株のデイトレードで勝てない人のために手法やメンタル面から勝ち方を追及します。

デイトレで勝てない人のためのブログ

バブル相場

バブルが弾けた時に残ったお金が本当の利益

投稿日:

バブル・・・バブルですね。2018年日本市場は確実にバブルと言える状況、言わざるを得ない状況にあります。アメリカ市場の方が強いのは確かですが、日本市場も十分にバブルです。

バブルになると億万長者、いわゆる億り人となる人も多く出てきます。

億とまではいかずとも多くの人が利益を積み重ねていることでしょう。

余談ですが私は持ち越しなしのデイトレーダーであるため、バブルの恩恵は一切受けていません。代わりに暴落相場時でも淡々と利益を出しているトレーダーです。

今回はバブルで儲けたお金のその先のお話をしたいと思います。

まぁ、バブルで富を築けないデイトレーダーのやっかみと思って読んで下さってもけっこうです。けっこうです・・・が!これから書くことは全て過去にあった事実だということは覚えておいて下さい。

スポンサーリンク

バブル時に目にする光景

私がバブルらしいバブルを目の当たりにするのはこれで3回目です。

1回目はアベノミクススタート時で、当時デイトレからは離れていたのですが、弟があまりに簡単に株で儲かると言うので復帰し、バブル相場というのを体験しました。

ほんの半月ほどでバブルらしいバブルは終了してしまいましたが、良い経験をしました。

2回目は言わずもがな昨年の仮想通貨です。これも異常なまでのバブルでした。

そして今回が3回目となるわけですが、毎回共通したものを目にしています。

これが出てくると本当にバブルなんだなぁという光景ですね。

大量の掲示板イナゴやツイッターイナゴ

イナゴトレーダーという言い方をすると悪いイメージを持つ人もいるかと思いますが、決して悪い意味で使っているわけではありませんし、私の弟も立派なイナゴトレーダーとして生き残っています。

イナゴトレードで資金を投入出来ることも才能だと私は考えています。

その上で書くお話になります。ご了承下さい。

イナゴって何?という方は先にこちらをお読み下さい。

イナゴトレードとは
イナゴトレードとは

今回はイナゴトレードといわれるものについて書いていきます。イナゴトレードとは、バッタの種類であるイナゴが稲穂に群がるように、魅力的な株銘柄に群がる様子を表した言い方です。 こうして出来上がる急騰チャー ...

続きを見る

イナゴというのは、大部分が養分イナゴで形成されています。

ですから、数回買い煽りでカチ上げがあると、行って来いチャートがいくつか出来上がってしまい、それによって資金ショートとなり、退場していってしまう人が大半になります。

しかし、バブル時になると掲示板やツイッターで煽られた銘柄が青天井のようにどこまでも上がり続けます。そして体力を増強した養分イナゴたちは、次の煽りにも一斉に飛び付きます。

そうなると煽られた銘柄が次から次へとストップ高、3倍、4倍と成長していきます。

昨年の仮想通貨においても10倍オーバーが続出していました。

そうなると、必ず神のように崇められる人、殿様イナゴが現れるものです。

ツイッターイナゴで初動をキャッチ|殿様イナゴの動向を常に監視!

今回はツイッターイナゴで初動をキャッチしようというお話です。どの世界にもプロがいるものです。有名人のツイートを誰よりも速く察知して高速で買い付ける。そしてその直後に群がったイナゴに売り付ける。 株に必 ...

続きを見る

ハメコミ相場ではなく、本物の上昇を作り、参加者全員が笑顔になり、参加しなかった人が村八分のようになって疎外感を味わうイナゴ相場、これこそバブルの象徴だと言えるでしょう。

バブルはいつか終わるもの

自分がバブルの渦中にいると、永遠にそれが続くものだと思ってしまいがちです。

私も昨年の仮想通貨バブルに関しては勇気を出して参戦したため、少しはバブルを味わうことも出来ました。いくら上がっても「まだ上がる」と思ってしまいそうになりました。

幸い、2013年アベノミクスで財を築いた人たちの一部の末路を見てきた経験があったため、程よく見切りをつけて切り上げることは出来ましたが、そういう経験がないと厳しいとも思いました。

ここでタイトルの言葉を書きたいと思います。

「バブルで稼いだお金が利益ではない、バブルが弾けた時に残ったお金が本当の利益なんだ!」

これは私の言葉ではありません。2013年バブルで皆が浮かれていた時期にこの言葉をヤフーファイナンス掲示板で書いて下さっている人がいたのです。

村八分状態に近いので、当然、当時は「何言ってんだ」「僻みか」「買い!まだまだ上がる!」という反論で溢れ返ってしまっていました。

しかしその1年後、財を築いた多くの人が全てを失ったのです。

バブルでお金がキャパを超えたスピードで増えてくると、いつの間にか信用枠も目いっぱい使うようになり、さらにお金が増える速度が上がります。

そうして有頂天になり、少し下がっても押し目と考え買い増すようになり、そうしてさらに財を築き、バブル終焉時も同じように押し目と勘違いしてパンパンに買ってしまうのです。

どんなに多くの金額を稼いでも、信用枠を目いっぱい使ったトレードで大負けを1回でもすれば全てを失うのです。それだけは絶対に覚えておいて下さい。

100万円の資金で信用枠を目いっぱい使い、借金が残るようなことがあっても100万円程度の借金でしょう。しかし1億稼いだ人が同じ失敗をすれば1億の借金が残るのです。

お金を稼ぐことは悪いことではありません。

素直に羨ましいです。

ですが、失う時は増える時以上の速度であっさりなくなってしまいます。

どうか出口戦略も頭の中で練りながらバブル相場を楽しむようにして下さい。

まとめ

2013年のアベノミクスでも、昨年の仮想通貨でも、億り人が出たのと同じくらい破産者も、そして借金を背負った人も出たことでしょう。

思い出して下さい。仮想通貨界隈の人が簡単に稼いで浮かれた発言をしているような時、株式投資トレーダーやFXトレーダーは投資をナメるなと言わんばかりに冷たい態度が多く見られました。

今は株式投資市場(掲示板やツイッター界隈)がそれに近い状態となっているのです。もちろん規模は小さいですけどね。

バブルが弾けたとしても手元に確実に残るお金、儲けたうちの半分は出金するなどして、計画的な投資をするようにして下さい。

全てはあなたの明るい未来のために。

ファミリープランナーであるために|自由業・デイトレーダーの魅力

私事ではありますが、先日2人目の子どもが生まれました。これにより、私自身どのような思い・・・想いでデイトレーダーになったのかを改めて思い出し、色々と考える機会が持てました。 思えば最初にデイトレーダー ...

続きを見る

参考になりましたらランキングバナーのクリックにご協力お願いしますm(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
リンクやSNSシェア、はてブなども是非お願いします♪

-バブル相場

Copyright© デイトレで勝てない人のためのブログ , 2018 All Rights Reserved.