション小説
株で億を4回つかんで4回破産した男

-相場について

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2019 All Rights Reserved.