株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

リスク管理

安全を追うことのリスク

更新日:

今回はお約束通り、株、デイトレードにおけるリスクの考え方を別角度から見ていきます。リスクを避け、安全を追う行動が実はリスクを高めているというお話の続きになりますね。納得できなかった方のため。

また、私自身が説明を加えたいために書く続編になります。

まずは前回の記事をお読みいただくと、よりわかりやすくなると思います。

リスキーに見える場面ほどリスクはない|本物のデイトレリスクを知る

今回はリスクに関してです。株のデイトレードをする上で、リスクがあるなぁ、と思うのはどんな場面でしょうか?そう聞かれると、十人十色、色々な場面が想像できたと思います。 今日はそのリスクに対する固定観念を ...

続きを見る

この記事は、いくつかの行動に対し「否定的」な書き方をすることになります。不快に思わせてしまう面があるもしれません。ご了承ください。また、そう思わせてしまった場合は大変申し訳ありません。

私自身ができなかった頃の経験をもとに、その過去の自分の行動を否定する意味合いが強いものです。

スポンサーリンク

安全を追う行動を考える

まずは箇条書きにしてみましょう。2つの大きな違いにご注目下さい。

ノーポジでの安全を追う行動

  1. 落ちるナイフは掴まない(急落に触らない)
  2. 下げ止まりを確認してから買う
  3. 上にいきそうだけど迷ったから(怖いから)様子見

ポジションありでの安全を追う行動

  1. とりあえずノーポジ(指数が悪化したので逃げておく)
  2. 上がってるうちに売る
  3. 下にいきそうだからいったん売る

いかがでしょうか。ここまで書いた時点で、私はこの記事が過去トップ5に入るような名記事になる手応えをすでに感じています。是非最後までお付き合い下さいね。

自分の行動を想像して下さい

上記では、「ノーポジ時」と「ポジション時」と分けました。

しかしどうでしょうか。それは、そっくりそのまま・・・

あなたがしていること

あなたがしようと思うけどできないこと

こう分類することは出来ませんか?反論したい部分もあるかとは思います。また、この記事は先頭でご説明したように、このような書き方をすると思いますので、不快に思わせてしまう部分がありましたら申し訳ありません。

話を戻しましょう。いかがでしたか?ご自分の行動と照らし合わせていただけましたか?

では説明させていただきます。1.2.3の番号を、ノーポジ時、ポジション時で対比させて考えます。

本当に安全を追えている?

ノーポジ時の1番、落ちるナイフを掴まないですが、確かにこれは安全面で良いと思います。全く問題なしです。特に指数が急落した際の落ちるナイフは非常に鋭利ですからね。

ではポジション時の1番はどうでしょうか。理論上、全く同じ場面のはずです。自分の持っている銘柄が落ちるナイフと化す可能性のある場面なのに、ロスカットを嫌ってホールドしませんか?

ホールドは、買いと同じです。安全を追うというのであれば、ノーポジ時とポジション時は同じ考え方でなければいけないはずですね。

完全に逆行動

次は2番を見てみましょう。ノーポジ時は、下げ止まりを確認してから買うということですね。

それ、どういう意味ですか?少々自分で自分に説明してみて下さい。例を挙げますので。

  1. 1200円から徐々に値を下げ、1150円で揉んでから1100円まで急落
  2. 1120円まですぐに戻し、1120~1130円で揉み合い

これ、どこでどう買えば、「下げ止まりを確認して買う」という行動になるのでしょうか?

私の想像では、1200円から下げてきて、1100円まで落ちたものの、1120円より上で均衡した。よって下げ止まりと見て購入。というものだと思うのですが、正解ですか?

だとすれば違うと思います。1120円まで戻して揉み合った後、どちらに行くかなんてわからないはずです。下げ過ぎな気がするから、という値ごろ感のみの買いになってしまうと思います。

ポジション時の2番を確認することで納得させてみせます。

なぜ、上がってるうちに売るのですか?「上げ止まったら絶対に急落する」からですか?違いますよね。止まってしまったらその先どうなるかわからないからですよね。

だから上がってるうちに売っておくことで、未知に対するリスクを消し、安全にリカクということです。

そして知っているはずです。上げ止まる時の動きを。いったん天井をつけて、ある程度値を落としてから揉み合い、その後どうなるかわからないという動きですね。

まさに先ほどの逆です。これを正解と位置付けるのであれば、ノーポジに取る正しい安全を追う行動は・・・

下がっているうちに買い

ということになるはずです。何をバカなことを!と思いましたか?1150円で揉み合ったあと、急落するのであれば、買い始めはどんなに高くても1130円くらいでしょう。

計画ナンピンという武器を使えば1110円か、それ以下でのナンピンが入り、平均単価は1110~1120円あたりで落ち着くはずですね。

なら1120~30円の揉み合いで投げれば全員リカクです。1120~30円で買おうとする人は、それ以下で買った人に逃げ場を提供する行為となります。

様子見リスク

最後は3番です。上にいきそうだけど、怖いから様子見。悪くはないようにも見えます。しかし、けっこう当たりますよね。あなたのその直感。実際上がることの方が多いですよね。

では上がった時、どうします?もう1回同じ思考になりますか?そしてまた上がったらどうしますか?もう限界きますよね。

「やっぱり買いでいいんだ!GO!」

天井買いの完成です。ジャンピングキャッチですね。

この3番も、ポジション時の行動から、ノーポジ時の正しい安全を追う行動を導き出しましょう。

ポジション時、下がると思ったらとにかくすぐ売り、が正しい行動ならば・・・

上がると思ったら即買い!

これが正しい行動のはずです。どこが安全を追っているんだって?

だってそうじゃないですか。強さを確認したいから様子見って、何を確認するんですか?

下がったら「やっぱり弱い」と言ってスルーしませんか?上がったら「やっぱり強い」と言って、先ほどよりも高い価格で買いませんか?

その場で即買いの場合、下がってもそこまでじゃないと思いませんか?

上がった後に買っての失敗は取り返しのつかないミスになった覚えがありませんか?

不思議なもの・・・本当に不思議なものなんです。私自身もこれを理解し、受け入れるまでものすごく時間がかかりましたし、実際に受け入れ切っているわけでもないと思います。

しかし、これは事実というかもう自然の摂理なんだと思っています。

リスクを避け、安全を追えば追うほど、最もリスクを取らされてしまうことになるのです。それがまさに、最初に書いたノーポジ時の安全を追う行動の2番、3番であり、間違った行動なのです。

ややこしい話になっていると思いますので、なんとか読み直して整理していただけたらと思います。

多くの銘柄を監視したり、より動く銘柄、より質の高い銘柄を監視することでも、こういうミスの回避率は上がっていきます。当てはまる面が多かった方は、トレード環境の見直しも視野に入れてみて下さい。

モニターを使ったり、無料情報など、出来ることを試してみて下さい。

必見!マルチモニターによる銘柄大量監視最大の利点とは

今回はマルチモニターによる銘柄大量監視最大の利点についてです。この記事は絶対にオススメです。私はこの使い方をするようになってから、明らかにドカンが減りました。 勝つためにも使えますが、何よりドカン回避 ...

続きを見る

無料情報サイトで勝てる銘柄探し|デイトレで勝つために

無料の株情報サイトは数多くあります。無料メルマガで銘柄を配信したりしているサイトが多いでしょうか。その多くは、有料情報サイトを運営しているところの無料会員用ですね。 この無料情報、実は使い方によっては ...

続きを見る

まとめ

いかがだったでしょうか。最後に正しい安全を追う行動を表にまとめておきましょう。

ノーポジでの安全を追う正しい行動

  1. 落ちるナイフは掴まない(急落に触らない)
  2. 下がっているうちに買う
  3. 上にいきそうだからとりあえず買う(怖ければロットを調整)

ポジションありでの安全を追う正しい行動

  1. とりあえずノーポジ(指数が悪化したので逃げておく)
  2. 上がってるうちに売る
  3. 下にいきそうだからいったん売る

これらは、逆張り投資法や、ズレ手法の考え方を読んでいただけると、より理解していただけると思います。お時間ありましたらお付き合い下さい。

逆張り投資法

今回は逆張り投資法について書いていこうと思います。人間の感情を突き詰めていくと、実はこの逆張り投資法を行っている人は多いのではないかと思います。 そしてこの逆張りには大きな罠が潜んでいますので、正しく ...

続きを見る

ズレ手法について|Rオリジナルのデイトレ株投資手法を伝授

今回はズレ投資法について書いていきます。この「ズレ手法」という手法は、2017年5月18日現在、どこを検索してみても扱っているページがないので、Rオリジナルの投資手法になります。 スポンサーリンク ズ ...

続きを見る

以上になります。少々長くなりましたが、やはりこの記事の出来には自分で満足出来ます。是非今後のトレードに生かしていただければ私も嬉しく思います。お付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC用

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-リスク管理

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2017 AllRights Reserved.