株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

ICO情報

NAMコイン(ナムコイン)の買い方と上場情報|登録方法から購入まで

投稿日:2018年2月24日 更新日:

NAMコイン(ナムコイン)のICOトークンセールが始まって1か月が過ぎようとしています。私自身、すでに昨年からNAMコインのことは知っていましたが、参加したのは遅かったです。

すでに上場すること、上場先も決まっており、日本人による、日本発の仮想通貨ICOなので、他の海外色が強いICOに比べて安心感を持って参加出来るというメリットがあります。

国内大型ICOでは、COMSAの成功(ICO価格の5倍まで上昇)も記憶に新しいですね。

国内外で多くのメディアから取材を受け、雑誌やインターネット上に説明会の様子などが写真付きできちんと掲載されているので、プロジェクトが進んでいることも確認出来ます。

医療に革命を起こす壮大なプロジェクト、NAMコインについてどういうものか詳しく知りたい方は、先にこちらの記事をご覧下さい。

ナムコイン(NAMコイン)とは|仮想通貨ICO・AI人工知能医療の魅力

正直なところ、少し運命的なものを感じました。実は今回の記事は執筆依頼を受けたものですが、このNAMコインについては私自身すでに昨年11月時点で知っていました。 バンクエラ(BANKERA)は超大型IC ...

上にあるリンク記事では、かなり詳しく説明してありますが、簡潔に知りたい場合は当記事で、もっと深く知りたい方は上の記事へ、さらに詳しくという方はホワイトペーパーをお読み下さい。

スポンサーリンク

NAMコインは医療系ICO

NAMコイン(ナムコイン)は医療系の仮想通貨ICOになります。

体調が悪いと感じた時、あなたはどうしますか。日本人の特徴として、体調が悪いことを自覚しつつも我慢してしまう傾向があるそうです。これは私自身にも思い当たる節があります。

  • 放っておいても大丈夫だろう
  • 病院に行く時間がない
  • 検査結果を聞くのが怖い

恐らく病院へ行かずに我慢してしまう人の3大理由は上記のものでしょう。

NAMコイン(ナムコイン)の開発したドクターQ(すでにLINEでお試し出来ます)というAI問診ロボットでは、自宅にいながら人工知能とのやり取りで診察を受けられます。

現在では、最終的には病院へ行くように促されるケースが多く、まだまだ発展途上という印象は否めませんが、今後発展していく可能性は十分にあります。

何よりICOという観点では、プロジェクトが動いているという証拠があるのも安心出来ます。

日本人が病院へ行かない3大我慢ですが、このドクターQが信頼出来るAIに進化していけば

ドクターQに病院へ行くべきと言われたのだから行くしかない

このように思い、病院へ行くケースが増えることで、手遅れになるリスクを軽減出来ます。

NAM chain(ナムチェーン)とは

NAMコイン(ナムコイン)で出来ることは他にもあります。

ナムチェーンという技術を使い、セカンドオピニオン、サードオピニオン時に手間が省けます。

  1. 咳が止まらないのでA病院へ行く
  2. A病院で風邪と診断されるも良くならない
  3. B病院でセカンドオピニオンをすると大きな病院での検査を推奨される
  4. B病院でC病院への紹介状を書いてもらう
  5. C病院で風邪ではない大きな原因が判明

まず、2番でA病院へ行った際、1番の症状を自分で説明することになります。

3番のB病院では、A病院に行って風邪と診断され、どんな薬をもらったかを説明し、なおかつそれからどのくらい経過したか、どのように症状が変化したかを伝えることになります。

5番では、紹介状があるものの、やはり再度説明することになるでしょう。

NAMチェーン技術では、ブロックチェーン技術と同じように、個人の電子カルテを上書きしていくことになるので、新規の情報以外の説明が不要になるのです。

そのため、何度も同じ説明をする必要がなくなります。

また、病院側としても、B病院ではA病院がどのような状況から「風邪」と診断したかもわかることで参考になり、「風邪」という誤診が繰り返されるリスクが軽減されるのです。

本当に素晴らしいプロジェクトだと思います。

さらに2番の部分に戻ります。

治らないけど、医者が風邪って言うんだから安心だ

こう考えてしまいがちです。これでは重大な原因が見落とされたままになります。

ドクターQは数日後、「その後どうなりましたか」と聞いてくれるようになりますので、そこで気軽に経過診察が受けられます。そのAI診察により、セカンドオピニオンの必要性が判断出来ます。

これもまた「病院へ行かないことのリスク」を軽減出来ますね。

ナムコインで病院の待ち時間を軽減

NAMコインでは、上記ナムチェーン技術において、過去の電子カルテが個人個人で残ります。

そのため、お薬手帳も必要なくなるでしょうし、患者から医師への説明も簡単になるでしょう。

ドクターQで事前診断をすることで、病院と連携が取れるようになれば、1人あたりの診察時間も大幅に削減することが出来ます(もちろん診察の質を落とさずに)

飲食店などで、事前注文をしておき、待ち時間を削減するのと似ていますね。

さらに、人工知能が患者と医師の会話を電子カルテに追記していくので、医師が診察後にカルテに手書きする時間も削減され、これもまた待ち時間を削減することにつながります。

私はこの冬、家族全員がインフルエンザにかかりました。

子どもが39度を超え、苦しそうにしている中で何時間も病院待ちをしました。

他にも多くの小さな子どもたちがインフルエンザと思われる症状で苦しそうに待っていました。休日診療でお世話になったのですが、まるでテレビで見る救命病棟のようでした。

この経験から、NAMコインプロジェクトにより、病院の待ち時間削減が実現し、子どもたちが少しでも苦しさから開放されるのであれば、投資は惜しまないと決めました。

NAMコインの実現性

仮想通貨ICOにおいて、実現性はもちろん重要な要素の1つです。

私は正直なところ、NAMコインプロジェクトは夢の世界、ドラえもんの世界だと思っていまして、全てが実現出来るとは思えないのです。

しかしそれは裏を返せば、実現出来たら・・・実現出来てしまったら、医療の根本からの進化となるでしょうし、そうなるとトークン価値もものすごく大きく上昇するでしょう。

ナムコイン側は「100倍を目指す」とホワイトペーパー内で明言しています。

私はすでに高額出資をしましたが、一歩引いた目線で見ています。

私の個人的な意見、希望としては、全てが実現出来なくてもいいので、病院の待ち時間削減につながる部分でも成功して欲しいと思っています。

待つのが好きな人なんていませんよね。

ですから、この待ち時間削減という部分だけでも成功してくれれば、多くの人がNAMコインに賛同することになるでしょうし、さらなる注目を集めることになると思います。

そうなれば、さらに多くの有識者が集まり、NAMコインプロジェクトは発展すると思います。

ICO参加組という意味でも、また、子を持つ親の意見という意味でも、まずは確実にドクターQと電子カルテ、NAM chain技術の成功を目指して欲しいと思っています。

ナムコインの上場情報

日本でも仮想通貨、ICOという文化がかなり広がってきたため、ICOの参加に慣れている人も多くなってきたことと思います。仮想通貨のICO参加において最初に何を考えますか。

そうです、「上場するかどうか」ですよね。

過去のICOには詐欺まがいのものもあり、上場することなくドロンというケースもあるわけですが、上場さえしてくれればICO参加者の「出口」はきちんと用意されたことになります。

この「出口」については、昨年10月からずっと書いてきましたが、1月中旬以降の仮想通貨の暴落で、きちんと考える必要があると多くの人が再認識したことと思います。

今回のNAMコイン(ナムコイン)はすでに上場することが決定しています。

上場が決定している仮想通貨ICOというのは、リスクの軽減という意味はこれ以上ありません。最初から「出口を用意してありますよ」と言ってくれているわけですからね。

上場先ですが、すでに1つの仮想通貨取引所への上場が決まっています。

「どこに?」・・・ですよね・・・。

決定はしているものの、まだ公表はしないというのがNAMコインの現状です。COMSAのキャンプファイヤー事件のように、「確定」と書いてあるものが破断になると炎上するからですね。

ですが、すでに多くの情報サイトで、海外仮想通貨取引所の「ANX」に上場すると書いてあります。

私も「確定情報」は書けない立場なのですが、私自身もすでに代理店様から聞いていて、上場先の情報を知っています。知っていますが書けません。書けませんが・・・

ANXに上場するという情報がネット上にたくさんあります。後は察して下さい。

また、こちらはまだ交渉段階だそうですが、仮想通貨を取引している方のほとんどが知っている海外仮想通貨取引所とも上場の交渉をしているそうです。

ここに上場することになれば上昇期待も大きくなると思っています。

ANXのことをアジア最大級の取引所と書いているメディアも多くありましたが・・・私はANXを知りませんでしたし、アジア最大級というのは、むしろ現在交渉中の取引所の方だと思います。

ANX取引所は現在、日本在住の人は口座開設が出来なくなっています。ただ、来るべき日には開放されるという案内がありました。まぁ、そういうことだと思います。

私はNAMコインをすぐに売るつもりはないので、現在交渉中とされる方の取引所上場を期待して待ちたいと思います。こちらはすでに開設済みですし、日本人にも馴染みが深いので。

NAMコインの上場時期

NAMコイン(ナムコイン)のICOは3月の28日まで続く予定です。

ですから、その後ということになりますが、ICO終了から、そこまで長く待たされることはないという話を聞いています。こちらは本当にまだ確定情報がないようです。

NAMコインは日本だけでなく、韓国、中国、香港の大手メディアでも紹介されていて、販売も行われるそうですが、ご存知の通り中国、韓国はICOが禁止されている国です。

ですからICOという形式ではなく、違った形で紹介されるそうです。

確かにこのプロジェクトは成功すれば日本だけに留まらず、世界に大きな影響を与えることになりますからね。あまり壮大になり過ぎると想像することも難しいですが、頑張って欲しいです。

繰り返しになりますが、私個人としては病院の待ち時間削減という部分だけでも成功してくれれば相当画期的かつ、実用性の高いプロジェクトになると思っています。

NAMコイン(ナムコイン)登録方法

NAMコイン(ナムコイン)の登録方法は至って簡単です。

※セカンドセールの登録方法になります

  1. ナムコイン公式ページに行く
  2. 名・・・名前を入力
  3. 姓・・・名字を入力
  4. Eメール・・・使用したいメールアドレスを入力
  5. 電話番号・・・電話番号を入力
  6. パスワード・・・8文字以上の希望パスワードを入力
  7. パスワード確認・・・パスワードの確認で再入力
  8. 住所・・・住所を入力ですが、とりあえず空欄でも大丈夫です
  9. お客様のMyEtherWallet送出アドレス・・・とりあえず空欄で大丈夫です
  10. 全て記入したら「登録」ボタンを押して登録完了です

フリーメールアドレスで登録出来ますし、住所も空欄で大丈夫なので、登録することを躊躇する必要はないと思います。登録しておいて、やっぱり買わないという選択肢も取れますので。

登録が終わると、ログインしてダッシュボードを見ることが出来ます。

ダッシュボード内には詳しい買い方の手順や、サポート情報、最新ニュースなど、ユーザー目線で多くの情報を掲載してくれています。運営に問い合わせるとすぐに返信もくれます。

仮想通貨関連のサポートというのは、COMSA、Zaifを始め、メールで質問をしてもスルーされるケースが多く、対応に不満を持っている方は非常に多いと思います。

その点、NAMコインの対応は非常に速く、良かったので安心しました。

NAMコイン(ナムコイン)の買い方

ひと通り登録が終わったら、My Ether Wallet(マイイーサウォレット)にも登録しましょう。

私もNAMコイン参加のためにマイイーサウォレットに登録しましたが、ものすごく簡単でした。

マイイーサウォレットの作成方法は、NAMコインのダッシュボードに動画付きで詳しく解説してくれていますので、ナムコインに登録してダッシュボードを是非確認して下さい。

  1. 仮想通貨取引所でNAMコインを買いたい金額分のイーサリアム(ETH)を買う
  2. 自分のマイイーサウォレットアドレスに仮想通貨取引所からETHを送金する
  3. NAMコインダッシュボードを開く
  4. 「NAMコインの購入はこちら」を押す
  5. 送金額(〇〇ETH)、自分のマイイーサウォレットアドレス、登録アドレスと本名を入力して「送信」ボタンを押す
  6. 表示されるアドレスにマイイーサウォレットからETHを送金する
  7. すぐにNAMコインが着金する

※セカンドセールでは、仮想通貨取引所から直接送金することが出来るようになりました。

NAMコインのダッシュボードにある動画と手順はあまりにわかりやすく、親切だったので、本当に簡単に購入することが出来ました。

もし、プロジェクトには賛成だけど、「難しそう」と思っている方は、NAMコインに登録し、ダッシュボードにある購入手順動画をご覧になってみて下さい。悩みは消えると思います。

1番にある仮想通貨(イーサリアム)を購入する際は仮想通貨取引所の口座開設が必要ですので、仮想通貨取引所の開設をしていない方はこちらを参考に急いで開設して下さい。

仮想通貨・トークンの始め方|絶対開設すべき取引所3社の理由とは

仮想通貨(暗号通貨)やCOMSA(コムサ)トークンはとても話題になっているし、儲かる可能性も高いんだろうとは思うけど・・・色々勉強しなければ勝てないだろうなぁ。 仮想通貨取引所もたくさんあってどこを開 ...

購入前にどのくらい欲しいかよく考えてから参加しましょう。

1NAMあたりの単価はETH建てという性質のため、日々変動していますが、ホワイトペーパーにある内容では、おおよそ1NAM=1円という考え方になっています。

NAMコイン(ナムコイン)価格について

ナムコインの価格は、ICO期間が後ろになればなるほど値段が上がっていく、期間のソフトキャップ方式というものが取られているので、先に買えば買うほど有利なシステム・・・でした。

そう、あくまで「でした」なのです。

ご存知のように仮想通貨は3月に入ってからかなり値下がりが続いていて、厳しい状況です。ナムコインを購入出来る唯一の通貨であるイーサリアムも例外ではなく下落しています。

ペア通貨であるイーサリアムが大きく値下がりしたことにより、NAMコインは日本円換算では相当安くなっています。最も早く買えた先行組よりも安いという状況です。

こういったソフトキャップ方式のICOは、知ったのが遅いと、「値上がりした後に買うのは損だ」

そう思って見送ってしまうケースもあると思います。

NAMコインも本来はそのパターンだったはずですが、想定以上のイーサリアムの暴落により、なんと後になれば後になるほどお得に買える状況となってしまったわけです。

いの一番に買った私としては非常に微妙な気分にならざるを得ませんが、「イマ」NAMコインのことを知り、購入を迷っている方には、とても買いやすい状況であると言えます。

3月22日現在、1NAM=0.77円となっています(ETH価格により随時変動)。

私が300万円以上買った時には、1NAM=0.84円と表示されていたので、明らかな値下がりです。

先行購入組からすると悔しいところではありますが、NAMコインに魅力を感じた後発組も買いやすい状況ということで、NAMコインプロジェクト応援という意味では良いと思います。

さらに値下がりするようなら、もう少し追加購入も考えたいと思います。

第2セールのソフトキャップ

  • 5/20-6/4 1NAM=0.00002836ETH
  • 6/5-6/15 1NAM=0.00003241548ETH
  • 6/16-26 1NAM=0.00003647096ETH
  • 6/27-7/7 1NAM=0.00004052644ETH
  • 7/8-7/18 1NAM=0.00004458192ETH
  • 7/19-7/29 1NAM=0.0000486374ETH
  • 7/30-8/9 1NAM=0.00005269288ETH
  • 8/10-8/20 1NAM=0.00005674836ETH

今回も前回と同様にソフトキャップ方式が採用されています。

しかしこれも前回同様、ETH建ての計算になります。

そのため、期間が後ろになればなるほど値上がりするものの、ETHが下がれば下がるほど値下がりすることとなりますので、買うタイミングはどこがベストかわかりません。

色んな読みと計画を合わせてご検討下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。私自身は本当にこのプロジェクトに期待しています。やはり「全てを達成すること」は難しいと思っていますが、病院の待ち時間削減への期待は相当持っています。

もちろん、口だけでなく行動もしました。

330万円の出資をし、ボーナストークンも10%もらいました。

NAMコインが掲げる目標である100倍までは求めませんので、実生活が便利になるようなプロジェクトの成功と、それに見合ったトークン価値の上昇を願って応援したいと思います。

※ICO参加にはリスクを伴います。よく考えた上で自己責任のもと参加するようにして下さい。リスクについてあまりわからないという方は必ず先にこちらをお読み下さい。

仮想通貨やICOのリスク・気を付けるべきこと|初心者の陥りやすい罠

年末年始には良い方面で仮想通貨(暗号通貨)が大きくクローズアップされました。しかしここにきてコインチェック事件やインドの規制などネガティブニュースが止まりません。 「投資とは何か」「投資とはどういうも ...

NAMコイン(ナムコイン)登録はコチラ

また、ナムコインは徐々に値段が上がるソフトキャップ方式を採用しているため、早期にトークンを買った人が転売をしているようで、転売屋がかなり溢れています。

中には詐欺も混ざっていると思うので、公式以外からの購入を考えている方は、そういうリスクもきちんと考えた上でするようにしましょう。多少高くても公式の方が安全なことは確かです。

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-ICO情報

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2018 All Rights Reserved.